FXトレードなどの金融商品の証拠金取引では、レバレッジという、少ない投資資金 (元本)で、その何倍もの額の商品売買取引が出来る仕組みがあります。

つまり、投資資金以上の金額を取り扱うことで、利益獲得時は大きな利益となりますが、場合によっては、投資資金以上の損失を被り、取引口座残高がマイナス表示となることがあります (例: 残高 -100,000円)。

口座内残高が、マイナス表示の場合、トレーダーは、取引により入金額以上の損失を出している状態で、損失を補うために、追証 (おいしょう/追加証拠金の略)と呼ばれる追加資金の投入が求められます。

この場合の追証とは、あくまで損失補填のための資金の入金であり、取引のための証拠金追加とは、目的が異なります。

言わば、FXトレードの結果により、FX会社に対して、借金を背負ってることであり、借金返済 = 追証と理解できます。

ただし、海外FX会社のXM (エックスエム/XMTrading)では、トレーダーが、入金額以上の損失を被り、借金の支払いに追われることはありません。

その理由が、「マイナス残高リセット」です。

ここでは、マイナス残高リセットが、どのような機能なのか、なぜそのようなことが可能なのか、他社ではどうなのか、分かりやすく説明します。

XM-Trading-Zero-Cut-Minus-Balance-Reset

XMでの最大損失は入金額まで

XM (エックスエム/XMTrading)にあるマイナス残高リセットとは、トレーダーの資産を保護する機能です。

XMのオフィシャルホームページでは、次のように記載があります。


XMTradingでは、お客様のご資金を最優先します。

一方、全てのお客様を対象にマイナス残高リセットが適用されますので、口座残高以上の損失は発生致しません


口座残高とは、XMからのボーナスを除いた、純粋に、トレーダーが入金したお金のことです。

つまり、トレーダーが入金額以上の損失を被ることがないということであり、XMのFX取引で失う資金は、最大で入金額まです、と宣言している文章になります。

XMのゼロカット適用タイミングは?

XM-Trading-Zero-Cut-Minus-Balance-Reset-FAQ

XM公式FAQの記載も確認

マイナス残高リセットについては、XMホームページの「よくある質問 (カテゴリー別よくあるご質問)」というページにも、次の質問と回答があります。


入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

いいえ、お客様が入金された金額以上を失うことはありません

特定の通貨ペアでスリッページが発生し口座残高がマイナスになりました場合には、新たにご入金頂き次第、マイナスが自動的に解消されます


XM (XM Trading) 公式サイト

マイナス残高リセットが出来る理由

通常のレバレッジの利いた金融取引 (デリバティブ取引)では、入金額以上の損失を被り、レバレッジの大きさと誤った取引では、その損害は、元本の何倍にもなります。

特に、XMでは、888倍という 25倍以上のハイレバレッジを提供してることで、より少ない資金で、より大きなリスクを抱えるように見えます。

ハイリスクハイリターンとなるハイレバレッジですが、XMでは、マイナス残高リセットにより、ローリスクハイリターンとなっています。

では、なぜ、XMは、マイナス残高リセットというサービスが提供出来るのでしょうか?

これは、FX会社の儲かる仕組みから、解説することが出来ます。

スプレッドがXMの売上になる

XMは、NDD方式DMA方式と呼ばれるような仕組み (注文取引処理)で、FXのサービスを提供しています。

これは、XMで海外FX口座 (海外口座/取引口座)を開設したトレーダーは、XMのシステムを通して、直接的に証券会社や銀行などの為替取引サービス元と取引ができるという仕組みです。*

そのような取引の処理方法をするXMでは、買値と売値の差である「スプレッド」と「取引手数料 (コミッション)」が売り上げとなります。

スプレッドと取引手数料が利益になるということは、トレーダーがより多くの取引を行うことが、XMの売り上げ向上になるということです。

* 証券会社や銀口などは、LP (Liquidity Provider/リクイディティ―プロバイダー)と呼ばれます。

損失をカバーしてでもより多くの取引を

話は戻りますが、マイナス残高リセットにより、トレーダー側が損失を負担することはなくても、損失は発生しています。

マイナス残高リセットは、トレーダーの損失を、XM側が負担しているという仕組みです。

つまり、マイナス残高リセットでトレーダーの損失をXMが負担してでも、それ以上に多くのトレーダーが取引をすることで、スプレッドおよび取引手数料から売上を上げられるスキームが成り立っていると考えられます。

XM (XM Trading) 口座開設はコチラ

国内FXでは、認められていない損失補填

XMの売上の仕組みから、マイナス残高リセットが実行できている理由を解説しましたが、損失補てんの認められていない国内FXとの違いは何なのでしょうか?

国内FX会社 (国内FX業者/国内FXブローカー)は、トレーダーに損失が発生すると、FX会社が儲かる仕組みだからです。

そのため、損失が発生した場合にトレーダーの損失を負担するメリットが一切ありません (金融取引における損失補填は、法律でも禁止されています)。

マイナス残高リセットは他社も

XMのマイナス残高リセットについて解説しましたが、他の海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)でも、呼び方は異なりますが、同様の仕組みがあります

  • ゼロカットシステム採用
  • 追証なし (追証が発生しない)
  • NBP (Negative Balance Protection
    (ネガティブバランスプロテクション)
  • ゼロリセット
  • マイナス残高保護
  • 損失補填 (損失補填)

みんなで海外FXにある海外FX会社一覧では、一目でわかるように「ゼロカット対応」のマークを付けていますので、ぜひ一度ご確認ください。

海外FX会社 人気ランキング

XM (XMTrading)
XM (XMTrading)
ゼロカット対応仮想通貨対応口座開設キャンペーン日本語対応無料VPS
FBS
FBS
ゼロカット対応仮想通貨対応口座開設キャンペーン日本語対応無料VPS
IronFX
IronFX
ゼロカット対応仮想通貨対応日本語対応

海外FX会社一覧