HotForex (ホットフォレックス)における最狭スプレッド口座「ZERO口座」のレバレッジ拡大・取引手数料引下げで、スキャルパーにはさらに便利になりました。

他にもマイクロ口座、AUTO口座、プレミアム口座でもレバレッジの引上げ、最小入金額の引下げなど、取引条件の変更を行っています。

各口座タイプで取引条件がアップデート

HotForex (ホットフォレックス)が、口座タイプごとに取引条件・取引環境の見直しを行いました。

  • マイクロ口座: 最大取引サイズを 1口座当たり 7 lotsに引上げ
  • プレミアム口座: 最大レバレッジを 500倍に引き上げ など
  • ZERO口座: 取引手数料を 6ドル/ロットに引下げ など
  • AUTO口座: 最大レバレッジを 500倍に引き上げ など

各口座種類ごとの最新の取引条件・取引環境は、下記のHotForex会社概要でご確認下さい。

HotForex 詳細はコチラ

マイクロ口座における変更点

マイクロロットの取引という小さな額でFX投資ができる長所を持つ「マイクロ口座」の取引条件は、以下のように変更となりました。

  • マイクロ口座の取引サイズ (取引量)が、1口座につき最大 5 lotsから、最大 7 lotsに拡大

プレミアム口座における変更点

1つの注文で可能な最大取引サイズが最小 0.01 lotsから最大 60 lotsまで設定可能というメリットをもつ「プレミアム口座」の取引条件は、以下のように変更となりました。

  • プレミアム口座のレバレッジ倍率 (必要証拠金率)が、最大 400倍から、最大 500倍に拡大
  • プレミアム口座の入金額が、最低 500ドルから、最低 100ドルに引下げ など

ZERO口座における変更点

最低スプレッド 0 pipを実現し、スキャルピングにおすすめの「ZERO口座 (ゼロ口座 または ゼロスプレッド口座)」の取引条件が、以下のように変更となりました。

  • ZERO口座のレバレッジ倍率 (必要証拠金率)が、最大 200倍から、最大 500倍に拡大
  • ZERO口座の入金額が、最低 100ドルから、最低 200ドルに引上げ など
  • ZERO口座の往復取引手数料 (コミッション)が、8ドル/lotから、6ドル/lotに引下げ *
* FXのメジャー通貨ペアにおける取引手数料の数値です。

通貨単位・銘柄で異なる取引手数料

下記は、各通貨単位での1ロット当たりの往復取引手数料です (片道の場合は、半額の金額となります)。

通貨単位 変更前の取引手数料

  • メジャー通貨ペア
  • マイナー通貨ペア
変更後の取引手数料

  • メジャー通貨ペア
  • マイナー通貨ペア
USD
(米ドル)
  • 8ドル/lot
  • 12ドル/lot
  • 6ドル/lot
  • 8ドル/lot
EUR
(ユーロ)
  • 6ユーロ/lot
  • 8ユーロ/lot
  • 5ユーロ/lot
  • 7ユーロ/lot
NGN
(ナイジェリアナイラ)
  • 2,500ナイラ/lot
  • 3,700 ナイラ/lot
  • 2,200ナイラ/lot
  • 2,900ナイラ/lot

ゼロスプレッドのZERO口座は、他のHotForexの海外FX口座と比較すると最も低い・最も小さいスプレッドを提供している取引口座てす。

AUTO口座における変更点

取引ソフトのMT4 (MetaTrader4 または メタトレーダー4)独自のMQL4コミュニティーにある無料・有料のトレーディングシグナルを購読して、自動取引が出来る特徴をもつ「Auto口座 (自動口座 または オート口座)」の取引条件は、以下のように変更となりました。

  • AUTO口座のレバレッジ倍率 (必要証拠金率)が、最大 400倍から、最大 500倍に拡大
  • AUTO口座の入金額が、最低 500ドルから、最低 200ドルに引下げ など

HotForex 公式サイト