IronFX (アイアンFX)が中国で巻き込まれたデモ・係争について、取材から見えたことだけをまとめます。

IronFXの出金拒否の噂やネガティブ・イメージは、この中国の抗議活動が発端でした。まずは、中国で起きたIronFXのトラブルとはなんだったのか、確認してください。

ここ最近、他所でも何かと話題のIronFX (アイアンFX)についてのお話です。

IronFXは、7つの監督機関のもとで運営され、口座開設数だけでも数百万におよぶ名実ともに世界最大のFX・CFDブローカーの一つです。

2010年の創業以降、凄まじい勢いで世界市場への拡大に成功し、今現在、サポートをはじめ取引環境なども世界屈指の水準で提供されている海外FX会社です。

そんな中、ここ数ヶ月の間に中国でのトラブルとデモの噂、また日本居住者へのサポート停止などの話題がありましたが、今後のIronFXの活動はどうなるのでしょうか?

ということで、今回、関係各所と連絡をとってみて、そこで見えてきた事実をまとめてみます。

中国周辺で起きたデモ

2014年8月、中国では、IronFXを相手に20分間のライブ中継(テレビによる生放送)が行なわれました。

このライブ中継は、中国周辺で起きたデモの発端です。

その内容は、IronFXが大口アフィリエイターへの成果(報酬)の支払いを拒むというものでした。

この支払い拒否のライブ中継に続き、内容に同調したいくつかのウェブサイトで抗議デモへの参加呼びかけがあり、上海のIronFXのオフィスにてデモ活動が行なわれました。

これが中国で起きたデモ・暴動発生までの流れです。

アフィリエイターの不正発覚

また、このライブ中継は、IronFX側に事前の説明などは無く、アフィリエイターは今回の件でトラブルとなることを想定していてのテレビ中継だったようです。

具体的には、今回、最初にライブ中継を行ったアフィリエイターは、IronFXの代理店として活動し、膨大な数の顧客口座の開設を申請した大口のアフィリエイターでした。

しかし、このアフィリエイターが申請した口座のそのほとんどは、実在しない人間の身分証明などを使った虚偽のもので、アフィリエイター側はIronFXに不正がばれていることを承知でライブ中継という武器を手に乗り込んだようです。

上海オフィスでの珍事

また、おそらくこのデモに関連して最も有名なニュースで、中国のトレーダーがナイフを持って上海のIronFXのオフィスへ押しかけ、支店長を脅し出金を行なわないと殺すと警告したというニュースがありました。

私が住んでいる地域とは違い、大陸の人の熱さと本気度を感じるニュースです。

ちなみに、彼の出金申請は、通常の申請手続きにそって翌日に処理されています。

さらに拡大したデモ活動

その後、ナイフで脅して資金を奪還した彼の噂を聞き(実際は通常の出金処理ですが)多くのトレーダーが立ち上がった、というような内容で中国のテレビで連日報道が行なわれていました。

こうした報道とその一方的な煽りによって、出金申請すれば出金されるトレーダーと実際に不正を行った人間がごっちゃになってしまい、さらにデモが過激化してしまいました。

出金拒否はデメリットが大きすぎ現実的ではない

詐欺や不法な活動を行うブローカーは確かに存在しますが、世界各国で7つもの監督機関への登録やライセンスの保有をしているIronFX (アイアンFX)が堂々と不正や出金拒否、詐欺を行った場合、登録・ライセンスの抹消やはく奪となってしまいます。

IronFXほど大型のFX会社が、不正行為で利益をあげるというシナリオは現実的ではありません。

IronFXの主張

今回の事件に関するIronFX側の主張は、中国を拠点にするグループがキャンペーン(プロモーション)を悪用し、不当・不法な方法にて取引をしてボーナスを得ようとしたもので、今回のクレームはIronFXの名誉を毀損する行為であるということでした。

上記のような「出金できるはずの資金が出金できない」というトレーダーの主張は全て不当だとし、現在も弁護士を通し法律的な措置を進めているということです。

対抗するIronFXと処罰

この中国のグループに対しては捜査が行なわれていて、規約や契約を破る取引が確認された口座に関しては、ボーナス利用の規約に沿った制限をかけられているそうです。(それは、意外と軽い処罰な気がしますが)

IPOがからむとの噂も

また、今回の事件は中国周辺のデモにより業界では大きな話題とはなりましたが、一部では、今回の中国で始まったクレームは、NYSEでのIPO(株式公開)の噂と関連した名誉棄損行為ともみられています。

加えて、過去5年間にIronFXがCySEC他、7つの金融統制機関から苦情を受けたことは一度も無く、今現在も取引から出金まで各レギュレーションのコンプライアンスや規定に従い通常通り行なわれています。

結局はボーナス詐欺

こうして内容を整理すると、結局、どこの業界でもよくあるアフィリエイターのボーナス詐欺でした。これほどまでに大きな話になってしまったのは、マスメディアの力なのでしょうか。

近々IronFXからは今回の問題に対しての正式なコメントが発表されるようです。

徐々にあきらかになる事実と経緯をしっかり見守っていきたいと思います。

今後も、みんなで海外FXではIronFXの情報や続報をどんどん掲載します。

出し惜しみしませんので、ぜひ、チェックをお忘れなく♪