世界中の通貨を取引するのに、与えられた自由が「通貨ペアの選択」だけではもったいないと思います。取引する際の制約にも目を向けてみます。

ハイ・レバレッジ

ハイ・レバレッジでの運用のメリットは、資金的体力があればあるほど、少ない資金での運用の効率性があがることです。

ハイ・レバレッジは正しく計算をして自身の体力と相場観を冷静に分析できていないとただのハイリスクな投資ですが、しっかり管理できればこれほど有利な取引環境は他の投資には存在しないでしょう。

ハイ・レバレッジは、利益の近道ではなくあくまで利益に向かうための一つのツール(環境)であることはしっかり理解されてくださいね。

追加証拠金への対応 (0カット・ルール)

ハイ・レバレッジで勉強をせず、管理もせず、リスクを取りすぎたら、膨大な借金が残ります。
当然です。
急な相場変動に対応できず口座残額がマイナスになった場合は、投資家は支払いの義務があります(追証)。自己責任の元、バックれることはできません。

しかし、世界中のブローカーの中には、追証が発生しないルール、一般に0カットと呼ばれるルールを採用しているブローカーが数多く存在します。0カット・ルールがあれば、追証が0になります。(詳細は別ページで)

ただ、0カット・ルールにも、限度はあります。節度を守らないクライアントをブローカーが保護する義務はありません。ですので、0カット・ルールの使用もできる限りないように心がけましょうね。

自動売買への対応

自動売買ソフトへの対応は、市場でのニーズがあるので加えたルールです。
自動売買に関しては、やはり無視できない程の人気があります。愛用のEAについてついつい語ってしまう方も多いのではないでしょうか。

みんなで海外FXの管理人はEAを利用していません。
何度か利用はした経験はありますが、相場を楽しみたいので裁量で取引をしています。

しかし、自動売買が使えるプラットフォームを提供しているブローカーというのは、ブローカーのシステムの強固さのひとつの指標にもなるとも思います。みんなで海外FXでは、あまり自動売買の情報を掲載しないと思いますが、チェックだけはしっかりしていきますね。