KaigaiFX-TitanFX-Online-eWallet-SticPay-Deposit-Withdrawal

TitanFXが、入出金方法に「SticPay」を追加

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が、入出金方法に「SticPay」を導入しました。

SticPay(スティックペイ)は、他の人気の海外FX業者も導入しているオンラインウォレットです。
SticPay対応の海外FX業者には、XM(XMTrading)FBS(エフビーエス)Axiory(アキシオリー)Tradeview(トレードビュー)などがあります。

すでに他の海外FX業者でSticPayを利用しているトレーダーは、SticPayからすぐにTitanFXへ入金できます。
まだSticPayを利用していないトレーダーは、まずは後述のSticPayとは?およびSticPayのメリット・デメリットをご確認下さい。

TitanFXの公式サイト こちら

SticPay(スティックペイ)とは?

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が導入したSticPayとは、オンラインウォレットです。

オンラインウォレットとは、電子決済サービスやeWallet(Eウォレット)、電子マネーと呼ばれるサービスです。オンラインウォレットと海外FX業者は別のサービスです。そのため、海外FX業者とは別にオンラインウォレットで口座開設する必要があります。

参考:海外FX業者で利用されているオンラインウォレット一覧

SticPay(スティックペイ)は、TitanFXだけでなく他の海外FX業者も導入している人気のオンラインウォレットです。
この2019年の一年間で、FBS(エフビーエス)Axiory(アキシオリー)AnzoCapital(アンゾーキャピタル)Tickmill(ティックミル)などがSticPayを導入しました。

SticPayの日本語公式サイト こちら

SticPayのメリット・デメリット

オンラインウォレット SticPayのメリット(強み・長所)は、以下の通りです。

  • 完全日本語対応のオンラインウォレット
  • 世界中のATMで入出金できる
    (ATMから現金出金可能)
  • 仮想通貨 ビットコイン(Bitcoin)で入出金可能

また、SticPayのデメリット(弱み・短所)は、以下の通りです。

  • 他のオンラインウォレットと比較すると入出金手数料が高め
  • 入金は、国内銀行送金(銀行送金)に非対応
    (出金は国内銀行送金できる。手数料は、出金額×1.5%+800円)

上記のSticPay(スティックペイ)のメリットに記載する仮想通貨について補足します。
SticPayに入金・SticPayから出金できる仮想通貨は、以下の3種類です。

  • ビットコイン(Bitcoin、BTC)
  • イーサリアム(Ethereum、ETH)
  • ライトコイン(Ripple、XRP)

SticPayの最新の入出金方法と入金手数料の一覧

SticPay(スティックペイ)の入金手数料・出金手数料は以下の通りです。

入出金方法サービス名入金手数料出金手数料
クレジットカード
  • Visaカード
  • マスターカード
    (MatserCard)
入金額 × 3.85%出金できない
  • ユニオンペイ
    (UnionPay)
入金額 × 1.5%出金額 × 2%
デビットカード
  • Visaカード
  • マスターカード
    (MatserCard)
入金額 × 3.85%出金できない
  • ユニオンペイ
    (UnionPay)
入金額 × 1.5%出金額 × 2%
仮想通貨
  • ビットコイン
    (Bitcoin)
  • イーサリアム
    (Ethereum)
  • ライトコイン
    (Litecoin)
入金額 × 1%出金額 × 1%
銀行送金
  • 海外送金
入金額 × 1%%出金額 × 5%
  • 国内銀行送金
    (国内送金)
入金できない出金額 × 1.5% + 800円
SticPayの口座への入金には、国内銀行送金(国内送金)も利用できます。しかし、日本などの一部の国や地域では利用できません。

ほかのオンラインウォレットと比べるとSticPayの入出金手数料は高い、と言われます。

しかし、SticPayの入出金手数料は入金額と出金額で決まるため、1万円以下程度の入出金をする場合には、SticPayのほうが手数料が安くなります

SticPayに関するさらに詳しい内容は、下記のSticPayの会社情報にまとめています。

SticPayの会社情報 こちら

SticPay対応の海外FX業者一覧

Online-eWallet-SticPay-Kaigai-FX-CFD-Broker-Available

2019年12月11日時点で、SticPayでの電子決済サービスを導入している企業は、155社あります。
海外FX業者では、主に以下の海外FX業者がオンラインウォレット SticPay(スティックペイ)を入出金方法に導入しています。

SticPayのサービスは、日本語対応です。
SticPayのカスタマーサポートには、日本語スタッフがいます。

SticPayはオンラインウォレットのため、SticPayの利用には海外FX業者とは別にSticPayの口座を開設する必要があります。

SticPayには、日本円口座(日本円建て口座、JPY口座)があります。

SticPayの日本語公式サイト こちら

TitanFXの最新の入金方法・出金方法

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)の入出金方法は、以下の表をご確認ください。
ただし、表の中には日本などの一部の国や地域で利用できないサービスも含んでいます。

入出金方法サービス名最低入金額入出金手数料反映時間出金限度額
クレジットカード
  • VISAカード
  • マスターカード
    (MasterCard)
  • アメックス
    (AMEX)
1万円なし
  • 入金:最短数秒
  • 出金:数週間
入金額まで
デビットカード
  • VISAカード
  • マスターカード
    (MasterCard)
  • アメックス
    (AMEX)
1万円なし
  • 入金:最短数秒
  • 出金:数週間
入金額まで
オンラインウォレット1万円送金手数料あり
  • 入金:最短数秒
  • 出金:最短数秒
基本、制限なし
銀行送金
  • 海外送金
1万円リフティングチャージ
  • 入金:数日
  • 出金:数週間
制限なし
  • 国内銀行送金
    (国内送金)
1万円振り込み手数料
  • 入金:最短当日
  • 出金:最短当日
制限なし
TitanFXでは現在、銀行送金(電信伝送)が利用できません。

TianFXからの利益出金を考えると、始めからSticPay(スティックペイ)などのオンラインウォレットを利用すると便利です。
クレジットカードおよびデビットカードでは、入金した額以上の金額を出金できません。

TitanFXの日本語公式サイト こちら

今だけ!TitanFXにSticPayで入金すると、取引手数料無料

SticPay(スティックペイ)限定のTitanFX(タイタンFX)取引手数料無料キャンペーンがスタート

STICPAYユーザーの皆様
この度、グローバルFXブローカーであるTitan FXにてSTICPAYの取扱いが開始されました。

そこで、Titan FXでのご利用開始を記念し、 STICPAYユーザーの皆様限定のキャンペーンをご用意いたしました。

最大$1000の取引手数料が無料になる期間限定キャンペーン*.
2020年2月29日でブレード口座の手数料が無料でお取引いただけます。”
– SticPay(スティックペイ)からのお知らせ「[STICPAYとTitan FXのパートナーシップ]独占オファー」

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)は、2020年1月から2020年2月29日までの約2カ月間、SticPay入金したかた限定の期間限定キャンペーンを実施しています。

キャンペーンのタイプ 入金特典
特典の内容 取引手数料1,000ドル無料
対象者 SticPayでTitanFXに入金したトレーダー
参加条件 ブレード口座でトレード
キャンペーンの期間 2020年2月29日まで
出金制限 なし

いまなら、SticPay(スティックペイ)でTitanFXのブレード口座へ入金してトレードすると、取引手数料が1,000ドル分無料になります。

1,000ドルは、日本円で約10万円です。

STICPAY 口座開設はこちら

極小スプレッドのTitanFXのブレード口座が取引手数料無料で使えるチャンスです。お見逃しなく!

TitanFXへのSticPay入金はこちら