FXのピップ(Pips)とは?

その名前が示すように、ピップ(Pips)はマーク価格の一部であり、資産の価格を決定する最小単位の数字です。

主なFX通貨ペアの価格を見ると、それらは小数点以下4桁または小数点以下5桁の数字で構成されています。

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)のコラム「FXのピップとは?」

コンマの前の最初の数字は整数です。 以下の数字は小数です。

例えば、ユーロドル(EURUSD)の通貨ペアでは、画像の時点で、1ユーロは1.20397ドルの価値があることがわかります。

通貨の価格変動の最小単位

次に小数を数えると、5つあります。

小数点以下第四位はピップ(Pips)と呼ばれ、100分の1パーセントを表します。

この例では、数値は9になります。

一般に、ピップは銘柄の価格が変化する可能性のある最小の部分であると言えます。

概念を定義すると、ピップは100分の1パーセント(0.0001)を表す外国為替ペアの小数点以下第四位であると言えます。

ピップはどのように計算されますか?

小数点以下第四位(またはピップ)の価値は、1万分の1または0.0001を割ることによって計算されます。

したがって、取引を開始するときは、投資に0.0001を掛けるだけとなります。

0.0001 × 4.000 = 0.4

したがって、上記の例ではユーロドルがいずれかの方向に動くするたびに、売り注文・買い注文に応じて0.4ドルの利益または損失を得ます。

ピップとは何ですか?

先のように、ピップはFX通貨ペアの最小の変化として表現することができます。

したがって、この小数は任意の通貨を取引するときのガイドとなります。

経済ニュースを見ると、小数の違いだけでユーロが米ドルに対して多かれ少なかれ高く評価されていることがわかります。

大きな変化ではありません。

例えばある日は1.2023になり、翌日は1.2028になります。

取引におけるこれらの小さな変化は、大きな利益または損失につながる可能性があります。

ユーロドル(EURUSD)の例

これが、ここ数年で取引が非常に人気になった理由の1つです。

ユーロドルが2か月、3か月で1.20から1.16になった場合、どれだけの可能性があり、取引が短くなるか想像できますか?

上記は実際に、2020年10月に発生しました。

そのため、ピップが重要です。

ほとんどのFX通貨ペアでは、小数点以下第四位がピップと見なされます。ただし、日本円は小数点以下第二位までしか表示されません(この場合、日本円のピップを計算するには除算します)。小数点以下2桁しかないため、100分の1になります。

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)では、自動的に計算を行うピップ計算機をご提供しているため、トレーダーご自身で計算頂く必要はありません。

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)のコラム「FXのピップの計算方法」

いずれにせよ、ピップが何に基づいており、何に使用されているかを知ることは、より良い取引決定を行うのに役立ちます。

公式サイト(traders-trust.com)

何がピップの変化に影響しますか?

前述のように、FX通貨ペアのピップの日々の変動は最小限ですが、同時に、国の何百万もの損失または利益に変換されます。

ある通貨が別の通貨よりも高く評価される理由は何ですか?

答えは、国の社会的や政治的、経済的な状況に直接依存します。

新型コロナウィルスの影響の例

例えば、新型コロナウイルスのパンデミックにより、多くの国が規制の影響を受け、これにより多くの企業が閉鎖されました。

航空会社とホテル業界は特に打撃を受けました。

その結果、これらの企業は労働力の大幅な再編を余儀なくされ、社会に直接的な影響を及ぼしました。

その結果、スペインやギリシャなど、観光で生計を立てている国々は、収入源が影響を受けるのを見てきました。

これらのタイプの問題は、政治的決定や社会不安と同様に、通貨高の変化の直接的な原因です。

TradersTrustでは、トレーダーにより正確で現実的な価格を提供するために、小数点以下第五位まで提供しています。

公式サイト(traders-trust.com)