海外FX会社を選んだり、比較したりしていると、「出金拒否された」という噂や書き込みをよーく見かけると思います。

海外FX会社の出金拒否についての口コミや断定は、本当に尽きることがありませんし、やはり誰しもが一番に不安に思うところではあります。

今回は、その「出金拒否」というケースについてのお話です。

実際にどれくらいの人が被害に?

各レギュレーション (金融庁などの金融監督機関)の監督下にあるFX・CFDブローカーにおいて、出金拒否の被害にあっている、として報告され、それが認められた件数は、過去実績で数件と言われています。

これは現役の業界関係者との会話の中で出た数字ですが、もしかしてもしかすると、実際に詐欺を行ってレギュレーションから追放されたり、ライセンス剥奪、業界追放になっている海外FX会社以外 (今も通常営業しているFX会社)ではゼロかもしれません。

出金拒否とは、海外FX会社側が、故意にトレーダーに対して、利益没収や、海外FX口座 (海外口座/取引口座)への入金資金の出金を認めない、不本意な口座凍結という事象です。

これは、海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)にとって、保有ライセンスや登録金融当局での営業そのものに影響があることになります。

つまり、出金拒否を行うこと事態、海外FX会社にはデメリットが大きすぎ、実際には滅多に起きることがありません。

出金拒否報告のほとんどは、実は

出金拒否の訴えの中でも本当によくあるトラブルが、「出金方法が限られている (出金制限)」もしくは、「出金に関してルールがある (出金ルール)」際のトラブルです。

出金拒否とされる出金トラブルのほとんどが、トレーダーが海外FX会社のルールに従わない・出金方法を理解していないことで発生しています。

コンプライアンスとAMLは絶対順守!

こうした、出金方法の限定や厳しいルールはコンプライアンスやAML (アンチマネーロンダリング/マネーロンダリング防止)における処置になり、海外FX会社側としてはレギュレーションの監視下にある中で、絶対にルールを譲ることはできません。

そして、このようなケースの場合は、出金拒否ではなく、ただ出金方法が制限されているだけです。

出金方法を制限することで、海外FX会社が利益を上げるわけではなく、正しい出金申請や手順をふめば必ず出金されます

もし、似たようなケースに出金トラブルに遭遇してしまった方は、落ち着いて出金ルールを確認後、再度出金処理を進めて見られてください。

特に、近年は仮想通貨/暗号通貨のビットコイン (Bitcoin)などという暗号資産が出てきたこともあり、より厳しい入金ルール・出金ルールを課す会社が出てきています。

ボーナスがらみでも頻発のトラブル

上記の他によくあるのが、ボーナスに絡み、そもそもが出金不可の資金を出金しようするトラブルです。

ボーナスを狙い入出金を行うことは、もし許されていたとしても効率の悪い方法ですが、ボーナスがからむ証拠金の出金の際には必ずといっていいほど条件があります。

ボーナスをご利用の場合も、しっかり利用規約に目を通されてください。

分からない場合は、ボーナス受取り前に、カスタマーサポートへ連絡して、「ボーナス受け取り後は、通常通り出金はできますか? 出金条件・出金制限はありますか?」と質問するようにしましょう。

海外FXというグローバル企業で、英語に不安があるという方は、日本人による日本語対応窓口のある会社を選ぶことをおすすめします。

日本語対応 海外FX会社一覧

* 日本語対応窓口のスタッフが、必ずしも日本人とは限りませんので、予めご了承ください。

懲罰的な利益没収も

上記の他、たまにあるのが利益分の出金の拒否です。

このケースこそ、本当に出金拒否といえそうですが、その内容としては、行儀のよくないトレーダーへの懲罰的な部分も含みますので、やはり海外FX会社側の判断に軍配があがるケースとなります。

取引手法にもルールがある

海外FX会社よっては、ニュースタイム時の取引禁止 (ニュースタイム取引/ニュース取引)や、裁定取引 (アビトラージ)の禁止、窓開けを狙ったトレードの禁止など、取引手法について細かい制限があります。

それは、海外FX会社やサーバーを守るためで、果てはそこでFX取引を行うトレーダーを守るための制限です。

しかし、トレーダー側からすると、不透明かつ理不尽に感じてしまうこともあると思います。

それでも、ご自身で同意した利用契約のもと開設されたFX取引口座の中で、その契約された取引ルール・取引条件に従わない場合、やはり海外FX会社の方が有利な立場にいます。

また、何かしらのルールに違反し利益分が没収されてしまっても、入金金額分はトレーダーの資金なのでほとんどケースで全額返金されるはずです。

しかし、利用規約や海外FX会社の方針に従わなかった場合、その時、そのトラブルと状況次第ということもあり、どんな不都合が待ち受けているかはわかりません。

もし、ご自身の取引手法が特殊な場合や大ばくちを狙って何かしら仕掛けられるような事態があれば、事前にご利用の海外FX会社へ確認をされてみてください。

安心も油断も禁物!

ここまで説明しておいて矛盾することを書きますが、出金拒否というのは過去にそうした海外FX会社がいたから今でも不安を語り継がれるものとなっているわけです。

そして、いつだって何が起こるかわからないFX業界で、やはり油断は禁物です。

そのため、いつでも入金履歴や取引履歴はしっかり保存をして、自身の口座状況は確実に把握されてください。

海外FX会社側からの手違いや、単純なミスで入出金の金額が意図せず少ないこともありますし (よくあります)、もし、本当に詐欺にあわれてしまった場合にはその取引履歴が証拠となります。

もちろん、投資そのものがまたリスクを伴うもので、必ず全て自己責任です。

海外FX会社選びもその範疇だということをお忘れなく。

FXコラム (特集・連載)一覧