ThinkForexに、原油の投資信託はありますか?

いいえ、ThinkForexでは、原油の投資信託に準ずる銘柄および金融商品は取り扱っていません。 原油関連の投資について、ThinkForexでは、WTIとBrentの2種類の原油のCFD銘柄がMetaTrder 4で取引可能です。 詳細はThinkForex 公式サイトでもご確認ください。 ThinkForex 公式サイトへ ※現在ThinkForexでは、日本居住者の口座開設を受け付けていません。(2016年1月現在) 人気ランキングへ

ThinkForexで投資信託は取扱いしてますか?

ThinkForexでは、投信信託やそれに準ずる銘柄および金融商品の取り扱いはありません。 ThinkForexは、オンラインFX・CFDブローカーです。 取引可能な商品としては、FX通貨・原油・貴金属・株式指数CFDなどです。 ※現在ThinkForexでは、日本居住者の口座開設を受け付けていません。(2016年1月現在) 人気ランキングへ

VIX指数

VIXとは? VIX指数とはVolatility Index(ボラティリティ・インデックス)の略です。 VIX指数(ヴィックス指数)と発音します。 VIX指数は、アメリカのシカゴオプション取引所(Chicago Board Options Exchange、CBOE)が発表しています。 VIX...

XM(XMTrading)のゼロカットとは?ハイレバでも、借金のリスクがないゼロカットの仕組みを徹底解説

海外FX業者 XMTradingは追証なしのゼロカット対応。なぜ、XMTradingはゼロカットができるのか?まで分かりやすく解説

海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)は、FX取引で損失が出ても借金が発生しないゼロカットを採用しています。 ゼロカットとは、追証なしと表現される海外FXの特徴の一つです。 例えば、国内FX業者ならマイナス残高になった際の損失補填の...

金融庁が仮想通貨の業界団体を自主規制団体として認定

日本仮想通貨交換業協会が、自主規制ルール策定、会員の検査や処分の権限をもつ正式な自主規制団体に

金融庁が、仮想通貨の業界団体である「日本仮想通貨交換業協会」を、仮想通貨業界の自主規制団体として正式に認定したと24日に発表した。 自主規制団体 自主規制団体は自主規制機関とも呼ばれ、業界内のルールを定める期間として出版や映像などあら...

日本で仮想通貨のファンドが公募開始

仮想通貨ヘッジファンド「ディジアセ」が日本で公募、幅広い意味での仮想通貨で運用

資金を集めて仮想通貨に投資をするファンドが、15日に日本で公募を開始した。 ケイマン諸島の「ディジアセ」 このファンドは「ディジアセ」という名前で、管理会社はケイマン諸島にある「キャピタル・ストラテジーズ・トラスト-エポック・デジタル...

NISA利用者は「5年後」に要注意

NISAスタート以来初めて非課税期間が終了、「5年後」の落とし穴にはまらないよう上手に利用しよう

NISA(少額投資非課税制度)が2014年1月から実施されて、間もなく5年が経とうとしている。その後はジュニアNISAなども導入され、NISA自体はかなり定着してきた。しかしNISAの非課税期間が「5年」と定められているため、初期から利用している人は今年末までに何らかの対処をしなくてはならない。

なぜ承認されない?!ビットコインETF

SEC (米証券取引委員会)は、計9件のビットコインETFを拒否

アメリカで上場を申請していた9件のETFが、SEC(証券取引委員会)によって22日に全て却下された。 この9件の前にもビットコインETFの申請はいくつも行われていたのだが、それらも全て却下されてきた。 ビットコインETFの上場はそれほど難しいのだろうか?

スウェーデンに米ドル建てビットコインETNが上場

ビットコインETNとETFの違い、ETNのメリットについて解説

ビットコインETN、米ドル建ては世界初 スウェーデンの取引所で、今週15日に米ドル建てのビットコインETN(上場投資証券)が上場した。 米ドル建てのビットコインETNは世界初。 ビットコインETNは、2015年から上場している スウェーデンでは通...