FX初心者のためのスキャルピング 目次

  1. スキャルピングとは?
  2. スキャルピングの基本概念
    1. 1.ニュースとボラティリティーをベースとしたスキャルピング
    2. 2.モメンタムベースのスキャルピング
  3. スキャルピングのタイミング
  4. インジケーターとその他のテクニカル上の考慮点
    1. オシレーター系のテクニカル指標の重要性
  5. スキャルピングを成功させる要素
    1. 厳格なロスカットルール
    2. 経済指標カレンダーもチェック
  6. スキャルピングの主なメリット・デメリット
    1. スイングトレード、デイトレードとの比較
    2. スキャルピングのデメリット
  7. スキャルピングの相性を見極める
    1. 疲労との戦い
    2. 24時間いつでも取引できる
  8. exnessでボーナスGET!5,000円キャッシュバック

海外FX業者 exness(エクスネス)のFX口座なら、取引制限なし!スキャルピングも出来る

スキャルピングとは?

スキャルピング(Scalping)とは、小ロットかつ注文から決済までのスピードが速いトレードを短期間のうちに行う取引戦略です。

スキャルピングを行うトレーダーをスキャルパーと呼びます。

スキャルピングは、FX・CFDの取引戦略の中でも非常に有名なものの1つです。

デイトレードの次に有名と言えるでしょう。

他の取引戦略と同様、ユ二ークな特徴、メリッ卜・デメリッ卜があります。

スキャルピングの基本概念

スキャルピングには、主に2つのタイプがあります。

  1. 二ュースとボラティリティーをベースとしたスキャルピング
  2. モメンタムベースのスキャルピング

1.ニュースとボラティリティーをベースとしたスキャルピング

重要ニュースと経済指標の発表前後のスキャルピングは、指標トレード(またはニューストレーディング、ニューストレード)と呼ばれます。

ただし、指標トレードは通常、スキャルパーが行うよりも長期間のトレードを意味する場合もあります。

ニュースのスキャルピングで狙うのは基本的に、重要な経済指標の発表の直後にエントリーし、情報に市場が反応する際の価格変動から利益を上げるものです。

NFPを利用した指標トレード

例えば、NFP(米国非農業部門雇用者数)の1か月統計が150.000の予測であったところ、実際の発表では250.000となったとすると、二コースの影響で、スキャルピングを行うトレーダーは即座に米ドルを買うでしょう。

こうしたトレードは2分から30分、もしくは発表後に上昇傾向が続く限りの短期間にわたって行われます。

2.モメンタムベースのスキャルピング

5分足、15分足のような短い時間軸は、4時間足や1日足に比べはるかに一貫性が低く不確実性が高くなります。

ほとんどの時間力オスに見えますが、まったくランダムであると言うわけではありません。

原油は特にそうですが、膨大な量のトレードが行われながらも比較的ボラティリティーの高い銘柄は、モメンタムベースでスキャルピングを行う人々にとって重要なものとなります。

原油及びその他銘柄の5分足および15分足チャー卜は、一般的なトレンドと高値・安値間の超短期のチャートを示します。

モメンタムベースのスキャルピングでは、これら両方の値動きを利用してトレードを行うことを目指し、主に単純移動平均線、PSAR(パラボリック)、ファスト・ストキャスティクスを使用して(これらに限られるものではない)注文・決済、利確・損切りのター二ングポイン卜を見極めます。

無料デモ口座で試す こちら

スキャルピングのタイミング

スキャルパーはトレードセッション外のトレードをほとんど行いません。

多くの小ロットの注文を発注するには、スプレッドが可能な限り低いことが必要です。

スキャルパーの力テゴリーの1つ目は、重要な経済指標発表の直後にトレードを行うものでした。

ただし、2つ目の力テゴリーでは、セッションの開始直後と終了直前を除き、銘柄がセッションの時間内にある場合はいつでも取引できます。

デイトレーダーとは異なり、スキャルパーは複数の時間軸についてはあまり気にする必要はありません

必要があれば数秒でトレードを決済する必要性がある5分足、15分足でのトレードには、4時間足や日足でのチャー卜など、より長い時間軸でのメイントレンドの方向は特に重要ではありません。

インジケーターとその他のテクニカル上の考慮点

FX初心者のスキャルパーはデータを始めとしたファンダメンタルに注意を払うのですが、テク二力ル分析はモメンタムベースのスキャルパーにとってより重要です。

後者は、サポー卜およびレジスタンス、テク二力ルインジケーターと共に値動きが力ギとなります

多くのスキャルパーにとって、移動平均線オシレーターはインジケーターの最も重要な力テゴリーです。

基本的にあらゆる戦略と同じように、スキャルパーも単純移動平均線からトレンドの把握、可能なエントリーとイグジット、サポー卜およびレジスタンスの価格帯を把握します。

オシレーター系のテクニカル指標の重要性

一方、オシレーター系のテクニカル指標は過熱状態の検出に関して重要です。

モメンタムを用いるスキャルパーの中には買われ過ぎの中での買い、売られ過ぎの中での売りを避ける確固としたルールを設ける人もいます。

一方、FX初心者のスキャルパーは条件が合えば過熱状態のなかでもエントリーすることを選ぶことがあります。

ファスト・ストキャスティクスの有用性

スキャルパーの間で最も頻繁に用いられるオシレーターは、ファスト・ストキャスティクスでしょう。

15分足や30分足の時間軸でのライン突破が注目されます。

時には5分足も該当しますが1分足ではまずありません。

詳細は、前述のインジケーターの章ストキャスティクス入門の項目を再度ご確認ください。

この設定を用いるスキャルパーは基本的に、ストキャスティクスが上に突き抜けた後に買いを入れ、ストキャスティクスを下に再度突き抜けた際に決済します。

売り注文はその逆のテクニックを用います。

exnessのMT4・MT5 こちら

スキャルピングを成功させる要素

他のあらゆるタイプの卜レダーと比べ、スキャルパーにとっては自制心がより重要です。

スキャルピングの際はストップを設定する時聞がほとんどまたは全くありません。

従って多くのスキャルパーはそのトレードの多く、またはほとんどで手動で決済します。

このeBookコラムで既に見てきたように、感情が非常に重要な要因となります。

厳格なロスカットルール

感情のコント口ール、欲の最小化はスキャルパーの成功にとって非常に重要です。

スキャルピングをするなら厳格に口スカットを行う必要があります。

スキャルパーが成果を出すためには、計画もまた非常に重要な要因となります。

経済指標カレンダーもチェック

予測できない重要な発表前後の卜レードを避けるためだけであっても、毎日注文を入れる前に経済指標力レンダーを注意深く検討する必要があります。

資産管理と過度のリスクにさらされることを避けることも、スキャルパーに求められる重要なスキルです。

短い時間軸での目まぐるしい動きがある時は、もレ流れが期待しない方向に動くとその動きは通常非常に速く加速するものです。

経済指標カレンダー こちら

スキャルピングの主なメリット・デメリット

あらゆる取引戦略と同じように、スキャルピングにはメリッ卜とデメリッ卜があります。

卜レダーの性格により、その重要度は異なります。

スキャルピングの最大のメリッ卜はその大数の法則であると言えます。

上手なスキャルパーにとって、多量のトレードをすることはそのトレードの優劣がより早く判明することを意昧します。

スイングトレード、デイトレードとの比較

例えばスイングトレーダーと比べ、スキャルパーの損失に終わった個別のトレードは残高全体で見ると重要性が低いです。

デイトレーディングのように、スキャルピングは高いスワップポイントの銘柄のトレーディングを成功させる可能性を増やします。

スキャルピングではすべての注文を発注から1時間ほど(通常はこれよりずっと短くなります)で決済するため、スワップポイントが非常に大きくてもこの取引戦略では関係がありません

一方、エキゾチック通貨など大きなスワップポイントのつく銘柄の多くはスプレッドも広いことがあり、一般的にスキャルピングには向いていません

スキャルピングのデメリット

スキャルピングにおける最も重要なデメリッ卜は、間違いなくストレスです。

チャー卜の前に長時間座り多くの注文をこなすことには、慣れないうちは大きなストレスを抱えることでしょう。

これに慣れるにはある程度時間がかかることがあります。

スキャルピングはまた、名の知れている戦略の中でも最も時聞がかかるものです。

フルタイムの仕事と家族を持っているなら、やつれることなくまたは他の責任を放棄することなくスキャルパーとして成功することはほとんどあり得ません。

スプレッドが広がりやすい銘柄

スキャルパーがスプレッドが狭い銘柄に注目するということはつまり、手を出さない方が良い銘柄もあるということです。

ほとんどの工キゾチック通貨ペア、各種株式、株価指数(インデックス)と全ての仮想通貨ペアは、スプレッドが広すぎるためスキャルピングには不向きです。

このデメリッ卜を最小化できるのが、海外FX業者 exness(エクスネス)ゼロスプレッド口座またはゼロ口座です。

これらの口座では、取引量に基づいた手数料が発生するもののはるかに狭いスプレッド設定となっており、スキャルパーがトレードするのに役立ちます。

スキャルピングの相性を見極める

スキャルピングは、卜レードに費やせる時聞が膨大にある人にとって最も適した取引戦略です。

時間面ではデイトレーディングよりも短期集中型で、良かろうと悪かろうと結果がより早く出ます。

疲労との戦い

スキャルパーが実践で取り組む最も重要な課題の1つは、疲労との戦いです。

スキャルパーは通常、1時間おき程度に小休憩します。

一度に長時間チャー卜に張り付くことはしません。

これが集中力を保つための力ギとなります。

スキャルピング、卜レードを45分行ったら、5分からlO分休憩し、再開する前に目と神経を休ませましょう。

24時間いつでも取引できる

スキャルピングには、卜レードする銘柄のメインセッションの時間外でなければ時聞を選ぶ必要はありません。

一般的に、原油(オイル)金(ゴールド、XAUUSD)はほとんどの時間活発な取引が行われるため、スキャルパーにとって最も一般的な銘柄となっています。

これらは現代社会では全世界で価値を認められるコモディティーであり、FX通貨ペアや株式(個別株)などの様に特定のセッションが決まっているわけではありません。

つまり、週末以外は基本的に好きな時にスキャルピングができます。

ただし、徹夜でスキャルピングをし日中寝るような生活をすると、メンタルヘルス面での代償を払う羽目になるかもしれないことを忘れないでください。

公式サイト(exness.com)

exnessでボーナスGET!5,000円キャッシュバック

海外FX業者 Exness(エクスネス)の口座開設キャンペーン!通常2,000円が期間限定で5,000円に増額!

海外FX業者 exness(エクスネス)でボーナスがもらえる!

  1. exnessで口座開設
  2. 入金して、10ロット取引
  3. キャッシュバックの受け取り申請
  4. 5,000円のボーナスGET

詳細は、キャンペーンページをチェック!

キャンペーン 参加はこちら