金・銀に続く人気の貴金属「プラチナ(Platinum、白金)」の取引ガイド

金・銀の次に人気のプラチナ

最も価値のある貴金属のトップ3の1つであるプラチナ(Platinum、白金)は、世界のマーケットで24時間取引されています。

世界の政治・経済が安定している期間中は、プラチナの価格は金よりも高くなる傾向があります。

理由は、プラチナの年間採掘量が金(Gold、ゴールド)よりも大幅に少なく、1オンスあたりの採掘コストが2倍になるためです。

プラチナの需要と供給

プラチナも工業用金属と見なされており、有害な排出物を削減する自動車用触媒の製造に使用されるため、その価格は主に自動販売と自動製造によって決定されます。

宝飾品としては、プラチナは世界で2番目に大きな市場であり、石油産業、化学産業(精製・触媒)、コンピューター産業がそれに続きます。

プラチナは、主に南アフリカロシアで採掘されています。

そのため、プラチナは不当な取引制限(カルテル)を受けやすく、価格の下支えや人為的な価格上昇の可能性があります。

プラチナは、ボラティリティーの高い貴金属の1つです。

公式サイト(traders-trust.com)

プラチナ取引をする理由

多くのトレーダーは、ポートフォリオを多様化し、通貨の弱さ(米ドルの切り下げなど)や株式市場の変動からリスクヘッジするためにプラチナを取引します。

また、プラチナやその他の貴金属は世界的な不安や高インフレの時代でも、その価値を維持できるため、安全な避難所と見なされています。

例えば、金は安全資産と呼ばれたりします。

最新のマーケットを確認する

プラチナスポット

金・銀・プラチナなど貴金属は、世界中の複数の取引所で、複数のタイムゾーンで取引されています。

プラチナスポットは、取引量が最も多い、最も活発な先物契約に基づいて計算されます。

プラチナスポットとは、取引期限のある商品先物ではなく、FXのように取引期限のない取引です。

プラチナ価格に影響するもの

以下が、プラチナの価格に影響を与える可能性のある主な要因です。

  • 産業利用の需要
  • 各国の金利
  • 世界的なインフレ
  • マクロ経済動向
  • ダウ平均などの主要株価指数の動き
  • 金融政策
  • 財政政策
  • 社会の安定/不安
  • 外交関係など

10年以上の長い実績を持つ信頼できる海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)なら、トレーダーにとってメリットのある取引環境と取引条件で金・銀・プラチナなどの貴金属を取引できます。

金・銀・プラチナ取引はこちら