CFD先物とCFDキャッシュ。

MT4やMT5で取引できる銘柄の一覧にあってとても似ている先物とキャッシュ、なんとなく区別していても、特に差を感じていなかったり、それぞれの特徴をご存じでない方は多いと思います。

今回は、この2種類の銘柄の違い・差をご紹介します。

さっそく以下の表をご確認ください。

CFDキャッシュCFD先物
スワップありスワップなし
スプレッド狭めスプレッド広め
期限なし
(限月なし)
期限あり
(限月あり)

この表は、キャッシュ銘柄と先物銘柄の大きな違いをまとめています。

キャッシュには、期限がない

キャッシュ銘柄は、先物銘柄から派生した商品です。

そのため、値動きは同じとなります。

しかし、キャッシュ銘柄では、先物銘柄にある限月(期限)がないため、決済最終日やそれに伴うロールオーバーなどもありません。

キャッシュ銘柄はスプレッドが狭いかわりにマイナススワップが多い

キャッシュ銘柄は、通常、先物銘柄に比べスプレッド(手数料)が狭く設定されています。

しかし、キャッシュ銘柄は毎日スワップが発生し、マイナススワップの銘柄も多くスワップチャージにより損を被ることもたびたびあります。

短期と長期で使い分けが大事

CFDキャッシュ短期運用向き
CFD先物長期運用向き

CFDキャッシュ銘柄を中心に解説をしてみてましたが、違いと特徴はつかんでいただけましたでしょうか?

上記の特に2点目のスワップとスプレッドからキャッシュ銘柄は、短期での運用に向いています。

また、対して先物銘柄は、限月こそあれど中・長期での運用に向いているといえます。

通貨との関係も深い銘柄が並ぶCFDは、知れば知るほど強力に利益を後押ししてくれます。

個別銘柄ごとの特徴も研究をしながら、ぜひCFD銘柄もポートフォリオに加えてみてくださいね。