海外FX業者 Tradeview(トレードビュー)が、入金方法に便利な国内銀行送金を追加しました。

Tradeviewの入金専用ページから、銀行送金のオプション一覧に表示される「ALi(JPY)」を選んで入金依頼をすると国内銀行送金で入金ができます。

国内銀行送金(国内送金)で入金依頼をすると、ATMからTradeviewの指定銀行口座へ日本円で振り込むだけ・数百円程度の振込手数料だけで、取引口座への入金が完了します。

Tradeview-FX-Forex-CFD-Broker-Deposit-Option-Local-Bank-Transfer-ALi

Tradeviewの入金方法に、便利な国内銀行送金が追加

海外FX業者 Tradeview(トレードビュー)は、入金方法に「国内銀行送金」を追加しました。

国内銀行送金とは、Tradeviewが指定した銀行口座へATMやネットバンキングから振り込むことで、FX口座へ入金できる方法です。

国内銀行送金による入金をしたいトレーダーは、まずはTradeviewの入金専用ページにある「銀行送金」の一覧から「ALi」を選択して、入金依頼をしてください

Tradeviewの入金専用ページはこちら

国内銀行送金とは、ATMから銀行口座へ振り込む入金方法

国内銀行送金を使用したTradeviewの海外FX口座(海外FX業者の取引口座)は、入金専用ページの銀行送金内の「ALi」からできます。

TradeviewのFX口座へ国内銀行送金(国内送金)で入金する方法・手順

海外FX業者 Tradeviewの国内銀行送金(国内送金)のやり方は、簡単な3ステップです。

  1. Tradeviewの入金専用ページにある「ALi」の「入金する」を選択して下さい。
    • 「ALi」は「銀行送金」の一覧内にあります。
  2. 必要事項を入力して、「送金する」を選択して下さい。
    • 名(ローマ字)
    • 姓(ローマ字)
    • 登録Eメールアドレス
    • Tradeview取引口座番号
    • ご入金額
  3. 指定の銀行口座へ振り込んで下さい。

国内銀行送金「ALi」」では、日本円(JPY)で日本円口座へ入金できます。

ATMやネットバンキングからTradeviewの指定銀行口座へ振り込みが完了すると、銀行の営業時間内なら遅くても数時間以内に取引口座へ反映されます。*1

*1 銀行の営業時間外の場合は、翌日以降の銀行営業日になり次第、入金額が反映されます。

Tradeviewの入金専用ページはこちら

国内銀行送金の入金手数料は、数百円程度の振込手数料のみ

Tradeviewの国内銀行送金なら、入金手数料は銀行側の振込手数料だけです。

通常の日本の銀行なら、振込手数料は数百円程度です。

  • 国内銀行送金の入金手数料:数百円(振込手数料のみ)
  • 国内銀行送金の入金額制限:入金額の上限なし

Tradeview側の入金手数料は完全無料ですので、銀行側の振込手数料だけになります。*2

Tradeviewに国内送金で入金する

*2 Tradeviewの他の入金方法でも、Tradeview側の入金手数料は完全無料ですが、国内銀行送金同様に決済サービス側で手数料が発生することがあります。

最新のTradeviewの入金方法一覧(2019年9月時点)

海外FX業者 Tradeviewの最新の入金方法は以下の様になります。

入出金方法 出金制限
クレジットカード

  • Mastercard
  • UnionPay
  • VISA など
出金制限あり
(入金した金額まで)
デビットカード

  • Mastercard
  • UnionPay
  • VISA など
出金制限あり
(入金した金額まで)
オンラインウォレット

出金制限なし
仮想通貨(UpHold)

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル など
出金制限あり
(入金した金額まで)
銀行送金
(海外送金)
出金制限なし
銀行送金
(国内銀行送金「ALi」)
(出金できない)
*3 Tradeviewのbitwalletで入金できる金額の上限が変更されています。一回あたりの上限額が最大1,000万円までで、1日あたりの上限額が最大9,000万円となっています。

クレジットカードやデビットカード、一部のオンラインウォレット(電子決済サービス)、仮想通貨などでは入金額以上の出金ができませんのでご注意ください。

もし、米ドル(USD)やユーロ(EUR)でクレジットカード入金・デビットカード入金をご希望のトレーダーは、以前から利用できるFlutterwaveに加えて、新しく追加されたecommpayを使ったカード入金もできます。*4

*4 Flutterwaveやecommpayで、日本円口座へも入金できます。米ドル/ユーロで送金した場合、着金時に最新の為替レートで日本円へ換金されます。
*5 銀行の海外送金(外国送金)でも、日本円送金はできます。以前のサンタンデール銀行に加え、BMO銀行も日本円送金に対応しました。

Tradeviewの入金専用ページはこちら

Tradeviewなら、スプレッドが業界一狭いMT4 ILC口座

Tradeviewで一番おススメされている口座タイプは、海外FX業界でもナンバーワンのスプレッドの狭さを誇るMT4 ILC口座(メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector)です。

Tradeview独自のNDD・ECN方式「Innovative Liquidity Connector(イノベーティブ・リクイディティ・プロバイダー)」で、極小スプレッドが実現しています。

また、TrdeviewではMT4 ILC口座のMT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)以外にも、MT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)やcTrader(Cトレーダー)の取引プラットフォーム・口座タイプも選べます。

Tradeviewの口座開設はこちら

今なら、人気のMT4 ILC口座の最低入金額が96%オフです

Tradeview ILC口座開設キャンペーン - 10万円で始めるECN口座!

現在、TradeviewではILC口座限定の入金額限定キャンペーンを実施しています。

Tradeviewのプロ向け口座であるMT4 ILC口座の最低入金額は、通常250万円です。

ただし、現在は期間限定で10万円で始められるキャンペーンを実施中です。

  • MT4 ILC口座の最低入金額:250万円 → 96%オフの「10万円」

キャンペーン期間中の今なら、MT4 ILC口座に国内銀行送金で10万円を入金して海外FXを始められます。

Tradeview 入金額減額キャンペーン