仮想通貨取引所のCryptopia (クリプトピア)は、2人の精算人を任命したことをお知らせしています。

精算人の任命の理由と、Cryptopiaの一切のサービス停止を、オフィシャルサイトで公開しています。

まだ、現在のCryptopiaユーザーに対する、具体的な今後の対応まで言及しておりません。

数日中に、精算人より、Cryptopiaユーザーへご連絡がいく予定ですので、連絡をお待ちください。

Cryptopiaの一切の取引が停止しています。

仮想通貨取引所のCryptopia (クリプトピア)は、2人の精算人を任命と、取引サービスの停止をお知らせしています。

精算人による対応や、Cryptopiaユーザー (Cryptopiaのトレーダー)への具体的な対応については、数日中に改めてお知らせされる予定です。

Cryptopia公式HPで確認

Cryptopiaユーザーの保護を目的に、精算人を任命

Cryptopiaは、オフィシャルサイトに掲載した文面で、以下のことを言及しています。

  • 2019年5月14日に、2人の精算人を任命したこと。
    (監査法人のGrant Thornton (ニュージーランド)に所属するDavid Ruscoe氏とRussell Moore氏)
  • すべてのCryptopiaユーザーの利益を優先する為に、精算人を任命したこと。
  • 精算人による作業期間中は、取引が出来ないこと。
  • 精算人による作業期間は、数か月かかる見込みであること。
  • 数日以内に、Grant Thorntonから、直接Cryptopiaユーザーへ連絡がいくこと。
* Grant Thorntonとは、世界規模の会計関連サービスを提供する企業です。日本にも「太陽グラントソントン」など数社の関係法人があります。

数日以内に、Cryptopiaユーザーへは連絡がいく予定です。

数日以内に、Cryptoiaユーザーへは、今回の精算人であるGrant Thorntonから直接連絡がいく予定です。

Cryptopiaの掲載全文には、bankruptcy (破産)の文字はありません。

ただし、精算人の任命およびコスト削減の管理が不十分だった旨の内容から、会社の解散 (倒産)の意図が読み取れます。

また、本件に関しては、[email protected]の問い合わせ窓口も設定されています。

Cryptopia公式HPはこちら