仮想通貨FXやビットコインFXとは、どの様な取引がご存知ですか?

ビットコインやイーサリアムなど、全4種の仮想通貨が取引できるAnzo Capital (アンゾーキャピタル)を実例に、実際に仮想通貨を購入・保有しないで、FXのように価格が下がっても利益を得られる「空売り」や、投資資金以上の損失を被らない「ゼロカット」という海外FX会社だから提供できる仮想通貨FXの魅力を徹底解説します。

仮想通貨もFX取引できます。

仮想通貨 (暗号通貨)は、デジタル通貨や電子マネーのようなサービス利用以外に、金融資産、金融商品として、投資の対象として大きな注目を集めています。

特に、実際に仮想通貨を購入・保有した人には、一時的な価格の高騰などにより、多くの利益を得たことで億の財産を獲得し、「億り人」と呼ばれたりしています。

2018年後半から、仮想通貨市場は、仮想通貨元年と言われた2017年ほどの話題や、一時の仮想通貨バブル期のような急激な価格高騰は、以前と比較すると少なくなりました。

それでも、2019年も、金融関連大手のJPモルガンが「JPM Coin (JPMコイン)」発行するなど、様々な面からの仮想通貨技術への取り組みが行われています。

そんな、仮想通貨ですが、仮想通貨を利用した利益獲得には、単純なコインの購入・保有だけでなく、Coinhive設置裁判でも有名になった「マイニング (Mining)」など、様々な方法があります。

その方法の一つとして、海外FX会社や仮想通貨取引所なら、FX (外国為替証拠金取引)のように、レバレッジを利かせて、仮想通貨の最新為替レートにおける値上がり・値下がりで利益を得ることが出来る証拠金取引「仮想通貨FX」があります。

海外FX会社一覧

仮想通貨FXはコイン現物を保有しません。

海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)や、仮想通貨取引所 (Crypto Currency Exchange)などで出来る仮想通貨銘柄のFXは、仮想通貨FXやビットコインFXと呼ばれます。

仮想通貨FXとは (ビットコインFXとは/レバレッジ取引とは)、仮想通貨CFD取引であり、レバレッジを利かせることで、より少ない投資資金で、FXのように価格が上下するレートを利用して利益をあげるトレードです。

そのため、BTC/USD (ビットコイン銘柄)などの売買注文をしますが、正確には、コイン現物を電子ウォレット内に、購入・保有することはありません

実際に、電子ウォレットなどで仮想通貨を購入・保有・売却という現物取引ができるサービスは、仮想通貨販売所と表現されます。

仮想通貨取引所一覧

以降、本記事では、仮想通貨FXについて、2019年2月に、仮想通貨取引に関するページをリニューアルしたAnzo Capital (アンゾーキャピタル)を例に、具体的に解説していきます。

仮想通貨FXのメリットとは?

仮想通貨FXと、仮想通貨の現物購入では、次の3点で大きく異なります。

1. ボーナス
海外FX会社には、無料で取引を始められる未入金ボーナスなど、魅力的なキャンペーンが沢山あります。
2. ゼロカット
多くの海外FX会社で、トレーダーが入金額以上の損失を被らないために損失補填をする機能が備わっています。
3. 空売り
価格が下落するトレンドにある場合は、売り注文という方法で取引を始めることで、値下がりから利益が得られます。

仮想通貨を実際に購入をする方法では、価格が上がった場合は、売却することで、利益を得ることが出来ます。

ただし、価格が下がった場合、借金を抱えることはなくとも、資産価値の下落により購入時より、損をします。

上昇と下落の、2分の1の確率で、投資の成功と失敗が定まる仮想通貨の現物購入に対して、仮想通貨FXなら、下落しても利益を獲得できる方法があります。

1. ボーナス次第では、初期投資が 0円です。

仮想通貨FXを始めるには、まず最初に、海外FX会社/仮想通貨取引所で取引口座の開設が必要です。

取引口座の開設・登録時に、個人情報の入力や、必要書類の提出などが求められますが、基本的に、無料で、費用は掛かりません。

そして、この無料の口座開設だけで、一部の海外FX会社には、口座開設ボーナスや未入金ボーナスと呼ばれる「ボーナス」資金が受け取れる会社があります。

つまり、自己資金ゼロで、入金不要で、取引が始められる特別な口座開設キャンペーン (プロモーション)です。

これは、海外FX会社が、取引時に発生する取引手数料 (コミッション)やスプレッドから売上を上げており、より多くの取引をしてもらうことが各社の売上拡大につながるためです。

反対に、仮想通貨 ビットコイン (Bitcoin)を購入する場合、たとえ 0.0001 BTCから購入できても、必ずその時の相場に応じた資金の用意が必要です。

これから売り出し始める仮想通貨においては、「無料配布 (エアードロップ)」などで、タダで受け取ることも出来ますが、多くの場合は購入のための資金が必要となります。

口座開設ボーナス一覧

レバレッジで更にお得に?

投資資金、必要な資金を比較する際のポイントとしては、「レバレッジ」も無視できません。

仮想通貨FXでは、各会社・各口座で設定された (設定可能な)レバレッジと呼ばれる倍率で、投資を始めるための初期投資が少なくなります。

取引カテゴリ 現物取引
(コイン購入・保有)
仮想通貨FX
(仮想通貨CFD銘柄)
ビットコイン価格 100万円 100万円
購入/取引 0.001 BTC
(購入)
0.001 lots
(取引量)
レバレッジ
(なし)
10倍
(1/10, 10%)
必要な資金 1,000円
(100万円 × 0.001 BTC)
100円 *
(100万円 × 0.001 lots × 10%)

1 lot = 1コインなどのロット条件、設定可能なレバレッジなど、各社で条件は大きく異なります。

それでも、仮想通貨FXの場合は、「取引のサイズ」に加えて、「レバレッジ」による2段階の資金圧縮が出来ることになります。

実際に、仮想通貨FXが出来る海外FX会社の一例として、Anzo Capitalを上げます。

Anzo-Capital-FX-Bitcoin-Crypto-Currency-Trading-CFD-Margin-Ethereum-Litecoin-Rupple-Leverage

Anzo Caitalでは、ビットコインを含む4つの仮想通貨銘柄が、次のレバレッジで取引可能です。

仮想通貨銘柄 取引銘柄
(取扱商品)
レバレッジ
(必要証拠金率)
ビットコイン
(Bitcoin)
BTCUSD
(米ドル建て)
10倍
(10%)
イーサリアム
(Ethereum)
ETHUSD
(米ドル建て)
10倍
(10%)
リップル
(Ripple)
XRPUSD
(米ドル建て)
10倍
(10%)
ライトコイン
(Litecoin)
LTCUSD
(米ドル建て)
10倍
(10%)
* 仮想通貨FXを含むFX、CFD取引において、取引のために入金した資金は、「取引証拠金」と呼ばれます。また、レバレッジや取引サイズで決まる最低限必要な証拠金は、「必要証拠金」と言われます。仮想通貨FXの場合、ロット数 × 取引単位 × オープン価格 ÷ レバレッジ倍率 = 必要証拠金で、通常は求められます。

Anzo Capital 口座開設はコチラ

2. 損失補填で、ローリスクハイリターン

Anzo-Capital-FX-Bitcoin-Crypto-Currency-Trading-CFD-Margin-Ethereum-Litecoin-Rupple-Leverage-ZeroCut-NBP-Minus-Balance-Protection

仮想通貨FXを含むFXでは、レバレッジを利かせることで、手元のお金以上の取引が出来ます。

言い換えれば、レバレッジを利かせることで、手元のお金以上の規模の利益や、損失が発生します。

特に、海外FX会社では、25倍を超えて、3,000倍や 888倍、500倍など高いレバレッジ「ハイレバレッジ」の設定が出来ます。

そのため、海外FXなら、ハイレバで、よりハイリスクハイリターンの取引ができると口コミ・評判となっています。

ただし、海外FXには、ハイレバによる、ハイリスクを防ぐ機能があります。

それが、「ゼロカットシステム」や「マイナス残高防止機能」、「NBP (ネガティブバランスプロテクション)」、「追証なし」と呼ばれる損失補填です。

ゼロカットシステムとは、借金帳消しの機能です。

仮想通貨FXで、損失が発生し、取引口座がマイナス残高表示になることがあります。

マイナス残高となった場合、取引により借金を背負った状態ですので、通常は、追証と呼ばれる追加証拠金の入金が必要となります。

損失補てんをするゼロカットなどのシステムがある場合は、追証の支払いが必要ありません

仮想通貨の現物購入においては、コインの価値が 0円になる最悪の事態でも借金を抱えることはありません。

レバレッジを利かせることで、より少ない資金で、同等額の取引を行える仮想通貨FXでも同じ条件となります。

海外FXのハイレバレッジを設定した取引でも、入金額以上の損失を被ることがありません。

海外FXのゼロカットとは?

3. 下降トレンドでも「空売り」で利益獲得

FX取引の魅力としてよく説明されるポイントに、売りから入る「空売り」があります。

空売りは、仮想通貨FXでも、もちろん出来ます。

仮想通貨購入の場合は、価格が上がらないと損

仮想通貨の購入をする場合、購入をする投資家が、最初に資金を用意して、購入します。

そして、価格が上がったところで、売却することで、購入時とのギャップ分の儲けを獲得することが出来ます。

反対に、価格が下がった場合、コイン価値が下がるため、資金を失う損失しか発生しません。

現物購入では、これから値上がりする仮想通貨を見極めて、高値を付けたところで売却する、という見極めが求められてきます。

仮想通貨FXなら下降トレンドでも空売りで儲け

実際に仮想通貨を購入しない、レートの上がり下がりに証拠金をベット (Bet)して取引する仮想通貨FXの場合はどうでしょうか。

仮想通貨FXなら2つの注文方法から選ぶことができ、下降トレンドでも利益を獲得することが出来ます。

いつ注文する? 利益獲得の流れ
買い注文 上昇トレンド
(値上がりする)
買い > 値上がり > 売り > 差額分の利益
売り注文
(空売り)
下降トレンド
(値下がりする)
売り > 値下がり > 買戻し > 差額分の利益

つまり、これから値上がりが期待される場合は、「買い注文」を行います。

そして、値上がりしたら、流れが反転する前に、決済注文として、売り注文を出して、取引を終えます。

値上がりの分だけ、利益として受け取ることが出来ます。

この買い注文の流れは、通常の現物取引と同じ感覚です。

反対に、これから値下がりが期待される場合は、「売り注文」を行います。

そして、値下がりしたら、決済注文の買い注文を行い、値下がり分だけの利益を得ます。

空売りは、買って手にしたものを売るの反対で、売って価値が上がったら買い戻すという感覚です。

手にしていないものを (空の状態であるにもかかわらず)、売るという注文から始めるため、空売りと表現されます。

上記、3つの仮想通貨FXのメリットを理解したら、実際に取引を行ってみませんか?

Anzo Capitalなら、日本語サポートあり、練習用のデモ口座もあり、ですので、仮想通貨FX初めての初心者も安心して取り組める環境がそろってます。

Anzo Capital 公式サイト