日本マクドナルドに対し景表法違反で再発防止措置命令 - ローストビーフで不当表示、成型肉を表示せず

消費者庁、日本マクドナルドに景品表示法違反で再発防止措置命令 日本マクドナルドが2017年に期間限定で販売していたハンバーガーにおいて、テレビCMなどの画像で本来の肉とは別の種類の肉であるように見せかけていたため、消費者 …

米ドルに連動する新たな仮想通貨「Stronghold」が誕生へ - 米Prime Trustが開発、IBMが支援

仮想通貨というと、とにかく「値動きが激しい」のが特徴と思われがちだ。 たしかにビットコインなどの仮想通貨は値動きが激しい。 しかし法定通貨に連動(ペッグ)した仮想通貨があれば、価格は非常に安定する。 そしてアメリカでは、米ドルと連動する新たな仮想通貨を開発する動きが出てきている。

ワンコインで始める海外FX - 500円で海外FXを始めよう

海外FXは、500円以下の初期投資で始められます。1万円も必要ありません。海外FX各社は、1/100の取引量からスタートやゼロカットと呼ばれる追証なしの機能などで、お客目線でより気軽にFX投資がしやすい取引環境の提供を競っており、その結果がワンコイン500円のFXを実現しています。

事実上の縮小が進む異次元緩和 - 5年に及ぶ異次元緩和の振り返りと現状

異次元緩和政策が始まったのが2013年4月なので、すでに開始から5年以上が経過した。 日銀が目標とする物価上昇率2%の達成は見えないのだが、日銀は緩和を縮小したり終了するという話を全く出さない。しかし実際に国債の購入額は減少し、事実上の緩和縮小が進んでいる。

米ウォルマートが西友の売却を否定 - 「買い手候補との協議を一切行っていない」と西友売却報道否定

ウォルマートが西友売却報道を否定 傘下のスーパー・西友の売却を検討していると12日に報じられた米ウォルマート(銘柄コード:WMT)だが、13日までにその報道を否定し、「西友売却に関する協議は行なっていない」と発言した。 …

ブームは終わったが仮想通貨の普及は少しずつ進んでいる - 相次ぐ大手参入や独自仮想通貨発行

2017年は仮想通貨が世界的な大ブームになった年だった。そして2018年が明けると仮想通貨価格は天井をつけ、その後暴落。仮想通貨のブームは一旦終わりを告げた。 しかしブームが終わっても、仮想通貨自体の普及は少しずつだが進んでいると見られる。