海外FX業者 TradersTrust(トレーダートラスト、TTCM)の不定期コラム「原油取引ガイド」

原油取引

原油(オイル)の需要は常に高い水準にあるため、原油は非常に価値のある金融商品と見なされています。

エネルギーと消費のニーズが絶えず増加している現代社会の主要な世界的なエネルギー源である以外は、ガソリンやディーゼル、その他の石油化学製品など、需要の高い日用品にも精製されています。

そのため、需要と供給には圧力がかかることがよくあります

原油とは何ですか?

原油は、地面から掘削された液体燃料です。

輸送や暖房、発電、さまざまな石油製品やプラスチックの製造に使用されます。

主要な原油の種類

世界中の市場で取引されている数百種類の原油のうち、ブレント原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI原油)は、原油価格の世界的な基準として使用される2つの主要な種類です。

ブレント原油:ブレント原油は北海の油田から掘削されます。
ブレント原油は、アフリカやヨーロッパ、中東の原油市場の基準です。
WTI原油:主にテキサスやルイジアナ、ノースダコタにある米国の油田で掘削されます。
WTI原油は北米の原油市場の基準です。

原油取引の始め方 コチラ

原油価格はどのように変動しますか?

原油価格は非常に変動しやすく、主に需要と供給、市場心理の影響を受けます

需要が供給を超えると、石油価格が上昇します。

商品先物の需要が供給レベルよりも低い場合、石油価格は下落します。

原油価格の変動要因

原油の需要と供給に影響を与える最も一般的な要因は、次のとおりです。

  • 自然災害
  • 地政学的状況(戦争、社会不安)
  • 世界経済のパフォーマンス
  • 季節的な需要
  • 人口増加
  • 配送状況
  • 運賃
  • グローバル石油在庫
  • 再生可能エネルギーの進歩
  • OPECの影響

どのようにして原油を取引できますか?

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)では、英国のブレント原油と米国のWTI原油のCFD取引が可能です。

原油市場の価格変動の予想に基づいて、ロング(買い注文)またはショート(売り注文)のポジションを開くことができます。

TradersTrust 公式サイトはこちら