XRP関連通貨ペアの取引および入出金について - 米SECによるRippleに対する訴訟を受けて、各社で制限が実施されています 目次

  1. Cryptoaltum(クリプトアルタム)
  2. FXGT
  3. CryptoGT(クリプトGT)
  4. TradersTrust(TTCM)
  5. FXDD

このRippleへの訴訟を受け、多くのリクイディプロバイダーのXRP関連通貨ペアにおいて、流動性が維持できず取引に制限が発生しています。

SEC(米証券取引委員会)が、2020年12月22日、Rippleの提供を行っている受益者数名に対して訴訟を提起しました。

このRippleへの訴訟を受け、多くのリクイディプロバイダーのXRP関連通貨ペアにおいて、流動性が維持できず取引に制限が発生しています。

XRP関連通貨ペアを取り扱う海外FX業者各社においても影響がでておりますので、XRPをお取引のトレーダーは、各社からのアナウンスをご確認ください。

Cryptoaltum(クリプトアルタム)

Cryptoaltum(クリプトアルタム)では、リップルに関連する銘柄は「クローズオンリー」モードとなっています。
これによりすべてのリップル関連銘柄において新規注文ができず決済のみが可能となっています。

CryptoAltum 公式サイトはこちら

FXGT

FXGTは、XRP関連通貨ペアは「クローズオンリー」モードに設定されています。
この変更に伴い、XRP関連通貨ペアの新規ポジションの保有ができず、既存のポジションの決済のみが可能です。

また、FXGTでは、XRPによる新規の入金も受付を停止しています。

XRPでのご出金には影響ありません。

FXGTの詳細へ

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)においてもFXGTと同様に、XRP関連通貨ペアは「クローズオンリー」モードに設定されています。
この変更に伴い、XRP関連通貨ペアの新規ポジションの保有ができず、既存のポジションの決済のみが可能です。

CryptoGTでも、XRPによる新規の入金も受付を停止しています。

XRPでのご出金には影響ありません。

CryptoGTの詳細へ

TradersTrust(TTCM)

TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)は、XRP/USDを「クローズオンリー」モードに設定しています。

また、Traders Trustの案内では、オープンされているXRP/USDのポジションについても、前触れなくリクイディティが無くなる可能性があること、リクイディティが無くなった場合には現在のオープンポジションが凍結される可能性もあることを通知しています。

TradersTrust 公式サイトはこちら

FXDD

アメリカ証券取引委員会(SEC)によるリップル社訴訟にともない、FXDDでは暗号通貨 リップル(Ripple)の取り扱い及び関連ペアの取引を直ちに中止する事になりました。

FXDDは、XRPペアのポジションを2021年1月7日前までに決済していただくようにお願いしています。

上記日付までに決済されていない場合は、該当ポジションは全て自動的にクローズされます。

FXDDの詳細へ