海外FX FX IronFX アイアンFX FXバイブル 初心者 FX取引 現物 商品先物 ETF

FXの取引商品カテゴリーの違いとは?

FX取引(外国為替証拠金取引)と一言でいっても、取引の内容でいくつかのカテゴリーに分けられます

  • 現物取引(スポット)
  • 商品先物取引
  • 通貨オプション
  • ETF(上場投資信託)など
ETFとは、Exchange-Traded Funds(エクスチェンジ・トレーディッド・ファンズ)の略です。

最も一般的なFX取引は、現物取引と商品先物取引

いくつかあるFXの取引商品でもっとも一般的で有名なカテゴリーが、商品先物取引現物取引です。

FXの商品先物取引とは?

FXの商品先物取引とは、取引する銘柄のある特定の将来価格で売り買いをすることから名づけれた取引です。

将来価格はルール化されており、取引は証券取引所などの取引所で行われます。

仮想通貨は証券取引所などの特定の取引所が存在しないことから非中央集権型(Decentralised)または分散型と表現されます。反対に、従来のFX取引に関わる外国為替取引市場は、証券取引などが存在することから中央集権型(Centralised)と区別して表現されます。

そのため、商品先物取引は取引のルール化と中央集権型取引所のシステムによって、透明性と規律が整理されたマーケットとなります。

FXの現物取引とは?

FXの現物取引とは、その時の市場価格で取引が行われる仕組みです。

FXの現物取引は、流動性があり、狭いスプレッドで取引ができて、平日の24時間休みなく簡単に取引できるため、トレーダーに人気のある取引商品です。

一般的にFX取引というと、ドル円などのFX通貨ペアの現物取引のことです。

IronFXでは、FX通貨ペアの現物取引と商品先物取引ができる

海外FX業者 IronFX(アイアンFX)では、FXの現物取引と商品先物取引の2種類が取引できます。

  • ドル円(USDJPY)などの現物取引
  • 日本円先物などの商品先物取引

そして、IronFX(アイアンFX)で取引できるFXの商品先物取引の銘柄は以下の通りです。

  • イギリスポンド先物
  • 日本円先物
  • オーストラリアドル先物
  • スイスフラン先物
  • ユーロ先物

FXの商品先物を取り扱っている海外FX業者は珍しいです。

IronFX(アイアンFX)の取引口座なら、日本円先物などが取引できます

IronFX 公式サイトはこちら