Tradeview (トレード・ビュー)の取引口座毎の特徴をわかりやすく解説

MT4、MT5、cTraderの全てを網羅する海外FX会社

MT4、MT5、cTraderが選択できるTradeview(トレード・ビュー)には、合計6つの口座種類があります。 最大レバレッジほか、取引手数料、最小取引ロット、最低入金額などの口座毎の特徴・メリットを、一覧表でわかりやすくまとめています。

楽天がぐるなびと資本・業務提携へ - 楽天スーパーポイントへ統合、楽天は40億円出資「経済圏」拡大

楽天がぐるなびと資本・業務提携 オンラインモール大手の楽天が、飲食店予約サイト運営のぐるなびと資本・業務提携契約を締結。 今後はさまざまな分野で協力を進めていく。 楽天はぐるなびの第2位の株主となる 資本・業務提携契約を締結したこと...

長期金利が約1年ぶりに0.1%をつける - 昨年7月以来約1年ぶり。日銀は、長期金利上昇で今週2度目の「指し値オペ」

日本の債券市場では26日になって長期国債を売る動きが広がり、長期金利が急上昇。昨年7月以来約1年ぶりに0.1%をつけた。 国債の価格と金利は反対に動く関係にある。 日本の長期金利は今月初めから20日頃まで0.04%付近で安定していたものの、今週23...

仮想通貨の証拠金倍率を4倍以内とするルール策定か - 最大25倍程度から4倍以内、自主ルールで推奨

仮想通貨証拠金取引のレバレッジは最大4倍に 自己資金以上の取引ができる証拠金取引は仮想通貨にも広がっているが、仮想通貨の証拠金取引において証拠金倍率の上限を4倍とする業界内ルールを策定する動きが進んでいることがわかった。 証拠金取引と...

日銀が個人の投資信託保有額を膨大に誤計上 - 投信家計保有額、30兆円以上も過大統計

日銀が発表するさまざまなデータの中に個人が保有する投資信託の合計額があるが、それが30兆円以上という膨大な単位で間違っていたことが明らかになった。 個人による投資信託の保有額がこれまで知られていたよりも30兆円以上も少なかったことに、証券業界は衝撃を受けている。

日銀が次回の会合で異次元緩和の変更を議論へ - 次回の金融政策決定会合の日程

日銀が次回に開かれる金融政策決定会合で、異次元緩和の副作用を低減することなどを目的とした政策変更の可能性を議論すると報じられた。 次回の金融政策決定会合 次回の金融政策決定会合は、7月30~31日に開催される。 ここでは異次元緩和の政策...