リスク管理とリスク管理に便利なヒント

あらゆる投資または金融資産運用には、ある程度のリスクが伴います。

FX(外国為替証拠金取引)を含むCFDは、その複雑さと価格変動の速さから広く受け入れられている貯蓄預金と比べると特にリスクがあります。

とは言え、取引において過剰なリスクを避ける方法は存在します。

分析こそ、一番のリスク管理&利益獲得の近道

取引の運用全てすべてにおいて完全にリスクを取り去ることはできませんが、資産の大きな割合をリスクにさらすような取引は避けることができますし、またそうするべきでしょう。

さらに、取引についてよく調べ、リスクを減らすために適したエントリーポイン卜を見つけられるようにならないといけません。

分析せずに突発的にエントリーすることは避けましょう。

この章では、リスク管理の重要な考え方について見ていきます。

その後、初心者に役立つヒントもご紹介します。

リスクフリーのデモ口座 こちら

ハイレバレッジのメリット・デメリット

レパレッジとは、トレーダーがより大きな注文をすることを可能にするためのサービスです。

レバレッジはローンではありません

レバレッジの倍率とは、トレーダーの実際の資金に対するレバレッジを適用した際の取引可能額の割合を指します。

レバレッジと必要証拠金の計算例

例えば、トレーダーが1:100のレパレッジを用いるということは、実際の資金を1ドル(約100円)入金するごとに口座に100ドル(約1万円)を持つかのような取引が出来ることを意昧しています。

必要証拠金は、トレーダーがレパレッジを用いるとより低くなります。

計算式は次のようになります。

契約サイズ × ロットサイズ ÷ レバレッジ = 必要証拠金額

ドル円(USDJPY)を1:500のレバレッジで0.2ロット買う際の計算を見てみましょう。

0.2ロットのドル円、レバレッジ1:500の際の必要証拠金:100,000ドル/ロット x 0.2ロット ÷ 500倍 = 40ドル

1:500のレパレッジを用いる場合、0.2ロットのUSDJPYには40ドル(約4,000円)の証拠金が必要です。

無料のFX計算ツールでシミュレーション

レバレッジがない場合、必要証拠金は20,000ドル(約200万円)となります。

利用するレパレッジがどのくらいであれ、必要証拠金を自ら計算する必要はありません。

海外FX業者 Exness(エクスネス)は仮想通貨FX対応。必要証拠金やレバレッジは、取引計算ツールで簡単計算

これはexness(エクスネス)日本語の公式サイト取引計算ツールできます。

exness 公式サイトはこちら

レバレッジの利用

レパレッジの仕組みの基本がわかれば、これにより大きなチャンスが生まれること、そして同時にトレーダーにとって大きな課題となることもわかるでしょう。

実際に取引するにはある程度のレパレッジは必要です。

1ロットのドル円(USDJPY)を取引するのに10万ドル(約1,000万円)を入金できる、またはそうしたい人は、ほとんどいません。

ハイレバレッジは損失拡大のリスクも

実際のレパレッジは取引の収益、損失どちらも増大させます

これは、より大きな額を取引することで、成果(利益または損失を出していても)を効果的に増幅させるためです。

ハイレパレッジを用いる際は特に、経験が浅く思慮に欠けたトレーダーは、経験を積んだトレーダーよりも多くの損失を被りやすくなります。

「レバレッジが高い」とはどれくらいか?

レパレッジの高低の基準は、残念ながら簡単に答えることはできません。

ヨー口ッパのFXブローカー(海外FX業者、海外FX会社)では1:200が既定となっており、多くの経験を積んだトレーダーはこれを「標準」レパレッジと捉えるでしょう。

一方、EU圏内、日本そしてその他の地域で個人トレーダーに許可される最大レバレッジは現状1:30、1:20となっており、取引する金融商品によってはさらに低くなります。

レパレッジの規制がなく、1:2,000のハイレパレッジ、希望すればそれよりも高いレパレッジで取引することが可能な国もあります。

トレーダーが自分で基準を決める

高いレバレッジを選択する前に自問すべきなのは「これだけレバレッジを高くしても、自分を律することができるか」ということです。

経験豊かなトレーダーの中には、新規取引を発注するのは証拠金維持率が200%以上の時のみにすべきであることを経験則としているトレーダーもいます。

このルールに従うと、ミ二口ツ卜の半分(0.05ロット)の合計額を同時に注文することはできず、さらに入金するか、レパレッジを上げることが必要になります(もしくはその両方)。

FX初心者は、ハイレバではなくローレバから始める

ただし始めたばかりの初心者は、小さい額でゆっくりと開始することが肝心です。

100ドルを入金し1:30のレバレッジを使うと、2つより大きいマイク口口ツ卜を注文しただけで証拠金維持率200%を切ることになります。

それでいいのです。

あらゆる取引は練習の絶好の機会となります。

取引量を少なくすることで、損失もより小さくなります(他の条件が同じ場合)。

ここまで学んだことを実践し自信がついてきたら、レパレッジを増やすことを検討してもよいでしょう。

すべてのトレーダーにとってどの位のレパレッジが理想的なのかは、定めることができません。

各トレーダーの目標、経験、経済状況、その他多くの事柄に左右されます。

とはいえ、無料デモ口座では様々なレバレッジ率や残高を用いた場合の影響を検証することができます。

レバレッジはリスクを増大し、損失の原因となるのか

端的に言えばそうではありません。

不適切な取引が損失を生み、思慮に欠ける取引がリスクを高めます

損失の発生原因には、非現実的な期待と貧欲さ、指値と逆指値の不適切な設定、取引の研究やこまめな検証の不足、その他さまざまなものがあります。

レパレッジ自体は損失を生むことはなく、リスクを高めるものでもありません。

と言いながら、実際には、レパレッジを用いない際に比べた損失(または収益)は大きくなります。

高いレバレッジと低いレバレッジの比較例

例えば、1:10のレバレッジで0.01ロットのユーロドル(EURUSD)を取引するとします。

残念ながら取引は20ピップ(20 pips)の損失に終わり、2ドル(約200円)の損失が発生してしまいました。

もしこのトレーダーが1:2,000のレパレッジを使用し、0.01ロットではなく2ロットを取引していたら、損失ははるかに大きいものとなります。

その場合、なんと400ドル(約4万円)も失うことになるのです。

レバレッジを使用することのメリット

正しく活用できるトレーダーにとっては、レパレッジによって結果が増幅されます。

上述のように、基本的にある程度のレパレッジは必要です。

トレーダーにとって、必要証拠金要件と取引の時間を有効にする為です。

極端な例ですが、レパレッジを用いず、3か月で100回の取引を行い、毎回2ドル(約200円)分の注文を決済するとします。

そのうち60%の取引で2ドル(約200円)の利益が出るとすると、3か月間で100回の取引の収支はいったいいくらになるでしょうか?

・・・わずか40ドル(約4,000円)です(100回 x 60% x 2ドル – 100回 x 40% x 2ドル = 40ドル)。

これはほとんどの人にとって、時間を費やす価値のある額とは言えません。

低いレバレッジで取引した時の損益計算

もしこの取引を1:100のレバレッジで行っていたら、同じ条件で3か月での利益は4,000ドル(約40万円)となります。

もちろん、もし利益と損失の割合が逆転すると、1:100のレバレッジは同じ期間で4,000ドルの損失を出すことになります。

スキルがあり結果を出せるトレーダーであれば最低限、比較的高いレパレッジを活用することに恐れを抱いてはいけません。

レパレッジは、取引で結果を出せるトレーダーにとっては価値のあるものです。

逆に、経験の浅いトレーダーは必要以上のレパレッジを用いることに注意しましょう。

自分のスキルをわきまえる

レパレッジを用いるにせよしないにせよ、取引にはリスクが伴います

潜在的に大きな収益が期待できる金融取引にはリスクが伴います。

ハイレパレッジで取引をし、リスク管理を行わなかった場合は多額の資金を失うことになるでしょう。

ただし、レパレッジを用いずともリスクを管理しなければ、それでも資金を失うことになるでしょう。

レバレッジの高さより、リスク管理を追求

損失額はより低くなるものの、損失はあり得るのです。

トレーダーとしての自信はどの程度ありますか?

自信がない方は、実際の資金での取引ではレバレッジを可能な限り低く抑えるのが賢明でしょう。

とにかくまずはデモ口座で練習することです。

一方、コンスタン卜に利益を出せて、自分に適していると判断できるなら、レパレッジを増やしても良いでしょう。

exness(エクスネス)が提供するレパレッジは1:2からで、一定条件を満たせば1:無制限を使用できます。

exnessの公式サイト(exness.com)

レバレッジ無制限口座開設ボーナス 3,000円

海外FX業者 Exness(エクスネス)の口座開設ボーナス 3,000円!レバレッジ無制限で証拠金プレゼント!受け取り方

みんなで海外FXで、3,000円の証拠金(ボーナス)をプレゼント中!

exness(エクスネス)で口座開設して、レバレッジ無制限にレバレッジ変更できたらもらえる!

受け取り条件は、レバレッジ無制限口座の開設&受け取り申請をするだけ!

キャンペーン 参加はこちら

レバレッジ無制限口座開設ボーナス 3,000円の詳細は、キャンペーンページをご確認ください。