海外FX業者へ、MT4とMT5の取引プラットフォームなどを提供するMetaQuotes(メタクオーツ)が、社名の一部を変更しました。

古い社名の「MetaQuotes Software Corp.」から、新しい社名の「MetaQuotes Ltd.」に変わりました。

MetaQuotes-Software-Corp-Ltd-Name-Change-2019

MetaQuotes Software Corp.からMetaQuotes Ltd.へ

海外FXで一番人気の取引プラットフォーム MT4(MetaTrader4,メタトレーダー4)を開発・提供するソフトウェア会社 MetaQuotesが正式な会社名を変更しました。

旧社名:MetaQuotes Software Corp.(メタクオーツソフトウェア)→ 新社名:MetaQuotes Ltd.(メタクオーツ)

MT4およびMT5(MetaQuotes5,メタクオーツ5)などを含む金融商品取引ツールのサービスには、MetaQuotesの今回の社名変更に伴う特段の影響はありません

MT5対応の海外FX業者一覧

MT4が根強い人気でも、約定力などのスペックで勝るMT5

2010年のMT5の提供開始から約10年が経ちましたが、今なお、MT4の一強は変わっておらず、新規の海外FX業者もMT4を積極的に採用しています。

MT4対応の海外FX業者一覧

ただし、2chや5chなどの掲示板、Twitterなどの口コミ・評判では、MT4よりMT5のほうが高い評価を得ていることもあります。

MT5は、MT4と比較すると、単純に処理能力が高いため、海外FX業者によってはMT5の約定力が上がることがあります。

また、MT4とMT5で接続するLP(リクイディティプロバイダー)の若干の違いなどで、MT5のほうがスプレッドが狭い海外FX業者もあります。

例:XMでのMT4とMT5の違い