ESMAが「バイナリー禁止」と「CFDの取引制限」による投資家保護を実施 - ESMA新規制の海外FXへの影響について

EU諸国を対象に、ESMA(European Securities and Markets Authority、欧州証券市場監督局)は、個人投資家へ向けたCFDおよびバイナリー・オプションのサービス提供に関して適切な措置を実行することを決定しました。既に、具体的な日付として2018年8月1日からの施行が決定しており、海外FX各社にて必要な対応を整理している段階です。海外FX各社で、取得しているライセンスや法人の運営スタイルが異なるため、日本に在籍するトレーダーへ、どの程度、どのような影響が発生するかは、各社のお知らせがあり次第、みんなで海外FXの新着情報・お知らせにてお伝えします。

HotForex (ホット・フォレックス)より、欧州証券市場監督局の新しいルールに伴う海外FX取引制限のお知らせ

HotForex(ホット・フォレックス)では、欧州証券市場監督局(ESMA)が定めた2018年8月1日からの新しいルールに適用すべく取り組んでおります。新ルールにより、レバレッジの制限が行われますので、十分にご注意ください。