一般的にFX銘柄の金利(スワップ・ポイント)は、マイナスか為替差益に比べると微々たる収益です。
特にドルやユーロなどの低金利基準通貨の取引ではメリットも感じられず心理的抵抗ともなりがちなせいか、スワップ・フリー口座を求める声もよくお聞きします。

今回は、そうしたスワップ・ポイントをしっかり活かす方法をご紹介します。

くりっく365でも大人気の2つの通貨

今回、ご紹介するのは、くりっく365でもお馴染みの2つの通貨である「トルコ・リラ」と「南アフリカ・ランド」です。

取引をしていると、FX会社によってはTRYとZARとして一覧に表示されていますよね。

得たいの知れない通貨で、あまり手を出したくないと思う方もいらっしゃるとは思います。

しかし、今回はそう言わずに、まずはスワップポイントをご確認ください。

※MT4でのスワップポイントの確認は、「気配値表示」内にて右クリックし「通貨ペア一覧」を選択。確認したい通貨ペアの「プロパティ」にて確認できます。

一般的なプラス・スワップの日

以下は、各種メジャー通貨等の一日のスワップ・ポイントです。

EUR/JPY + 0.23ポイント
USD/JPY + 1.2ポイント
AUD/JPY + 2.3ポイント
XAU/JPY + 1.68ポイント

トルコ・リラと南アフリカ・ランドのスワップ・レート

以下は、トルコ・リラと南アフリカ・ランドの一日のスワップ・ポイントです。

EUR/ZAR + 13.68ポイント
USD/TRY + 24.85ポイント

※以上の数値はただの例です。スワップ・ポイントのないFX口座も存在し、スワップ・ポイントは口座毎・会社毎に異なります。

上記表の数字を比べると、スワップ・ポイントそのものにどれくらいの差があるのかはご理解いただけると思います。

では、具体的に、どうやってこのスワップ・ポイント(金利)を受け取るのか実践してみましょう。

USD/TRYで実践

米ドル/トルコ・リラを例に実践してみましょう。(2015年6月時点です)

USD/TRYの1ロットにて獲得できる毎日のスワップは、24.85リラです。

1リラの価値をアメリカ・ドルへ換算すると、0.37ドルほどとなります。

24.85リラ × 0.37ドル = 約9ドル

もし、ドル建ての口座をお持ちであれば、日々、9ドル強のスワップを受け取ることになります。
日本円建ての口座であれば、1100円強です。

トルコ・リラの魅力は、1ロットでも十分に伝わってきますね。

しかし、1ロット(10万通貨)のポジションを保有できるほど資金に余裕はない。という方もいらっしゃると思います。

そんな問題は、海外FX口座のハイ・レバレッジが解決します!

レバレッジ500倍前後であれば、1ロットのポジション保有に必要な証拠金は数万円(2015年6月時点で2万4千円ほど)です。

スワップ運用の確認すべき落とし穴

毎日稼げるスワップ・ポイントですが、もちろんリスクはありますので、以下にご注意ください。

スワップ・ポイントは、突然マイナスになることもあります。
スワップ・ポイントのアップデートは定期的ではなく、予測不可能です。
為替差益、売買の損失がスワップ・ポイントを上回ることがあります。
FX会社によっては、ポジションの長期保有に制限があります。
不明な点や取引手法については、事前に必ずサポートスタッフに確認しましょう。

上記のリスクを考慮すると、スワップ・ポイントでの運用は、計算だけでなく、実際の経験もとても大切になってきます。

まずは、1ロット以下から無理の無い運用ペースを検討してみてくださいね。

各通貨を扱うFX会社

最後に、トルコ・リラと南アフリカ・ランドの各種通貨の売買が行なえる海外FX会社の一覧をご用意しました。

トルコ・リラ/円を扱うFX会社一覧

南アフリカ・ランド/円を扱うFX会社一覧

追証の無いハイ・レバレッジを活かして、スワップ・ポイントともに賢く運用されてくださいね。