XM (XMTrading)より、国内銀行送金による日本円入金サービス利用停止のお知らせ

Eprotectionの三井住友銀行口座への入金による銀行入金が出来なくなります

XM (XMTrading)では、国内銀行送金による入金サービスが2019年2月時点で、利用できなくなります。 日本円での入金を希望するトレーダーには、bitwallet (ビットウォレット (旧mybitwallet))を経由した入金をおススメします。

Titan FX (タイタンFX)より、国内銀行入金の停止と、クライアントキャビネットのリニューアルのお知らせ

日本円での入金はオンラインウォレット bitwalletで継続して可能です

Titan FX (タイタンFX)では、2019年1月から2月にかけて、入金手段およびトーレーダー専用のポータルサイトの見直しを行います。 サービスの変更および、利用制限に十分ご注意ください。

XM (XMTrading)より、一部のお客様へ「サーバー変更」に伴う口座移動のお願い

接続サーバーの切替対象の取引口座は、未決済注文の決済が必要です

XM (XMTrading)より、大事なお知らせです。 XMは、接続サーバーの切り替えを行いますので、一部の設定変更の対象となる取引口座をお持ちのお客様へ、口座の移動をお願いしています。 口座の移動に伴い、現在のオープンポジションは決済する必要がありますので、ご注意下さい。

Spotwareより、cTrader「オープンAPI 2.0」提供開始および「ヘルプセンター」立ち上げのお知らせ

最新APIでは、処理速度改善 & 必要証拠金の表示機能が追加

cTrader (Cトレーダー)のオープンAPIにおける新しいバージョン・アップグレードに関するお知らせです。 トレーダー側では、APIの組まれたシステム提供者側の設定により、利用可否が分かれますが、メタトレーダー (MT4およびMT5)とは異なるcTraderの最新ニュースをぜひ一度ご確認下さい。

FBS 入金方法に新しく「STICPAY (スティックペイ)」が登場・対応開始

日本語対応・日本円入金可能なオンラインウォレット STICPAY

FBSが、日本円対応・日本語サービス対応のオンラインウォレット「STICPAY (スティックペイ)」に対応開始しました。 100円からの少額投資 & 最大3,000倍のハイレバレッジ & 損失補てん (借金なし、追証なし)のゼロカットの海外FXなら、FBSがおススメです。 さらに、FBSは、2018年12月から、iPhoneやロレックス、さらに高級車メルセデスベンツなど、豪華プレゼントのキャッシュバックキャンペーン「ロイヤルティプログラム」を始めました。

FBS 口座開設キャンペーン「ボーナス123ドル」・「ボーナス50ドル」終了のお知らせ

FBSの口座開設ボーナス (未入金ボーナス)が、2019年1月で終了

FBSで人気の口座開設キャンペーン「ボーナス50ドル」および「ボーナス123ドル」が、2019年1月をもって提供終了となります。 口座開設ボーナスの新規提供期限や、利用期限、利益の取扱いについて、ご確認下さい。 また、FBSでは、2つの口座開設キャンペーン終了と同時に、新しいボーナスの提供の予告をしておりますので、最新ニュースにご注意ください。

TradersTrust (トレーダーズトラスト)より、レバレッジ制限および休眠口座条件の変更についてお知らせ

残高に応じたレバレッジ規制が緩和、休眠口座の維持手数料が撤廃

TradersTrust (トレーダーズトラスト)では、サービスのリニューアルを図っており、取引銘柄の追加やレバレッジ制限、口座維持費の無料化など、取引環境の改善も行っています。

TradersTrust (トレーダーズトラスト)より、仮想通貨 ビットコイン入金方法の変更に関する案内

よりスムーズで、セキュアなBitcoin入金で、ハイレバレッジ500倍の海外FXを始めよう

TradersTrust (トレーダーズトラスト)は、日本円にして 約20万円以上のビットコイン入金の際に、2つの画面キャプチャを提出することで、より簡単でスムーズに処理が行われる入金方法へと変更をしました。

TICKMILL (ティックミル)より、お住まいの国や地域に応じたウェブサイト/ライセンスの選択についてお知らせ

EU圏外のお客様は、セーシェル口座 (Tickmill Ltd, FSA SC規制)を選択

TICKMILLのオフィシャルホームページにて、ESMAによる制限を受ける「イギリス口座 (Tickmill UK Ltd, FCA英国規制)」のウェブサイトへのあんないポップアップが表示される場合があります。 EUを含むヨーロッパ圏外にお住まいのお客様は、ウィンドウ右上の閉じるボタン (×)をクリックするか、ウィンドウ枠外を一度クリックして下さい。

IFC Markets、FxProより、イギリスEU離脱合意案の採決に伴う、取引制限・取引条件変更について

英国のブレクジットの影響によるレバレッジ制限や新規注文停止、スプレッド拡大に注意

2019年1月15日にイギリスの下院で議決・採決される英国EU離脱合意案「ブレクジット」に関連した注意喚起です。 市場の動き次第で、IFC Markets (IFCマーケット)およびFxPro (FXプロ)では、新規注文の一時的な停止やレバレッジ制限などを行う可能性があります。