海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)は、FX取引で損失が出ても借金が発生しないゼロカットを採用しています。

ゼロカットとは、追証なしと表現される海外FXの特徴の一つです。

例えば、国内FX業者ならマイナス残高になった際の損失補填のための支払いを命じるケースでも、XMTradingなどのゼロカット対応の海外FX業者では求めません。ゼロカットによって、海外FX業者が損失補填をしてくれるため、トレーダーが入金額以上の損失を被ることはありません。

ここでは、XMTradingでのゼロカットの仕組みから、ヨーロッパなどの世界基準では当たり前のゼロカットがそもそもなぜ実現できるのか?日本の国内FX業者ではゼロカットがなぜ違法な扱いとなっているのか?の根拠と理由まで、ゼロカットの全てを解説します。

  1. 海外FX業者 XMTrading(XM)では借金が発生しない
    1. XMTradingが追証なしのゼロカット対応の海外FX業者だから
  2. ゼロカットとは?追証なしのゼロカットの仕組み
    1. マイナス残高になっても、XMTradingが損失補填してくれる
    2. XMTradingはスイスフランショックの時もゼロカットを実施
  3. XMTrading(XM)でゼロカットされないケース
    1. XMTradingは、残高0円でもボーナスがあればトレードできる
  4. なぜ、XMTradingはゼロカットができるのか?
    1. 実は、ゼロカットは外国では当たり前のトレーダー保護機能
  5. なぜ日本の国内FX業者ではゼロカットされないのか?
    1. 海外FXとのビジネスモデルの違いでゼロカットできない
    2. そもそも日本では、ゼロカット(損失補填)は違法なこと
  6. ゼロカットで、ハイレバでもローリスクハイリターン
    1. 海外FX業者のほとんどが追証なしのゼロカット対応です
    2. 特にXMTradngはゼロカットのトラブルがゼロの海外FX業者
    3. ゼロカット対応なら、国内FXより投資リスクが確実に低い
  7. さらにXMTradingは無料でもらえるボーナスもあり
    1. 無料でもらえる口座開設ボーナスなら、本当にリスクゼロ

海外FX業者 XMTrading(XM)では借金が発生しない

海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)は、「ゼロカット」と呼ばれる便利なサービスを提供しています。

ゼロカットとは、簡単にいえば借金帳消しのサービスです。

不正行為をしたトレーダーを除く全てのXMTradig(XM)のトレーダーは、ゼロカットによってFX取引で借金を背負うことはありません

XMTradingが追証なしのゼロカット対応の海外FX業者だから

海外FX業者 XMTrading(XM)でトレーダーに借金が発生しないのは、XMTradingがゼロカット対応の海外FX業者だからです。

XMTradingの公式サイトでは、ゼロカットの機能を「マイナス残高リセット」と表現して、下記の様に説明しています。

KaigaiFX-XMTrading-Zero-Cut-NBP

“XMTradingでは、お客様のご資金を最優先します。

一方、全てのお客様を対象にマイナス残高リセットが適用されますので、口座残高以上の損失は発生致しません。”
– XMTrading(XM)の公式サイト「XMTRADINGとは?- 公平、信頼、安全性」

つまり、もしXMTradingのトレーダーの取引口座がFX取引でマイナス残高になっても、数時間から数日経過すると、自動的に残高が0円にリセットされます。

XMTradingの取引口座の残高:-100,000円 → 時間が経つと → 0円

マイナス残高が解消されるということは、トレーダーはマイナス残高を補てんする為だけの追加証拠金の支払いの必要がないことになります。

XMTradingの公式サイト こちら

XMTrading(XM)で通常のFX取引をするのであれば、XMTradingがトレーダーの取引資金を守る仕組みとゼロカット(損失補填)のルール、トレーダーは借金を負うリスクがありません。しかし、絶対に借金にならないということはなく、例えば、トレーダーが自身の支払い能力を超えた金額分のカード入金をした場合など、直接FX取引が関係していないトレーダー自身の行いや資金管理による借金のリスクがあることは、十分にご理解ください。

ゼロカットとは?追証なしのゼロカットの仕組み

じつは、ゼロカットという仕組みは、XMTrading(XM)だけでなく他の海外FX業者も採用しているトレーダー保護機能です。

海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)のほとんどがゼロカット対応です。

ゼロカットは、主に日本独特の表現です。英語では、Negative Balance Protection(ネガティブ・バランス・プロテクション)と呼ばれて、略してNBPと表現されます。Zero Cutや0 Cutと表現することは稀です。

マイナス残高になっても、XMTradingが損失補填してくれる

海外FX業者 XMTrading(XM)の公式サイトの「よくある質問」でも、ゼロカットおよび借金のリスクについて解説しています。

KaigaiFX-XMTrading-Zero-Cut-NBP-FAQ

入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

いいえ、お客様が入金された金額以上を失うことはありません。

特定の通貨ペアでスリッページが発生し口座残高がマイナスになりました場合には、新たにご入金頂き次第、マイナスが自動的に解消されます。”
– XMTrading(XM)の公式サイト「よくあるご質問」

XMTradingのよくあるご質問

以下に、海外FXの特徴の一つであるゼロカットを実際のトレードの例をつかってわかりやすく説明します。

  1. 取引口座へ1,000円を入金
  2. レバレッジ100倍で0.01 lotsのドル円を買い注文
    (1ドル100円としたら、このときの必要証拠金は1,000円)
  3. 為替相場の急変で、ロスカットが遅れて-1,000円の損失が発生
  4. 取引口座の残高は、+1,000円 → -1,000円
  5. 翌日、取引口座の残高が、0円にリセット

国内FX業者の場合、上記の例のように取引口座がマイナス残高 -1,000円になったら、トレーダーが損失を補てんするために1,000円を入金しなくてはいけません。

しかし、XMTrading(XM)などのゼロカット対応の海外FX業者では、海外FX業者がトレーダーの損失を補てんしてくれます。

マイナス残高の損失補填をする人
国内FX業者 トレーダー自身
ゼロカット対応の海外FX業者 海外FX業者
XMTrading(XM)がゼロカットするタイミングは、特に定められていません。マイナス残高になって、数日経過しても残高が0円に戻らない場合は、XMTradingの日本語サポート(会員ページ内のライブチャット または メール [email protected])へ連絡して下さい。

XMTradingはスイスフランショックの時もゼロカットを実施

みんなで海外FXでは、ゼロカットしないなどの海外FX業者 XMTrading(XM)のゼロカットに関するトラブルは聞いたことがありません。

FX取引でも多くのトレーダーが大損をして話題となった、2015年の「スイスフランショック」や2019年の「フラッシュクラッシュ」の時もXMTradngは、ゼロカットを実施しています。

実際に特に被害の大きかったスイスフランショックの時には、XMTradingはゼロカットをします、という内容のニュースおよびメールを配信しています。

KaigaiFX-XMTrading-Zero-Cut-NBP-Swiss-Flanc-Shock

重要なお知らせ – CHFに関する更新

スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃を決定したことによって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けていないことをお客様に保証致します。

XMTradingは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。

XMTradingは、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。

先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、マイナス残高は既にリセットされています。”
– XMTrading(XM)の公式サイト「企業ニュース – 2015年1月20日 午前12時48分」

XMTradingの企業ニュースを読む

XMTrading(XM)でゼロカットされないケース

XMTrading(XM)は、ゼロカットのトラブルがない海外FX業者ですが、以下のケースではゼロカットされませんのでご注意下さい。

XMTradingでゼロカットされない口座:残高が0円でも、有効証拠金が0円ではない口座

XMTradingのゼロカットは、「残高(入金額)」と「クレジット(ボーナス)」をあわせた「有効証拠金(残高 + ボーナス)」がマイナスの時にのみ実行されます。

XMTradingは、残高0円でもボーナスがあればトレードできる

海外FX業者 XMTrading(XM)では、ボーナス額がクレジットに残っている場合はゼロカットされません。

資産状況 ゼロカットの有無
パターン1
  • 残高:-1,000円
  • クレジット:0円(または 非表示)
  • 有効証拠金:-1,000円
ゼロカットされる
パターン2
  • 残高:-1,000円
  • クレジット:+2,000円
  • 有効証拠金:+1,000円
ゼロカットされない
取引口座の状況・ステータスは、取引プラットフォーム MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)およびMT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)ですぐに確認できます。「ターミナル」ウィンドウの「取引」タブに表示されている「残高」と「クレジット」を確認して下さい。

  • 残高:入金した資金の自己資金
  • クレジット計(またはクレジット):受け取ったボーナス額
  • 有効証拠金:残高 + クレジットの合計

FBSやHotForexなどの一部の海外FX業者では、残高が0円になると自動的にボーナス取り消しとなります。

しかし、XMTrading(XM)では、残高が0円になってもボーナスが残っていた場合、ボーナスは消えません。継続してトレードできます

残高が0円の取引口座はゼロカットを待つ前に、ボーナスが残っていないか?本当に有効証拠金がマイナスか?という2ポイントを確認してください。

XMTradingのボーナスが減る4の理由

なぜ、XMTradingはゼロカットができるのか?

次に、なぜ、XMTrading(XM)などの海外FX業者がゼロカットできるのか?解説します。

ゼロカットは、トレーダーのFX取引の結果によって引き起こされた結果であり、海外FX業者の責任ではありません。

そのため、日本の国内FX業者では、トレーダーが責任をもって損失分を支払うことが今では普通になっています。

しかし、海外FX業界ではトレーダーの損失を、海外FX業者がゼロカットとして損失補填する仕組みが当たり前です。

これには海外FX業者のビジネスモデルが関係しています。

海外FX業者の収益:取引コスト(スプレッドと取引手数料)

海外FX業者は「取引コスト」と呼ばれる「スプレッド」と「取引手数料」から、収益を得ています。

つまり、海外FX業者は、トレードされればされるほど儲かる仕組みです。

トレードで得られる利益 > トレーダーの損失補填の支払い

海外FX業者は、トレーダーの損失補填して、トレーダーにさらにもっとトレードをしてもらったほうが利益がでるということです。

追加証拠金の入金でゼロカットされる海外FX業者や、ゼロカット対応なのにゼロカットされずに、ゼロカットをお願いすると代わりに一定額の入金をするように依頼される海外FX業者がいるのは、上記の仕組みが関係しています。もし、海外FX業者がゼロカットでトレーダーの損失を支払っても、その後トレードされない状況では、上記のビジネスモデルは成立しません。
ただし、上記は海外FX業者の典型的な収益モデルの例です。実際には海外FX業者内でより複雑な処理を行っており、全ての海外FX業者、全てのトレード、全てのトレーダーが上記の収益モデルに当てはまるわけではありません。

海外FXのビジネスモデル 詳しく

実は、ゼロカットは外国では当たり前のトレーダー保護機能

また、実際のところ、海外FX業者によるゼロカットを法律で定められている国や地域もあります。

ヨーロッパでは2018年からFX・CFDブローカーは必ずゼロカットに対応するように法律で定めています。

下記が、ESMAの2018年6月1日に配信したニュースで、全ての個人トレーダーに対して、NBP(ゼロカット)を取引口座ごとに適用するように定めています

ESMA ADOPTS FINAL PRODUCT INTERVENTION MEASURES ON CFDS AND BINARY OPTIONS

CFDs – measures from 1 August 2018

  1. Negative balance protection on a per account basis. This will provide an overall guaranteed limit on retail client losses;

– The European Securities and Markets Authority (ESMA)

日本人に人気がある海外FX業者の多くは本社・本店をヨーロッパに構えているため、海外FX業者毎にさまざまな金融ライセンスを取得していますが、ヨーロッパ基準でゼロカットに対応している海外FX業者がほとんどです。

ESMAに関係するページ一覧

ゼロカットをする理由は、日本人への取り立てや裁判が難しいからではありません。日本人以外のトレーダーもゼロカットの対象です。

なぜ日本の国内FX業者ではゼロカットされないのか?

世界基準でゼロカットの導入が進んでいるのに、なぜ日本の国内FX業者ではゼロカットに対応していないのでしょうか?

日本の国内FX業者がゼロカット対応にいならない理由は2つあります。

  • 海外FX業者と違う国内FX業者のビジネスモデルでは、ゼロカットできない
  • 日本国内では、金融商品取引法でゼロカットは違法行為にあたる

海外FXとのビジネスモデルの違いでゼロカットできない

海外FX業者と日本の国内FX業者では、ビジネスモデルが違います。

海外FX業者と日本の国内FX業者のビジネスモデルによる違いを比較した一覧表は以下通りです。

海外FX業者 国内FX業者
ビジネスモデル NDD方式 DD方式(OTC方式)
主な収入源 スプレッドと取引手数料 トレーダーの損失
ゼロカット できる 禁止(違法)
スプレッド 国内FX業者より広い 国内FX業者より狭い
国内FX業者の主な収入源がトレーダーの損失で成り立つのは、FX取引をするトレーダーの8割が負けているからです。

日本の国内FX業者は、トレーダーの損失が主な収益となるビジネスモデルであるため、損失が発生した場合にトレーダーの損失を負担するメリットが一切ありません。

海外FXとは?国内FXとの違い

そもそも日本では、ゼロカット(損失補填)は違法なこと

また、日本では、金融商品取引法で、海外FX業者のゼロカットにあたる損失補填(損失補てん)は禁止されています。

“六 運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の損失の全部若しくは一部を補塡し、又は運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の利益に追加するため、当該権利者又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させること(事故による損失又は当該権利者と金融商品取引業者等との間で行われる有価証券の売買その他の取引に係る金銭の授受の用に供することを目的としてその受益権が取得され、若しくは保有されるものとして内閣府令で定める投資信託の元本に生じた損失の全部又は一部を補塡する場合を除く。)。”
– 金融商品取引法「第四十二条の二」

実際に、2019年に東郷証券の幹部らを顧客の損失補填の疑いで逮捕したニュースがありました。

ゼロカットで、ハイレバでもローリスクハイリターン

海外FX業者のゼロカットは、投資リスクを確実に抑えられるという点でメリットの大きいサービスです。

もし、XMTrading(XM)で最大レバレッジ888倍のトレードをしてハイリターンを狙う場合も、もしもの時のゼロカットがあるためローリスクで済みます

ゼロカット対応の海外FX業者 国内FX業者
最大レバレッジ 制限なし – ハイレバレッジ 25倍
スプレッド 国内FX業者より広い 国内FX業者より狭い
投資リスク 入金額まで 制限なし
ゼロカットで損失が入金額までに制限されても、トレーダーが入金した自己資金が失います。誤解しないようにして下さい。

海外FX業者のほとんどが追証なしのゼロカット対応です

先程も解説しましたが、XMTrading(XM)に限らず、海外FX業者のほとんどがゼロカット対応です。

みんなで海外FXでは、海外FX業者のゼロカット対応の有無を確認して、一覧表に記載しています。

ただし、みんなで海外FXがゼロカットを保証するものではありません。疑問のある方は、ぜひ各海外FX業者のサポートへ問い合わせください。

海外FX業者 最新ランキング

特にXMTradngはゼロカットのトラブルがゼロの海外FX業者

特に、全世界でナンバー1の人気を誇るXMTrading(XM)は、ゼロカットでトラブルをおこしたウワサやカキコミが一切ありません

今ではヨーロッパの海外FX業者に限らず、ゼロカットは世界の海外FX業者のスタンダードなシステムとして採用されています。

どの海外FX業者が対応している状況でも、口コミ・評判や実績にもとづいたゼロカットの安全性・安心感を求めるなら、XMTradingがおススメされます。

XMTrading(XM)の取引環境・条件

ただし、XMTradingで3つの禁止手法をしたトレーダーは例外

ただし、大人気の海外FX業者 XMTrading(XM)にも、禁止行為による利益没収・口座凍結となっている例はあります

XMTradingの禁止行為は、主に以下の3つがあげられます。

1.複数口座間での両建て
両建ては、単一口座内だけでOKです。複数の取引口座や複数人、他の海外FX業者をまたいだ両建ては禁止です。
2.ボーナスの乱用・不正受け取り
妻などの他人名義で複数口座を開設するなどして、ボーナスを不正受給する行為は規約違反です。
3.アビトラージ(サヤ取り、裁定取引)
同一価値の銘柄ばかりを効率よくトレードする行為は、アビトラージに値します。アビトラージも禁止です。

XMTradingが禁止行為・不正行為をしたと判断した場合、XMTradingの裁量で利益没収・口座凍結などの対応が決まります。

つまり、ゼロカットされないでマイナス残高の損失補填を命じられる可能性もあります。

上記のトレードは、XMTradingに限らず、ほとんどの海外FX業者で規制・制限されていますのでご注意下さい。

出金拒否にあったとされるクレームは、禁止行為によるものです。疑わしい行為はしないようにしましょう。海外FX業者が一方的な出金拒否を行った場合、海外FX業者が取得する金融ライセンスの剥奪などの制裁をうけます。海外FX業者は、必ず金融ライセンスを取得して責任を持った海外FX業者をご利用ください。

XMTradingの具体的な5つの禁止行為

ゼロカット対応なら、国内FXより投資リスクが確実に低い

25倍以上のハイレバレッジは危険すぎる、海外FXの税金は高いなど、海外FXと国内FXはたびたび比較されてメリット・デメリットが言われます。

しかし、投資リスクから考えると、確実にゼロカット対応の海外FX業者が優れています

  • ゼロカット対応の海外FX業者 → 最大損失は入金額まで
  • 国内FX業者 → 無制限に損失が発生する可能性あり

ハイレバの危険性、税金が高いという噂よりも投資リスクを考慮すべき

そもそも、ゼロカット対応海外FX業者の場合、ハイレバレッジは危険ですか?という疑問はナンセンスかもしれません。

例えば、最大レバレッジ 888倍を提供するXMTrading(XM)でも100倍など好きな倍率に設定できます

XMTrading(XM)はマイクロ口座という、取引量が少ない口座タイプも提供しています。マイクロ口座は、1 lot = 1,000通貨です。もし海外FXの1 lot = 10万通貨という基準になれないなら、マイクロ口座から始めてみてもいいかもしれません。参考:XMTrading(XM)のマクロ口座の特徴

また、税金の面では「国内FXと比べて海外FXの利益にかかる税金は、大幅に税率が高いから不利」と判断されます。

しかし、税金は大きな利益がでたトレーダーにとって大きな問題であって、プラスの時の利益による税金を心配する前に、まずはマイナスの時の借金を心配しましょう

ゼロカット対応の海外FX業者では、そもそも借金の心配がありませんので、利益の追求だけに集中できます。

それでも気になる海外FXに関する税金の話は、下記ページにまとめています。

最新版!海外FXの税金と確定申告

さらにXMTradingは無料でもらえるボーナスもあり

海外FX業者 XMTrading(XM)の強みは、ゼロカット対応だけではありません。

XMTradingは、無料で海外FX業者が始められる口座開設ボーナスなど、豊富なキャンペーンでも人気があります。

XM (XMTrading)で実施中の口座開設キャンペーンは、3つのボーナスで構成されています。

XMTradingのキャンペーン一覧

無料でもらえる口座開設ボーナスなら、本当にリスクゼロ

XMTradingではゼロカットによる損失制限で、最大損失が入金額まで、とここまでは説明してきました。

いまなら、XMTradingは入金も不要で、本当に完全リスクゼロで海外FXが始められる「口座開設ボーナス 3,000円を提供しています。

口座開設ボーナス 3,000円の受け取り方:XMTrading(XM)で口座開設するだけ

口座開設ボーナス 3,000円は、どなたでも一度まで受け取ることが出来ます。

もちろん、XMTradingはゼロカットですので、口座開設ボーナスで損失が出ても借金を背負う心配はありません

口座開設ボーナス 3,000円はこちら