2019年11月も、海外FXの取引時間が、各国の祝日・祭日の影響で一部変更となります。

2019年11月の各国の祝祭日や休日に伴う、海外FX業者からの取引時間変更(取引スケジュール変更)のお知らせ・案内を一覧にまとめています。

  1. 2019年11月の祝祭日と影響を受ける海外FXの銘柄一覧
    1. アメリカの夏時間が、2019年11月3日 日曜日で終了します
    2. 各国の祝祭日・イベントが、影響を与えるマーケットと銘柄について

KaigaiFX-XMTrading-Forex-CFD-Broker-Schedule-Change-Time-Hour-Instruments-2019-October

2019年11月の祝祭日と影響を受ける海外FXの銘柄一覧

世界各国の祝祭日・イベントに伴う市場閉場(マーケットクローズ)は、海外FX口座における各銘柄やマーケットの取引時間に影響します。

海外FX業者でのトレード時は、各国の祝日・祭日やイベント等による取引時間変更(取引スケジュール変更)にご注意下さい

各国の2019年11月の祝祭日・イベントと、その影響を受ける海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)の一覧を確認しましょう。

いつ *1 祝祭日・イベントなど 影響する銘柄
2019年11月1日 金曜日 ポーランド「諸聖人の日」
(All Saints’ Day)
  • ポーランドの株価指数(POL20Cash)
2019年11月3日 日曜日 アメリカ「夏時間の終わり」
2019年11月3日 日曜日 日本「文化の日」
(Culture Day)
  • 日経平均株価指数(NIKKEI)
  • 東京証券取引所の株式銘柄 など
2019年11月4日 月曜日 ロシア「民族統一の日」
(Unity Day)
  • ロシアルーブル(RUB)とのFX通貨ペア
2019年11月11日 月曜日 ポーランド「独立記念日」
(Poland Independence Day)
  • ポーランドの株価指数(POL20Cash)
2019年11月28日 木曜日 アメリカ「感謝祭」
(Thanksgiving Day)
  • アメリカの証券取引所の銘柄(USDX など)
2019年11月29日 金曜日 アメリカ「ブラックフライデー」
(Black Friday)
*1 祝日が土日となる場合、振替休日で翌日まで影響する場合があります。

現在、下記の海外FX業者が、上記の祝祭日・イベントの影響で取引時間が変更になることをお知らせしています。*2

FX(外国為替証拠金取引)および、株価指数ほかCFDマーケットなどの動きに、各国の祝祭日・イベントは、影響します。

祝祭日・イベント前後のFX取引(FXトレード)時は、海外FX業者公式ホームページなどで、詳細な取引時間変更の内容をご確認下さい

前月2019年10月の時間変更一覧

*2 祝日の影響に伴った取引時間や窓口業務などのサービス変更のお知らせを配信している海外FX業者を記載しています。事前にお知らせや通知、アナウンス、ニュースがない会社においても変則的な変更が起こることがありえますので、ご注意ください。

アメリカの夏時間が、2019年11月3日 日曜日で終了します

2019年11月3日 日曜日に、アメリカの夏時間(デイライトセービングタイム、サマータイム)が終了します。*3

  • アメリカ(ニューヨークほか)のタイムゾーン
    • GMT-4:~2019年11月3日 日曜日の午前2時まで
    • GMT-5:2019年11月3日 日曜日の午前1時から~

アメリカのタイムゾーンの夏時間からの切り替わりと同時に、多くの海外FX業者でMT4やMT5のサーバータイムの基準時刻がGMT+3からGMT+2に変わります

*3 次にアメリカで通常時(冬時間)から夏時間(デイライトセービングタイム)に切り替わるタイミングは、2020年3月8日 日曜日の午前1時です。2020年3月8日 日曜日の午前1時(GMT-5)になると、午前2時(GMT-4)へと1時間進みます。

祝祭日・イベントが影響を与えるマーケットと銘柄について

各国の祝祭日・イベントは、主に以下の海外FX市場(銘柄・取り扱い商品の取引時間)に影響を与えます。

  • FX通貨ペア
  • 株価指数CFD(インデックス)
  • 株式CFD(ストック、株式市場)
  • 貴金属CFD(メタル、金・プラチナ取引など)
  • 原油CFD(オイル)など

ただし、祝祭日・イベントの影響を受ける対象銘柄および、取引時間の変更内容は、海外FX業者で異なります

海外FX業者の最新ランキング