FXとCFDで大事な3つの計算について

ここでは、ドル円などのFXと日経平均株価や原油、金などのCFDで必要な3つの計算の内の1つ「スワップポイント(スワップ金利)による損益の計算」について、わかりやすく簡単に解説します。

MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)やMT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)などのFXの取引プラットフォームとして有名なソフトでは、注文前にスワップポイントにともなう損益の目安が表示されたりしません。

トレーダーは、サーバー時間で明日まで注文を持ち越した場合にどういう仕組みでスワップポイントによる利益と損失が計算されるのか?など、ある程度把握して感覚を持っておく必要があります

XM(XMTrading、XMトレーディング)Axiory(アキシオリー)などのいくつかの海外FX業者は、日本語の公式サイトで無料のFX計算ツールを提供していますので、それらもご活用ください。

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)の日本語公式サイトのFX計算ツール「取引計算ツール」。全銘柄、全取引条件の無料シミュレーション

ただし、ここで解説する計算方法は、全ての海外FX業者で共通するわけではありません。海外FX業者ごとに違うことがあります。

1.FX通貨ペアの場合

まずは、FX通貨ペアでのスワップポイントによる損益の計算です。

どの海外FX業者でもドル円などのFX通貨ペアに関する必要証拠金や損益の計算方法は、基本的に同じです。

ただし、スワップに関しては、かなり複雑な計算になる海外FX業者もあったりしますので、ここでの説明もあくまで目安として下さい。

金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄とFX通貨ペアでは計算式が違いますのでご注意ください。次の2.CFD銘柄の場合をご確認ください。

FXのスワップポイントによる損益の求め方

FX通貨ペアとCFD銘柄では、通常、翌日まで持ち越した注文に対してスワップポイント(スワップ金利)という金利差分の利益の受け取りまたは損失の支払いが発生します。

正直なところスワップポイントによって生じる損益の求め方は、海外FX業者ごとに計算式が大きく違うため、ここではもっとも簡単な海外FX業者での例を解説します。

FXのスワップポイントによる損益 = 買いスワップまたは売りスワップ × 1ポイントの価値 × 取引ロット数

例えば、買いスワップが1ポイントのドル円(USDJPY)の買い注文を1ロット分して、サーバー時間で翌日まで持ち越した場合は、以下の通りです。

1 point × 100円/point × 1 lot = 100円

1ポイントの値がいくらか?というのは、海外FX業者ごとにも銘柄ごとにも違います。

マイナススワップや倍率に注意

海外FX業者のFX通貨ペアとCFD銘柄で、翌日まで注文を持ち越すと常にスワップポイントが発生して、金利差分の利益がもらえるわけではありません。

-10ポイントなどのスワップポイントにマイナスがつく銘柄と注文タイプでは、注文を翌日まで持ち越すたびに残高から金利差分の損失が差し引かれます

これらは、マイナススワップと呼ばれます。

海外FX業者の取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)でスワップポイントを確認する方法

本日のスワップポイントは、MT4とMT5なら、各銘柄の仕様(詳細)から確認できます。

スワップ発生のタイミングに注意

スワップポイントによる損益の発生が毎日1回や、スワップポイントが常に1倍とは限りません。

特に多くの海外FX業者で水曜日から木曜日は、スワップポイントが3倍になります。

スワップポイント
日曜日から月曜日 なし
月曜日から火曜日 1倍
火曜日から水曜日 1倍
水曜日から木曜日 3倍
木曜日から金曜日 1倍
金曜日から土曜日 1倍
土曜日から日曜日 なし

金曜日から土曜日のスワップポイントが3倍になる海外FX業者や、1日に数時間おきにスワップポイントが発生する銘柄もあったりします。

スワップは、多くの海外FX業者で、サーバー時間で日付が変わる深夜0時(日本時間で午前6時や午前7時)過ぎに発生します。

2.CFD銘柄の場合

次に、金などの貴金属や原油などのエネルギー、日経平均株価などの株価指数などのCFD銘柄でのスワップポイントによる損益の計算です。

海外FX業者によっては違うこともあります。

ここでは、多くの海外FX業者での一般的なCFD銘柄の必要証拠金の計算について解説します。

CFD銘柄のスワップポイントによる損益の求め方

FX通貨ペアと同様に、CFD銘柄でも、通常、翌日まで持ち越した注文に対してスワップポイント(スワップ金利)という金利差分の利益の受け取りまたは損失の支払いが発生します。

正直なところスワップポイントによって生じる損益の求め方は、海外FX業者ごとに計算式が大きく違うため、ここではもっとも簡単な海外FX業者での例を解説します。

貴金属CFD銘柄などのスワップポイントによる損益 = 買いスワップまたは売りスワップ × 取引ロット数

例えば、買いスワップが-5ポイントの金(XAUUSD)の買い注文を1ロット分して、サーバー時間で翌日まで持ち越した場合は、以下の通りです。

-5 points × 1 lot = -1ドル

スワップポイントによる損益の正確な計算方法については、各海外FX業者の公式サイトのスワップポイントに関するページやよくある質問などでご確認ください。