FXのレバレッジとは何?IronFX(アイアンFX)のFXバイブル

FX取引のレバレッジとは何?

FX取引(外国為替証拠金取引)の一番魅力は、数百円程度の少額の投資で、何万円の利益が上げられる点です。

そして、少額投資で高額の利益が上げられる仕組みがレバレッジ(Leverage)です。

レバレッジはFX取引への投資資金を借りる仕組みで、トレーダーが投資資金を少なく抑えられる便利なサービスです。

レバレッジをかける(レバレッジが効く)とは?

レバレッジの具体的な倍率の計算のまえに、レバレッジはFX業者から借りられる投資資金と考えて下さい。
FX業者は、投資資金を貸すかわりにトレーダーに一定の入金(担保、委託保証金)を求めます

トレーダーはFX業者から借りた資金を使って、入金額の何倍もの規模のFX取引ができます。

レバレッジをかける(レバレッジが効く)ことで、FX取引への投資資金は抑えられる上に、投資資金より大きな規模の利益を得られるチャンスができます。

FX取引では、FX業者がトレーダーに求める入金額を「必要証拠金」と呼びます。必要証拠金は、英語でマージン(Margin)と呼びます。

レバレッジの倍率や損失時の効果はFX業者で違う

設定できるレバレッジの倍率は、FX業者によって大きく違います。

国内FX業者では25倍までしか設定できませんが、海外FX業者では25倍以上のレバレッジをかけることができます。

例:ドル円を10,000ドル(0.1ロット)トレードする場合

  • レバレッジ25倍の時、約4万円の入金が必要
  • レバレッジ100倍の時、約1万円の入金が必要

同じレバレッジの倍率でもトレードする取引量(取引ロット)によって、必要証拠金は変化します。

レバレッジのメリットとデメリット

レバレッジをかけるメリットは、借りた投資資金でFX取引ができ、さらにトレードで獲得した利益は100%受け取れることです。

1万円を入金して100万円分のFX取引をした後に、10万円の利益が出たら、レバレッジの倍率や入金額は関係なく10万円の利益が受け取れます。

トレードを終えると、トレードのために借りていた投資資金はFX業者に返されます。

反対に、レバレッジをかける時のデメリットは、予想が外れて損失が発生したさいに入金額以上の損失が発生するリスクが高いことです。

トレーダーは入金額以上の損失を出した時、損失補填のために、FX業者で追加入金しなければいけません。

ただし、IronFX(アイアンFX)などの多くの海外FX業者は、ゼロカット対応です。ゼロカット(追証なし)とは、借金リスクなしの損失補填サービスです。

関連:ゼロカット(NBP)は、海外FXがおすすめされる理由の一つ

FX取引を始めたら、一定額の維持が必要

トレーダーは、FX業者から借りた投資資金でFX取引をしますが、トレードの結果はリアルタイムでトレーダーが入金した資金に反映されます。

利益や損失に合わせて、トレーダーは必要証拠金を維持しなくてはいけません。
必要証拠金が不足した時には、追加入金が求められます。

レバレッジをかけるFX取引では、トレード中は常に「証拠金維持率」を確認して取引口座内に十分な資金の確保をしましょう。

もし、一定の証拠金維持率を下回った場合、今以上の損失を防ぐためにロスカット(強制決済)されます。

必要証拠金と同額の入金しかしていない場合、証拠金維持率は100%です。トレードで含み損や含み益がでると、証拠金維持率は増減します。

関連:マージンコールとは?ロスカットとは?ゼロカットとは?

IronFX(アイアンFX)のレバレッジ

IronFX(アイアンFX)は、最大レバレッジ1,000倍の海外FX業者です。

IronFXの取り扱い商品 レバレッジ
FX通貨ペア 1倍から1,000倍まで
金・銀・銅・プラチナ・パラジウム 50倍または100倍
株価指数 33.3倍または50倍、100倍
原油・天然ガス 50倍
コモディティ 50倍
通貨先物 50倍
株式 10倍

IronFXではGAFAやNetflixなどの人気企業の株式銘柄もレバレッジ10倍でトレードできます。

IronFX 公式サイト