海外FXの確定申告(税金支払い)について、お困りですか?

いくらくらい税金がかかるの?確定申告では、どこに、どの金額を入力すればいいの?など、こちらで確認しましょう。

海外FX業者 IronFX(アイアンFX)の日本語公式ブログでも紹介する「海外FXの確定申告」についての内容に加えて、みんなで海外FXに寄せられる税金についてのよくあるご質問を、Q&A方式でまとめています。

IronFX-Forex-cfd-broker-official-blog-japanese-support-tax

IronFXが教える、正しい海外FXと確定申告・税金

イギリス発の大手海外FX業者 IronFX(アイアンFX)が、IronFX公式サポートブログをはじめました。

2019年7月からは、みんなで海外FXにもよく聞かれる「海外FXと確定申告・税金」に関する内容の掲載をスタートしています。

そこで、今回、IronFXのブログ内容とみんなで海外FXに寄せられた質問をまとめて、Q&A形式で掲載いたします

IronFX公式サポートブログでは、実際の確定申告のe-Taxの画面を使った分かりやすい解説もしていますので、ぜひご覧ください。

IronFX公式ホームページはこちら

海外FXの確定申告・税金の不安を一問一答形式でお答え

以下に、いくらの利益から税金がかかるのか?から、税金はいくらかかるのか?実際の確定申告では、どこに何を入力すればいいのか?まで、分かりやすくQ&Aで解説します。

ただし、最新の情報や、より正確な情報は、必ずお近くの税務署へお聞きするようにして下さい。

Q1:海外FXをしたら、必ず、確定申告をしなくてはいけないのですか?

いいえ。確定申告が必要なトレーダーは、一定額以上の利益を得た方だけです。

確定申告の義務があるか?ないか?は、トレーダーの方の収入形態獲得利益によります。*

確定申告が必要な収入の金額 **
海外FXが副収入(副業)になる方
例:サラリーマン(会社員)の方など
20万円より多い
(20万円 < 利益)
海外FXが主な収入の方
例:退職者や主婦、学生の方など
38万円より多い
(38万円 < 利益)
*「収入の合計が2,000万円以上の方」と「自営業の方」は、確定申告が必須です。
** 原則、サラリーマンの方の場合は、その他の副業による収入も合計しましょう。サラリーマンではない方も、他の収入を足し合わせてください。

Q2:海外FXの収入を確定申告すると、税金はいくらくらいですか?

海外FX以外の収入も関係しますが、最低で約15%から、最大で約55%になります

収入の合計 おおよその税率
(所得税〇%+住民税10%)
195万円以下 15%
195万円より多い
330万円以下
20%
(控除額:97,500円)
330万円より多い
695万円以下
30%
(控除額:427,500円)
695万円より多い
900万円以下
33%
(控除額:636,000円)
900万円より多い
1,800万円以下
43%
(控除額:1,536,000円)
1,800万円より多い
4,000万円以下
50%
(控除額:2,796,000円)
4,000万円より多い 55%
(控除額:4,796,000円)

たとえば、サラリーマンの方で、360万円の給料と、100万円の海外FXの利益があったとします。

その場合、おおよその税額は、(360万円 + 100万円)× 30% ー 427,500円 = 952,500円 です。

そして、実際に納税する金額は、上記の952,500円から、「会社の年末調整で支払っている税金」と「税額控除など」を差し引いた金額になります

Q3:海外FXの収入とは、いつから、いつまでに稼いだ金額ですか?

海外FXの収入とは、毎年、1月1日から12月31日までに稼いだ金額です。

例:2018年1月1日~12月31日の収入 → 2019年2月18日~3月15日に確定申告

*** 確定申告の時期は、毎年2月16日から、3月15日までです。開始日が土日の場合、次の月曜日まで開始日が少しズレます。

Q4:翌年1月1日まで持ち越した未決済注文の含み益は、収入ですか?

いいえ。12月31日から1月1日まで持ち越した未決済注文(オープンポジション)の含み益・含み損は、前年の海外FXの収入に含めません

一年間の海外FXで得た、具体的で、正しい利益の金額は、「年間取引報告書(Annual Profit and Loss Statement,Annual P/L Statement)」で確認して下さい

英語の場合は、年間取引報告書の「Closed Trade P/L」が、海外FXの利益になります。

**** 年間取引報告書は、海外FX業者のログインページ内や、MT4(MetaTrader4,メタトレーダー4)やMT5(MetaTrader5,メタトレーダー5)などの取引プラットフォームから、無料でダウンロードできます。

Q5:海外FXの収入を計算する際、PCや雑誌などを経費にできますか?

はい。海外FXの為だけに100%利用したモノやサービスは、経費に認められます。

海外FXの収入の計算式:海外FXの利益 ー 海外FXの経費 = 海外FXの収入

たとえば、入出金手数料やVPSサーバー代、セミナー参加費用などは、経費として落とせます。

ただし、大半が日常の連絡やインターネット利用のために使用しているパソコンやスマホは、必要経費として認められない可能性が高いです

***** 海外FXのトレードで発生する取引手数料やスプレッドは、すでに海外FXの利益の計算に含まれています。そのため、再度経費として計上することはできません。

Q6:海外FXの確定申告には、どんな書類が必要ですか?

確定申告を税務署などで行う場合、事前に、次の4種類の書類をご準備ください

・源泉徴収表
海外FX以外の収入が分かる書類です。お勤め先から、年末年始に送られてきます。
・各種控除証明書
医療費の明細や生命保険の請求書など、控除対象のサービスの支払い書です。
・経費の領収書
海外FXの為に購入した物の代金や、受けたサービスの費用の領収書です。
・年間取引報告書
海外FX業者や取引プラットフォームから、無料でダウンロードできる書類です。

国税電子申告・納税システムの「e-Tax(イータックス)」を利用される方は、源泉徴収表を準備する必要はありません。

Q7:海外FXの確定申告の方法は、どこで確認できますか?

分からないことは、確定申告の会場にいらっしゃるスタッフの方に聞くようにしましょう。

確定申告の簡単な手順・方法と注意点のまとめは、以下のとおりです。

  1. 所得の種類(区分,カテゴリ)を選びます。
    • 給与・年金以外の「左記以外の所得のある方」を選びます
  2. 一年間の収入について、入力します。
    • 海外FXの収入は、「雑所得」の「その他」を選びます
  3. 海外FXの収入について、入力します。
    • 「種目」には、証拠金取引、または為替取引と入力します。
    • 「名称」には、海外FX業者名を入力します。
    • 「場所」には、海外FX業者の公式HPにある本社住所を入力します。
    • 「収入金額」には、1年間の海外FXの収入を入力します。
    • 「必要経費」には、1年間の海外FXの経費を入力します。
  4. 各種控除について、入力します。
    • ただし、既に勤務先の会社側の年末調整で実施している方は入力不要です。
  5. 住民税の徴収方法を選びます。
    • 「給与から差し引き」を選ぶと、会社側が給料から差し引きます。
    • 「自分で納付」を選ぶと、自宅に郵便で税金の納付書が届き、お客様自身で納税します。

勤め先の会社に、副収入(副業)があることが知られたくない方は、「自分で納付」を選んでください

Q8:海外FXより、国内FXのほうが税金が安いのですか?

収入次第で、変わります。330万円以下なら、国内FXより、海外FXのほうが税金は安いです

税金の種類と税率
海外FX 累進課税:15%~55%
(収入で変化。詳しくはQ2)
国内FX 申告分離課税:一律20.315% ******

国内FXの収入は、金額に関係なく、一律おおよそ20%です。

税率20%は、195万円より多く330万円以下の海外FXの収入時の税率と同じです。

そのため、単純に税率だけを比較すると、収入が330万を超える場合は、海外FXのほうが不利にみえます

ただし、国内FXと海外FXを比較する際は、追証なしのゼロカットシステム」や「ボーナスキャンペーン」、「25倍以上のハイレバレッジ」などのメリットを考慮してください

さらに、一番避けたいFXによる借金というリスクを考えると、入金額以上の損失が発生しないゼロカットシステム対応の海外FX業者のほうがローリスクと言えます。

****** 国内FXの申告分離課税は、2037年末までの復興特別所得税を含めた所得税:15.315% + 住民税:5%で、合計20.315%となります。

みんなで海外FXでは、上記のほかにも海外FXと税金について解説していますので、そちらもご覧ください。

「海外FX × 税金」の検索結果