新年が明け、今日だけは世界のほとんどの国で金融市場が休場している。しかし元日でも一部の為替業者は為替レートを提示しているが、今日提示されたレートは必ずしも実際のレートを反映しているものではない。

本格的な取引は2日から

2020年が明け、1月1日は世界のほとんどの金融市場が閉まっている。

日本の東証は1月6日になってようやく大発会で取引開始となるのに対し、海外ではもっと早く株式取引が始まる国が多い。
例えばNY株式市場は2日から取引が行われるし、他にも2日から取引が始まる国がある。

そして為替市場も基本的には2日から通常営業となるので、1月1日だけは国内外の為替市場もほとんど開いていない。

1月1日に提示されているレートは事実上業者の「私設市場」レート

元日は金融市場も世界的に休んでいるのだ。

にも関わらず、一部の為替業者は1日でもレートを提示している。

もともと為替市場は株式・先物市場とは違い、1ヶ所の取引所で全ての取引が管理されているわけではない。
したがって世界のほとんどの業者が閉まっていても、1日に為替取引を提供している業者も一部にある。

しかし1月1日に提示されるレートというのはあまり当てにしない方がいい。
というのも1日はごく一部の業者が開いているだけなので、今日提示されているレートは事実上業者の「私設市場」レートのようなものだからだ。

為替レートの中には、12月31日時点よりもかなり離れているものも

つまり本来の為替市場のように世界中で同時に取引が行われておらず、特定の業者の中だけで行われている。

そのような状況では本来の為替の需給が反映されておらず、為替レートが正しい市場のレートからかけ離れてしまうこともありえる。
実際に1日に提示されている為替レートの中には、12月31日時点よりもかなり離れているものもある。

そういったレートを見て驚く人々も中にはいるかもしれないが、その必要はない。

1日に提示されているレートは、正しいレートと考える必要はないからだ。
2日になって世界の為替市場が取引再開となり、その時出ているレートが本来のレートだ。

仮想通貨の取引は1月1日でも行われている

ところで現在では法定通貨の為替市場の他に、仮想通貨の市場も存在している。

そして仮想通貨の取引は1月1日でも行われているところが多い。
仮想通貨はもともと土日でも開いている市場なので、1月1日でも普通に取引できる

ただし仮想通貨業者のサポート窓口は閉まっているところが多い。

iFOREXの仮想通貨FX(ビットコインFX)の取引時間は、毎週の一部のメンテナンス時間を除いて基本的に24時間365日となります。日本時間で毎週 日曜日の午後9時15分から月曜日の午前1時15分まではメンテナンスのためトレードできません。

金融市場はますます365日24時間体制に近付いているが、今でも為替市場は1月1日は取引がほとんど行われない。
だから今日提示されているレートが12月31日時点からかなり動いていても、そのレートを気にする必要はあまりない。

iFOREX 公式サイトはこちら


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX(アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX業者の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラです。

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREXの日本語公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイトはこちら