FXとCFDで大事な3つの計算について

ここでは、ドル円などのFXと日経平均株価や原油、金などのCFDで必要な3つの計算の内の1つ「損益の計算(利益と損失の計算)」について、わかりやすく簡単に解説します。

MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)やMT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)などのFXの取引プラットフォームとして有名なソフトでは、注文前に値動きにともなう損益の目安が表示されたりしません。

トレーダーは、1円の値動きでどれくらいの利益や損失が生まれるのか?など、ある程度把握して感覚を持っておく必要があります

XM(XMTrading、XMトレーディング)Axiory(アキシオリー)などのいくつかの海外FX業者は、日本語の公式サイトで無料のFX計算ツールを提供していますので、それらもご活用ください。

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)の日本語公式サイトのFX計算ツール「取引計算ツール」。全銘柄、全取引条件の無料シミュレーション

ただし、ここで解説する計算方法は、全ての海外FX業者で共通するわけではありません。海外FX業者ごとに違うことがあります。

1.FX通貨ペアの場合

まずは、FX通貨ペアなどの損益の計算についてです。

FX通貨ペアでは、ピップなどの単位を使って、損益を計算します。

金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄とFX通貨ペアでは、損益の計算式が違いますのでご注意ください。

金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄の損益については、次の2.CFD銘柄の場合をご確認ください。

FXの利益と損益の確認方法と求め方

FXの利益と損益を確認する方法。損益の計算方法

MT4やMT5で実際に注文をすると上記のように、注文ごとの損益がリアルタイムで表示されます。

また、FX通貨ペアの利益または損失は、下記の計算方法(計算式)で求められます。

FXの利益と損益 =(決済時の価格 – 注文時の価格)÷ 1ピップの価値 × 取引ロット数 × 1ロットあたりの通貨量 × 1ピップの価値

例えば、ドル円(USDJPY)が100円の時に1ロット分の買い注文をして、101円で決済した場合は、以下の通りです。

(101円 – 100円)÷ 0.01円/pip × 10万円/lot × 1 lot × 0.01円/pip = 10万円

買い注文と売り注文で違う価格

海外FX業者の取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の価格。買い注文(BUY)と売り注文(SELL)

MT4やMT5で注文をすると、BUY(バイ)SELL(セル)の2種類の価格があることが分かります。

買い注文をするときは、BUYに表示されている価格で注文して、SELLで表示されている価格で決済します。

注文する時 決済する時
買い注文 BUYの価格 SELLの価格
売り注文 SELLの価格 BUYの価格

ピップ(Pip)の簡単解説

FXの損益計算では、買い値と売り値の幅のスプレッドでも使うPip(ピップ)という単位を使います。

Pip(ピップ、ピプ)は2や3などの複数形になると、Pips(ピップス、ピプス)と表現します。

ピップについて簡単に解説すると、例えば日本円では、1ピップが0.01円(1銭)と決まっています。

ただし、日本円では0.01円ですが、米ドルでは0.01ドルではなく0.0001ドル(0.01セント)となります。

1 pipの価値
日本円 0.01円
米ドル 0.0001ドル

1ピップの利益はいくら?〇〇ピップの利益を獲得、というピップで利益を説明することがありますが、実際には次のロット数とピップ数の簡単損益早見表でわかる通り、取引ロット数で1ピップの利益が変わります。

そのため、ピップについて詳しく理解するよりも、ロット数とピップ数の簡単損益早見表を使って、よく取引するロット数に応じた損益の目安を理解して下さい

ピップと損益の早見表

ピップの簡単解説はしましたが、最新の損益はMT4やMT5に表示されている通り、わずかな値動きに応じて変化するため、わざわざ損益を計算をしている余裕はありません

FXの損益は、みんなで海外FXの何ロット注文した時にいくらの値動きで、どのくらいの利益が出るのかわかる簡単損益早見表をご活用ください。

値動き[円] 値動き[pip] 0.01 lotsの損益 0.1 lotsの損益 1 lotの損益
0.01円 1 pip ±10円 ±100円 ±1,000円
0.05円 5 pips ±50円 ±500円 ±5,000円
0.1円 10 pips ±100円 ±1,000円 ±1万円
0.15円 15 pips ±150円 ±1,500円 ±1.5万円
0.2円 20 pips ±200円 ±2,000円 ±2万円
0.3円 30 pips ±300円 ±3,000円 ±3万円
0.4円 40 pips ±400円 ±4,000円 ±4万円
0.5円 50 pips ±500円 ±5,000円 ±5万円
1円 100 pips ±1,000円 ±1万円 ±10万円
上記はあくまでもドル円(USDJPY)の例です。

2.CFD銘柄の場合

次に、金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄の損益の計算についてです。

海外FX業者によっては違うこともあります。

ここでは、多くの海外FX業者での一般的なCFD銘柄の必要証拠金の計算について解説します。

CFD銘柄の利益と損益の確認方法と求め方

FXの利益と損益を確認する方法。損益の計算方法

FX通貨ペア同様に、MT4やMT5で実際に注文をすると、上記のように注文ごとの損益がリアルタイムで表示されます。

また、多くの海外FX業者で金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄の利益または損失は、下記の計算方法(計算式)で求められます。

CFD銘柄の利益と損益 =(決済時の価格 – 注文時の価格)× 取引ロット数 × 1ロットあたりの取引量

例えば、金(XAUUSD)が1,500ドルの時に1ロット分の買い注文をして、1,501ドルで決済した場合は、以下の通りです。

(1,501ドル – 1,500ドル)× 1 lot × 100 oz/lot = 100ドル = 約1万円

スワップによる損益の計算方法