世界最大級の仮想通貨取引所バイナンス (Binance)で緊急メンテナンス - 仮想通貨「SYS」が異常高騰、取引・出金共に停止後はAPIリセットを告知

中国資本の世界最大級の取引所バイナンス(Binance)が、4日早朝から緊急メンテナンスに入った。市場ではハッキング事件があった観測も流れている。 Binance 公式サイト バイナンスは中国資本の仮想通貨取引所で、香港で事業をスタート。その後は本...

金融庁が仮想通貨の規制を金融商品取引法に移行する検討 - 産経新聞が報道、利用者保護を強化

仮想通貨規制の移行を検討 改正資金決済法から金商法へ 金融庁が仮想通貨関連の規制の法律を、現在の改正資金決済法から金融商品取引法に移行することを検討している模様。 改正資金決済法とは 資金決済法はもともと商品券やプリペイドカードなど...

Facebookが仮想通貨の広告禁止を部分的に解除 - 条件付きで許可へ、ICO関連は今後も禁止

SNS大手のFacebookが、今年1月に全面禁止すると発表した仮想通貨関連の広告出稿を、今週になって部分的に解禁した。 FBは、1月に全世界で仮想通貨広告を禁止 Facebookは仮想通貨の広告に「不誠実なものが多い」という理由で、今年1月には全世界で禁...

LINEが海外で仮想通貨取引所を開始へ - 仮想通貨同士の取引に対応する仮想通貨交換サービス「BITBOX」を7月から

LINEは、海外で仮想通貨取引所を設立 スマホでコミュニケーションアプリを提供するLINE(銘柄コード:3938)が、2018年7月をメドに仮想通貨取引所を開始すると発表した。 ただしこのサービスは海外になり、日本では提供されない。 LINEが設立する...

麻生財務相は仮想通貨の分離課税に消極的 - 「国民の理解得られるか疑問」

麻生財務相が最近行なわれた参議院予算委員会で、仮想通貨取引による利益の課税を現在の総合課税の雑所得から分離課税にする措置に対し、「国民の理解を得られるか疑問」と述べて消極的な姿勢を示した。 仮想通貨は、総合課税の雑所得扱い 仮想通貨...

やはり難しかった仮想通貨の復活 - ビットコインは7か月ぶりの安値

昨年12月にピークをつけて以来下落が続いている仮想通貨価格だが、最近になってビットコインは65万円を割り昨年11月以来約7ヶ月ぶりの安値になった。 昨年12月に230万円をつけた後も「ビットコインはまた上がる」と述べる者は結構いたが、実際にはそんな甘くはなかったようだ。

日本国内大手の仮想通貨交換業者 bitFlyer (ビットフライヤー)が金融庁による業務改善命令を受け新規口座受付停止

金融庁が仮想通貨取引所を運営する6社に業務改善命令 金融庁が22日になり、仮想通貨取引所を運営する6社に対して業務改善命令を下した。 bitFlyerは、新規口座の受付を停止 その中の1社であるbitFlyer (ビットフライヤー)は、この命令を受けて当...

仮想通貨のハッキング事件は決してなくなることはない

仮想通貨のハッキングによる流出事件が日本の国内外で相次いでいる。今月になって10日頃に韓国の仮想通貨取引所「コインレイル (Coinrail)」でハッキング事件があった後、19日から20日かけて同じ韓国のBithumb (ビッサム)でまたハッキングによる流出があった。 このような事件は、仮想通貨が存在する限りなくなることはないのではないか。

韓国の仮想通貨取引所でまたもハッキング被害 - 韓国の大手仮想通貨交換業者「Bithumb (ビッサム)」より約34億円の仮想通貨が流出

仮想通貨取引所Bithumbで約34億円相当が流出 韓国の仮想通貨取引所「Bithumb (ビッサム)」で、6月19日から20日の未明にかけて日本円にして約34億円相当の仮想通貨がハッキングによって流出した。 韓国では別の仮想通貨取引所でハッキング事件があっ...

複数の仮想通貨取引所に対し金融庁が業務改善命令へ - ビットフライヤーなど国内の大手仮想通貨取引所5社以上の見通し

複数の仮想通貨取引所に、今週中にも業務改善命令 金融庁が複数の仮想通貨取引所に対し、内部管理体制に不備が見つかったために今週中にも業務改善命令を出す見通しになった。 今回業務改善命令が出される見通しなのは、ビットフライヤーなど国内の...