海外FX(かいがいFX)とは、日本国外のFX会社や海外口座でFX取引をすることを意味します。

また、日本国外のFX会社(=海外のFX会社)のことを海外FX業者と呼び、海外FX業者が提供するFX取引口座は海外FX口座と呼びます。

本店は海外(外国)のFX業者で、日本で国内法人を設置し金融庁の許可を得て営業しているOanda(オアンダ)やAvatrade(アヴァトレード)などは、海外FX業者ではなく国内FX業者に分類されます。
海外FX業者を海外FX会社や海外FXブローカーと呼ぶトレーダーもいます。

海外FXのメリットとデメリット

海外FXは、この名前の通り海外のFX会社が提供する海外のサービスです。
海外業者特有のメリットやデメリットを持つ海外FXは、国内FXとは全く違うFXの取引環境が特徴であり、近年、人気や注目を集める理由になっています。

海外FXのメリット

国内FX業者ではなく海外FX業者を利用するメリットは、主に以下の3つです。

  • 低リスク
    追加証拠金がない(不測の事態に借金が発生しない、投資資金以上の損失を負うことがない)
  • 投資効率
    国内FX25倍をはるかに超えるハイレバレッジの取引(最大3,000倍など)
  • お得感のあるキャンペーン
    口座開設で受け取れるキャッシュバックやキャンペーンが充実している

このような海外FXのメリットは、海外FX業者が日本とは異なる法律の下で活動を行っていることから国内FXとの差が生まれています。

海外FXのデメリット

海外FXのデメリットは、トレーダーの不安感に始まり様々ありますが、諸外国の金融庁やライセンスは信頼性が不透明であることや、日本国内で海外FX業者を利用する場合は国内の税制面で不都合があることがある(他の投資と損失や利益を相殺できない)などです。

海外FX業者は、税金が高く見えることもデメリットとして語られますが、税制がややこしいことが不都合なのであって、税率とその金額については国内FXと海外FXは仕組みは違えど金額にそれほど差はありません。

海外FXの危険とリスクは?

これまでに海外FXを利用したことのないトレーダーは、海外FX業者や海外FX口座と聞くと、出金拒否出金トラブル、英語(外国語)の不安やその他トラブルなど、たくさんの予測できない不安や疑問を考えると思います。

実際の海外FXは、国内FXと同じただのFX取引です。
また日本語対応の海外FX業者を利用すれば、英語で会話をする機会はないので言葉に困ることはありません

最も気になる出金拒否や出金トラブルというお金の安全性に関する不安ですが、人気の海外FX業者であればトレーダーのそうした不安を払しょくするために日本国内よりも厳格な資金管理が行われているところが多く、海外FX業者にとってはその安全性の確保がアピールポイントにもなっています。
トラブルのリスクは、海外FX業者と国内FX業者は同程度、もしくは、国内FXよりも海外FXの方が低リスクというのが現状です。

No1の海外FXポータルで知識武装しよう

みんなで海外FXでは、様々な海外FX業者や海外FX口座をご案内しています。

キャンペーン(ボーナス)や取引環境、入出金方法など様々な条件で最適な海外FX業者、ご自身の取引スタイルに合ったFX口座を見つけてください。

海外FX業者のトラブルの方が国内FX業者より少ないと説明していますが、あくまでみんなで海外FXに登録されている海外FX業者におけるお話です。みんなで海外FXでは、日本人が経営し海外FXを自称する国内無登録業者など、偽物の海外FX業者を掲載していません。このような偽物の海外FX業者におけるトラブルや詐欺の報告は非常に多いですが、みんなで海外FXは、本物の海外FX業者と偽物の海外FX業者を区別して取り扱います。

海外FXとは?海外FXと国内FXとの違い、海外FX口座について知っておくべき基本知識 目次

  1. 海外FXとは?
    1. 海外FX業者と海外FX口座
    2. FXとは?
    3. 海外FXは、海外のサービス
  2. 国内FXと海外FXの違い
    1. FBSの最大レバレッジ3,000倍と金額制限
    2. 安全性と信頼性の差
  3. 海外FXをはじめよう
    1. 海外FXはキャンペーンから

海外FXとは?

海外FX
(かいがいFX)
日本国外のFX会社や海外口座でFXをすること

海外FX(かいがいFX)とは、日本国外のFX会社や海外口座でFXをすることを意味します。

海外FXという言葉は、2000年代に「海外FXお役立ちガイド」が提唱した造語です。

海外FXお役立ちガイドは、様々な海外FX業者の広告や運営業務を担う国際グループです。海外FXお役立ちガイドの運営組織は、海外FXだけでなく、国内外で金融や投資に関わる事業やイベントの主催など幅広く活動しています。

国内のFX業者と区別するために考え出された「海外FX」という単語は、最近は、国内証券会社のIG証券などが「海外FXより魅力的!?」といった比較広告を展開するなど、FXのひとつのジャンルとして定着しています。

海外FX業者と海外FX口座

日本国外のFX会社=海外のFX会社のことを、海外FX業者と呼び(海外FX会社、FXブローカーとも)、海外FX業者が提供するFX取引口座は海外FX口座と呼ばれます。

海外FX業者 日本国外のFX会社のこと。海外FX会社、海外FXブローカーとも呼ばれる。
海外FX口座 海外FX業者が提供するFX取引口座のこと。

国内FX業者は、一社一口座

日本国内のFX会社は、多くのFX会社が一社一口座を提供しており、FX会社が決めた取引条件が、FX口座の取引条件・取引環境となります。
そのため、国内のFXは、FX会社=取引環境であり、FX会社が比較される傾向にあります。

国内FX業者で取引口座を探す場合は、一社一口座によりFX会社ごとにシンプルかつ明確に特色を出してサービスを展開していることが、強みや選びやすさになっています。

海外FX業者では、多彩な取引条件・環境を提供している

海外FX業者は、一社複数口座

海外のFX会社「海外FX業者」では、一社複数口座、一社で様々な環境や条件の取引口座を提供しています。

海外FX業者では、初心者から専業、プロのトレーダーまですべて海外FX業者一社でカバーするために複数口座の提供をしているところが多く、中にはプロ・専業向けのみで複数取引口座を提供している海外FX業者もあります。

特に口座タイプが充実している海外FX業者は、IronFX(アイアンFX)HotForex(ホットフォレックス)です。この二つの海外FX業者は、一社複数口座の例としてもとても分かりやすいので、ぜひ合わせてご確認ください。

国内FX業者に比べると、海外FX業者は口座タイプが多すぎるために、取引口座の選びにくさやその際の専門用語の難しさなどの課題もありますが、様々な取引口座・環境から自分自身にあう最適な取引環境を柔軟に選択できることが大きな強みです。

XMTrading(XM)の複数口座タイプの例

海外FXで最も利用者の多いXMTrading(XMトレーディング)では、次の3つの口座タイプを提供しています。

海外FXで最も利用者の多いXMTrading(XMトレーディング)では、次の3つの口座タイプを提供しています。

  • スタンダード口座(普通の口座)
  • マイクロ口座(初心者向け口座)
  • XMTrading Zero口座(上級者向け口座)

XMTrading(XM)の口座タイプは、わかりやすく初心者向けから上級者向けまでの3段階で区別されています。

もちろん、XMTrading(XM)の取引口座は、3口座タイプそれぞれ取引条件が異なります。
さらに取引口座で利用できるレバレッジや口座通貨(円建てやドル建て)といったオプションも個別に設定できるため、2019年12月時点でXMTrading(XM)では54通りの取引環境からお好みの設定を選ぶことができます。

XMTrading (XM) 詳細はコチラ

FXとは?

FX(エフエックス)とは、通貨を売買する投資のことです。正確な日本語では外国為替証拠金取引です。
外国では、FXという略称ではなくForex(フォレックス)と呼ばれます。

みんなで海外FXでは、「海外FX」と具体的に区別するように表記していますが、海外FXもただのFXであり、国内FXと海外FXで特徴に違いはありますが、実質となるFX投資に違いはありません。

FXの仕組み

FXの仕組みは、とても簡単です。

「安い通貨を買い、高くなったら売り、利益を得る」

FXの仕組みは、通貨を「安く買って、高く売る」ことで利益を得ることを目的とした投資です。

Wikipediaでは、外国為替について「現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法」と表現していますが、FXは、その外国為替をオンラインでデジタルの取引に変えたものになります。

また、FXは、世の中に無数に存在する様々な投資と比べて初期投資コストが少額で済むことや、レバレッジと呼ばれる仕組みを利用し少額で大きな投資を行えることが大きな特徴となっています。

FXについては、次のページでも解説しています。あわせてご確認ください。

FXとは? – FX初心者3分ガイド!

みんなで海外FXでは、上のコラムの他にAnzoCapital公式コラム「FXとは?」を公開しています。ぜひあわせてご覧ください。

海外FXは、海外のサービス

海外FX業者
日本国外のFX会社のこと
x
国内FX業者
日本国内のFX会社でかつ金融庁に認可されているFX会社のこと
みんなで海外FXでは、日本人が経営する海外FX業者を無登録業者と呼び、無登録業者が海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)を自称していても海外FX業者とは呼びません。

海外FXは、この名前の通り海外(日本国外)のFX業者が提供する海外のサービスのことです。

FXは、日本以外の様々な国・海外でも人気がある投資です。

FXの業界は、海外ではヨーロッパやオーストラリアに本社を置く海外FX業者が多く、特に、以前はオフショアと呼ばれたキプロス共和国にたくさんの海外FX業者が集まっています
近年は、オフショアと呼ばれる国や法規制の変化に伴って、中東やアフリカ大陸で創業する海外FX業者も増えています。

ヨーロッパや南アフリカなどの英語圏の海外FX業者は英語でサービスを提供するため、国境に制限されることなく、ボーダレスかつグローバルに営業をしています。

世界には、日本をはじめオーストラリアや韓国など金融規制が非常に厳しいために、FX業者がボーダレスなサービスを展開できない国もいくつかあります。

HotForexの世界展開

HotForex(ホットフォレックス)は、とても大きな海外FX業者の一つです。
HotForexでは、英語だけでなくロシア語や中国語、日本語など様々な言語でサービスを提供しています。

HotForexでは、英語だけでなくロシア語や中国語、日本語など様々な言語でサービスを提供しています。

また、HotForexは、ユーザーや金融規制に応じてローカルオフィスを開設することもあり、非常に柔軟な世界展開を行っています。

日本のFX会社、国内FX業者

海外FX業者に対して、ここで国内FX業者と表現しているFX業者は、日本国内のFX会社のことになります。

次の画像は、国内FX業者のSBI FXトレード公式サイトで提示されている許認可の一覧です。
SBI FXトレードは、複数の許認可(ライセンス)を取得しています。

日本国内は顧客保護のため(FXトレーダーを守るため)にとても厳しい法規制が施行されています。

日本国内は顧客保護のため(FXトレーダーを守るため)にとても厳しい法規制が施行されています。
FX会社が日本国内に拠点を構えて日本で営業活動を行うためには、厳しい国内規制に準拠し日本の金融庁の認可を受けなければいけません。

日本の金融規制(レギュレーション)は、世界中で比較しても特に取得が難しい許認可と言われています。
このような側面もあり、金融庁の許認可を得たうえで日本で活動する国内FX業者は、海外FX業者とは一線を画す特別なFX会社の総称であったりします。

人気なのは、日本語に対応する海外FX業者

日本では、英語圏でボーダレスに営業活動を行う海外FX業者の中でも、日本語に対応している海外FX業者が選ばれ利用されています。

みんなで海外FXでも様々な国の海外FX業者を掲載しています。
最も多い国は、ヨーロッパの東の端に浮かぶ島国「キプロス共和国」を本社とする海外FX業者です。

最近は、XMのサブFXブランドXMTradingのようにセーシェル諸島などのオフショアに登録する海外FX業者も増えていますが、本部はキプロスやスペイン、イギリスなどの主要ヨーロッパ各国に置かれているケースがほとんどです。

みんなで海外FXで掲載している海外FX業者の一覧や所在国の一覧は、次のページをご確認ください。

日本語対応の海外FX業者一覧

海外FXには、日本の法律は適用されない

法律は、国によって異なります

日本国外のFX取引や海外のサービスには、日本の法律は適用されません。

日本の法律は適用されませんが、海外FXが無法地帯ということではありません

拠点や登録監督機関ごとに異なるルールや法律が異なる

海外FX業者は、FXや投資が禁止されている国や地域以外の世界中に存在しています。
海外FX業者はその登録拠点ごとに根拠とするルール・法律が異なり、ライセンスや拠点ごとの守らなければいけないルールと法律を守って営業を行っています

繰り返しとなりますが、海外FX業者は、日本の法律が適用されないだけであり、海外のその土地の金融業法を順守しています。

また、海外FX業者では、このような法規制の違いからも取引条件やサービスに違いが生まれています。

例えば、ゼロカットと呼ばれるマイナスとなった口座残高の損失ほてんは、日本の法律では禁止されています。しかし、キプロスの海外FX業者では、法律でゼロカットが義務付けられており、理由はそれぞれですが国内FXと海外FXの明確な違いと特徴となっています。

まれに詐欺業者(SCAM)も出現

前述の通り、海外FX業者のサービスは、FX業者が登録しているライセンスや拠点の法律やルールが適用されます。

海外のFX業者と聞くと真っ先に詐欺を疑うトレーダーもいます。
それは利用者として当然の不安ですが、実際にはほとんどの海外FX業者が、各国・各地域で法律を守り営業をしている真っ当な金融機関です。

しかし、昔から海外投資系の詐欺が無くならないように、海外FXでも詐欺業者(SCAM)はたびたび出現しています。

海外FXでは、詐欺業者(詐欺FX業者)のことを「SCAM(スキャム)」と呼びます。SCAMとは?でSCAMについて詳細に解説しています。
  • 「数年で飛ぶことを前提とした東南アジア系業者」
  • 「日本人が日本国内で詐欺をするための日本人経営の無登録業者」

など、SCAM業者は後を絶ちません。

しかし、実は、上の2つの例などの詐欺業者は落ち着いて見れば簡単にわかるものが多く、しっかりと検討し正しい登録や確かな実績を有する海外FX業者を選択すれば、トレーダーが詐欺業者に当たる確率をほぼゼロにできます。

もちろん、海外FXが初めての方や不慣れな方に、その見極めや手間を押し付けることは現実的ではありません。
みんなで海外FXでは、そうしたトレーダーのめんどうと手間を省くために、業界のネットワークを生かした調査と金融業界でキャリアを積んだメンバーの目で海外FX業者を選別して掲載しています。

海外FX業者の一覧

国内FXと海外FXの違い

海外FXと国内FX、サービスは大きく違う

以下は、海外FXと国内FXの簡単な比較表です。

海外FXと国内FXとでは、主に以下のような違いがあります。

海外FX 国内FX
対応言語 FX業者次第 完全日本語対応
レバレッジ 25倍以上~無制限 最大25倍
キャンペーン 証拠金追加系のボーナスが中心 食べ物プレゼントなど様々
口座開設のしやすさ ネットですべて完結 郵送必須
対応銘柄 FX通貨ペアの他、仮想通貨や株式など様々 FX通貨ペアのみ
取引ソフト MT4やMT5で統一 FX業者次第
追加証拠金 追証なし 追証あり
マイナス分残高 損失補填 追証となる
ロスカット FX口座次第 FX業者次第
信託保全 FX業者次第 法律で義務化
営業許可 FX業者次第 金融庁の監督下

細かな面を見ていくと海外FXと国内FXは上記の他にも様々な違いがありますが、大きな特徴と一般的な違いは上の表の通りとなります。

海外FX業者のレバレッジは、「25倍以上~無制限」と記述していますが、これは国内FX業者と比較したためにこのような記述となっています。
実際の海外FX業者のレバレッジは、最低1倍から最大200倍程度が標準的な水準です。

FBSの最大レバレッジ3,000倍と金額制限

FBSのように最大3,000倍という圧倒的なレバレッジを提供する海外FX業者もいますが、レバレッジが大きすぎるとその大きすぎるレバレッジの取引に対し市場がカバーできず、まともな取引ができません。
FBSでも3,000倍の利用には、次のような金額の上限が設定されています。

最大レバレッジ 口座残高
3000倍 20,000円まで
2000倍 200,000円まで
1000倍 500,000円まで
500倍 300,000円まで
200倍 1,500,000円まで
100倍 金額制限なし
50倍 金額制限なし
表では、口座残高を円で表記していますが、ドル口座やユーロ口座の場合は、その取引口座の通貨換算で同等額となります。例えば、日本円口座で2万円の場合は、米ドル口座で200ドルとなります。

FBSでは、この表の様に3,000倍のハイレバレッジを利用したい場合、日本円口座で2万円以下の口座残高を維持する必要があります。
口座残高が2万円を超えた場合は、適用レバレッジは、金額に応じたレバレッジに引き下げられます。

FBSのレバレッジは、順調に利益が出た場合、最終的に150倍という普通のハイレバレッジの水準に落ち着きます。
FBSの他にも極端なハイレバレッジを提供している海外FX業者が数社ありますが、どの海外FX業者も通常の取引に適用されるハイレバレッジは100倍から200倍となっています。

FBSの口座残高とレバレッジ

安全性と信頼性の差

国内FX業者の方が、「安心」がわかりやすい

海外FX業者と国内FX業者の安全性や信頼性を比較した場合、一般的には、国内FX業者のほうが安心で信頼できると言われます。

国内FX業者が信頼できるとされる理由には、金融庁が監督していることや日本の金融業法の厳しさがあげられます。

厳しい法規制を順守していることがはっきりとしている国内FX業者に対して、海外FX業者は世界中に散らばっており、拠点や法律もばらばらで会社の詳細をすぐに確認できません。
法規制のわかりやすさという面で、国内FX業者の信頼性と安心感はわかりやすく、海外FX業者は実績や信頼性がわかりにくく、「国内FX業者のほうが安心で信頼できる」という一般論が出来上がっています。

しかし、実際は、海外FX業者の方がまとも

手放しに「国内FXの方が安全だ」とは言い切れない

しかし、実際は、サービスの安全性や信頼性は、海外FX業者の方が国内FX業者より優秀です。
特に人気のある海外FX業者であれば、国内FX業者の比ではない安全・安定・信頼を確保しています。

出金拒否・利益取り消しは、国内でも半数が経験

例えば、みんなで海外FXが過去に実施した出金拒否に関するアンケートでは、信頼できるはずの国内FX業者で出金拒否された経験のあるトレーダーが、ちょうど半数となっています。

例えば、みんなで海外FXが過去に実施した出金拒否に関するアンケートでは、信頼できるはずの国内FX業者で出金拒否された経験のあるトレーダーが、ちょうど半数も存在する結果が出ています。

実際に2ちゃんねるなどの掲示板やTwitterの書き込みで、国内FX業者の出金拒否の事例を探すだけでも相当数の出金拒否や口座凍結が確認できます。
アンケート結果やクチコミから判断する限り、出金に関わるトラブルとその数については、国内と海外に差はないとみられます。

出金拒否アンケート結果へ

このみんなで海外FXのアンケートは、Twitterで実施しました。
IronFXの出金拒否や詐欺業者扱いの本当のところ

海外FXで、出金拒否や出金トラブルを話題にした際に、避けて通れない一番の話題は「IronFXの出金拒否」という問題です。

IronFX(アイアンFX)は、海外FXの中でもXMやHotForex、FXProなどのヨーロッパ最大手と並ぶ特に大きな海外FX業者の一社です。

海外FXの出金拒否について検索すると、様々なウェブサイトでIronFXを詐欺業者として扱い出金拒否が行われているとしています。
しかし、実際にトラブルの内容を精査していくとIronFXが出金拒否を行っている事例はありません。

トレーダー個別の出金トラブルについては、IronFXに限らず国内外すべてのFX業者で発生しており、IronFXで特別に悪質な出金拒否事例があるわけでもありません。
むしろIronFXは、詐欺業者として言われたい放題の現状に対し非常にナーバスになっているため、入出金ルールについての告知の徹底や出金トラブルを無くすための運用を他社よりも徹底している海外FX業者です。

このような事実に反し、インターネット上でIronFXがこれほどまでに叩かれている理由には、IronFXを中傷を始めた関係者の個人的な都合事実を調べもせずネット上の情報だけをまとめるブロガーの無知があります。

国内FX口座は、借金のリスクがある

出金拒否や出金トラブル以外のリスクと安全面でわかりやすいところだけを比較すると、国内FX口座でのFX取引は、常に借金となるリスク(追加証拠金を請求されるリスク)を有しています

追加証拠金は、日本国内の信用取引口座であれば、初めにマージンコールが発生した時に足りない分の必要証拠金の入金が求められ、その後に口座残高がマイナスとなった場合はマイナス分の補填も求められるという仕組みです。

海外FX口座の場合は、追加証拠金を徴収しないことがEUの法律で定められています。

海外FX口座の場合は、追加証拠金を徴収しないことがEUの法律で定められています。
EUのルールにあわせ、EU外の海外FX業者でもそれに準ずる形でほとんどの取引口座において追加証拠金が発生せず、借金のリスクがありません。

上の画像は、XMTradingの公式サイト内で口座残高がマイナスとなった場合に損失補てんを行うことを記した箇所です。
海外FX業者では、マイナスとなった場合の追加証拠金を損失補てんするだけでなく、マージンコール時に追加証拠金を請求することもありません。

XMTrading(XM) 公式サイトへ

例えば、XMTradingは、キプロスCySECではなくセーシェル諸島で登録されています。セーシェル諸島の金融業法では、XMTradingにゼロカットの義務はありませんが、XMTradingは大手FXブランドの一企業としてEUの法規制にあわせゼロカットの対応を行っています。
透明性が比較される海外FX業者が安全・信頼でリードしている

国内FX業者は、スプレッドの縮小芸能人の起用といった広告で競争し目立つFX業者が選ばれる傾向にあります。

海外FX業者は、サービス全体の質と透明性が比較され選ばれます。

具体的には、海外FX業者は、

  • トレーダーにとって魅力的なサービスやキャンペーンを提供しているか?
  • クチコミの評価はどうなのか?

という、広告ではなくトレーダーのメリットと信用で評価と比較が行われています。

海外FXをはじめよう

国内FX業者にも様々なメリットがあります。
みんなで海外FXとしては、海外FX業者への心理的な抵抗がぬぐえないトレーダーが無理して海外FX口座を利用する必要はないと考えます。

しかし、海外FX業者には、多くのトレーダーに選ばれ、利用されている理由がたくさんあります。

  • 国内FXでは提供できない100倍を超えるハイレバレッジ
  • 顧客を守るマイナス残高の損失補てん(ゼロカット)
  • 透明性の高い取引プラットフォーム
  • MT4やcTraderなど、自由度の高い取引ソフト
  • こだわって選べる取引環境、取引条件

みんなで海外FXで、海外FX口座への一歩を踏み出してみましょう。

海外FXはキャンペーンから

みんなで海外FXでは、掲載している海外FX業者のすべてのキャンペーンをご案内しています。

海外FXでは、口座開設時のみに受け取れるキャンペーンが充実しています。海外FX口座を開設する際は、最初に必ずキャンペーンをご確認ください。

キャンペーンの一覧へ