SimpleFX(シンプルFX)より、新しい仮想通貨の取り扱い開始とビットコインの契約サイズ変更のお知らせ 目次

  1. 追加された仮想通貨FXの9銘柄
    1. 仮想通貨FXの取引環境と取引条件
    2. SimpleFXの仮想通貨FXの銘柄の一覧
  2. Bitcoinの最低取引量を引き下げ
    1. 最低0.01 BTCから取引可能に

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が仮想通貨FXの新しい銘柄を追加

追加された仮想通貨FXの9銘柄

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が、9つの新しい仮想通貨FXの銘柄を追加しました。

以下が、追加された銘柄の一覧です。

  • Cardano(カルダノ)
  • Binance Coin(バイナスコイン)
  • Polkadot(ポルカドット)
  • EOS(イオス)
  • NEO(ネオ)
  • Waves(ウェーブス)
  • Tezos(テゾス)
  • yearn.finance(ヤーンファイナンス)
  • Zcash(ジーキャッシュ)

yearn.financeは、DeFiプロジェクトの仮想通貨(DeFiトークン)です。

DeFi(ディーファイ)とは、2020年に注文を浴びたプラットフォームです。日本語で分散型金融と表現されます。

SimpleFX 公式サイト

仮想通貨FXの取引環境と取引条件

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)は、仮想通貨での入金や仮想通貨建てのFX口座など仮想通貨のサービスに力を入れています。

以下が、SimpleFXの仮想通貨FX(ビットコインFX、仮想通貨CFD)の特徴的な取引環境と取引条件です。

  • 最大レバレッジは5倍
  • 取引時間は24時間365日
  • CFDだから空売りも出来る

SimpleFXでは、仮想通貨FXが週末の土曜日も日曜日も出来ます

仮想通貨FXを始める こちら

SimpleFXの仮想通貨FXの銘柄の一覧

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が仮想通貨FXの銘柄一覧

また、海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)の仮想通貨FXでは、合計15銘柄を取引できます。

以下が、SimpleFXで取引できる仮想通貨FXの銘柄です。

仮想通貨日本語シンボル
BitcoinビットコインBTCUSD
LitecoinライトコインLTCUSD
EthereumイーサリアムETHUSD
Ethereum ClassicイーサリアムクラシックETCUSD
Bitcoin Cash ABCビットコインキャッシュABCBCHUSD
ZcashジーキャッシュZECUSD
ChainlinkチェーンリンクLNKUSD
Binance CoinバイナスコインBNBUSD
PolkadotポルカドットDOTUSD
CardanoイオスADAUSD
EOSイオスEOSUSD
NEOネオNEOUSD
yearn.financeヤーンファイナンスYFIUSD
WavesウェーブスWAVUSD
TezosテゾスXTZUSD

各銘柄の詳しい取引環境と取引条件は、SimpleFXの公式サイトトレーディング・コンディション(Trading Conditions)のページでご確認ください。

公式サイト(simplefx.com)

Bitcoinの最低取引量を引き下げ

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が仮想通貨FXでBitcoin(ビットコイン)の契約サイズを変更

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)では、2021年1月16日から仮想通貨 Bitcoinの取引環境と取引条件を変更します。

Bitcoin(ビットコイン、BTCUSD)の1ロットあたりの取引量が少なくなります

1ロットあたり100 BTC → 1ロットあたり1 BTC

最低0.01 BTCから取引可能に

今回の変更により、海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)ではBitcoinが0.01 BTCから取引できるようになります。

以下のように、注文時に0.01ロット(0.01 lots)を入力すると0.01 BTCで取引できます。

注文取引量
10ロット10 BTC
1ロット1 BTC
0.1ロット0.1 BTC
0.01ロット0.01 BTC

SimpleFXでは、仮想通貨の他にドル円などのFX通貨ペアや金(ゴールド)などの貴金属、WTI原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数、さらには米国株(アメリカ株)や日本株などを含む個別株も取引できます。

最新の銘柄および取引環境と取引条件は、公式サイトでも確認できます。

SimpleFX 公式サイトはこちら