MyFX Markets (マイFXマーケット)より、一部条件下での取引条件・取引環境の変更のお知らせです。

口座残高1,000万円以上の際のストップアウトレベル (ロスカットレベル)が、証拠金維持率20%から50%に引上げになりました。

口座残高1,000万円以上の方はご注意下さい。

MyFXMarkets (マイFXマーケット/マイFXマーケッツ)が、一部の条件に該当する海外FX口座の取引条件・取引環境を変更しました。

変更内容 ストップアウトレベルの引上げ
変更前の
ストップアウトレベル
証拠金維持率 20%
変更後の
ストップアウトレベル
証拠金維持率 50%
対象口座 残高1,000万円以上の取引口座

MyFX Marketsの海外FX口座 (海外口座)で、口座残高が1,000万円超となるトレーダーは、引き上げられるストップアウトレベルにご注意ください。

MyFX Markets ログインはコチラ

ストップアウトレベルとは、必要証拠金維持率のことです。

MyFX Marketsの変更されるストップアウトレベルとは、未決済注文時に求められる証拠金の割合のことで、必要証拠金維持率 (証拠金率)を意味します。

また、ロスカットレベルとは、ストップアウトレベルのことを指します。

残高とレバレッジと証拠金維持率の関係

ストップアウトレベルの引上げの具体的な影響例

ストップアウトレベルの引き上げ前までは、1,000万円が入ったMyFX Marketsの海外FX口座で、未決済注文 (オープンポジション)があるようなFX取引を行っている状態では、最低でも未決済注文に必要な証拠金の20%が口座残高として求められていました。

未決済注文の含み損があっても、証拠金率が20%以上ある場合は、MT4などの取引ソフトのシステムにより、強制決済 (自動決済)が行われることはありませんでした。

今回のストップアウトレベルの引き上げ後は、この含み損に耐えられる範囲が狭まります。

つまり、残高1,000万円を超える際の証拠金率が20%から50%に引きあがったことで、30%分の余裕がなくなったということです。

その反面、今回のストップアウトレベルの引き上げは、高額な資産を保有するトレーダーに対する保護機能が強化されたということでもあります。

* 口座残高が一度1,000万円を超えて、ロスカットレベルが引き上げられると、その後も、口座残高が1,000万円を下回っても継続して50%のままになります。ストップアウトレベルの引下げは日本語カスタマーサポート (日本語窓口)へ連絡が必要となりますので、ご注意ください。

MyFX Markets 公式サイト