anzocapital fx forex cfd trading broker deposit withdraw online ewallet sticpay

SticPayなら、手数料無料でAnzoCapitalに入金可能

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)へ、電子決済サービスのSticPayで入金・出金ができるようになりました。

SticPay(スティックペイ)は、XMやAxiory、Tradeview、FBSなどの他の海外FX業者でも入出金ができる便利なオンラインウォレットです。

また、AnzoCapitalのSticPay入金およびSticPay出金では、AnzoCapital側の入金手数料が0円になります。

AnzoCapitalのSticPay入金まとめ一覧

AnzoCapital-FX-Forex-CFD-Broker-Deposit-Withdraw-Online-ewallet-sticpay-fee-jpy-japanese-yen

入金方法 SticPay
(スティックぺイ)
入金手数料 0円 *
(無料)
最低入金額 日本円で、1万円
処理時間 リアルタイム反映
(即時)

AnzoCapitalのSticPay出金まとめ一覧

出金方法 SticPay
(スティックぺイ)
出金手数料 0円 *
(無料)
最低出金額 日本円で、3,000円
処理時間 営業時間に限り、
リアルタイム反映 **
(即時)
* オンラインウォレットのSticPayの利用には、別途SticPayでの口座開設と、SticPayへ送金(入金)が必要です。また、SticPayの送金(入出金)の際には、SticPayの送金手数料などが発生します
** AnzoCapitalのSticpPay出金は、原則、日本時間で平日の午前10時から午後7時30分までの営業時間外の場合、翌日の取扱いとなります。

AnzoCapitalには、国内銀行送金WebMoney(ウェブマネー)、bitwallet(旧mybitwallet)などの入出金方もありますので、お客様のニーズに合わせてお選びください。

AnzoCapitalの最新入出金方法を確認

先日、AnzoCapitalは、国内銀行送金も新しく追加

AnzoCapitalは、先日、国内銀行送金(国内送金)も入金方法に追加して、ますます便利な海外FX業者になっています。

最新のAnzoCapitalの入出金方法一覧(2019年7月)

入出金方法 最低入金額
(入金手数料 ***)
出金入金額
(出金手数料 ***)
国内銀行送金
(銀行送金)
1万円から
(数百円の振込手数料)
(出金できない)
SticPay
(スティックペイ)
1万円から
(送金額の1%他)
3,000円から
(送金額の1%他)
WebMoney
(ウェブマネー)
100ドルから
(送金手数料他)
20ドルから
(送金手数料他)
bitwallet
(ビットウォレット)
1万円から
(100円の送金手数料)
3,000円から
(100円の送金手数料)
海外送金
(外国送金)
100ドルから
(数千円のリフティングチャージ)
100ドルから
(数千円のリフティングチャージ)
*** AnzoCapitalは、入出金手数料無料です。ただし、各決済サービス側で、発生手数料があります。上記一覧は、各決済サービス側の手数料を含む、実質的な手数料を表示しています。

AnzoCapitalでは、経済指標トレードなどの制限・規制を受けることもないと口コミで評判です。

AnzoCapitalは、日本語対応で、最大レバレッジ500倍・追証なしのゼロカット対応なので、海外FXが初めての方にもおススメされる海外FX業者です。

AnzoCapital公式ホームページを確認