SBI傘下の仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」が業務を開始 - 先行予約者限定、XRPのみでスタート

ネット証券大手のSBIホールディングス傘下にある仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」が、2018年6月4日から取引を開始した。 現在、取り扱いしている仮想通貨はリップルのみで、先行申込みに参加したユーザーのみを対象に限定的なサービス提供が始まっている。

カレンシー

政府、中央銀行によって発行され、通常使われ、取引にも使用される通貨を示します。 カレンシーを用いた言葉として、以下の用語があります。 カレンシー・ペア(Currency Pair): EUR/USDなど、FXを構成してる2つの通貨ペア カレンシー・ディプリシエーション(Currency Depreciation): 通貨の価値の落ち込み カレンシー・リスク(Currency Risk): 取引レートが不利な動きをした結果、被る損失のリスク

SimpleFX(シンプルFX)より、イーサリアム口座とモネロ口座、USDテザー口座の追加のお知らせ

海外FX業者 SimpleFXの口座開設時、口座通貨単位で仮想通貨 EthereumとMonero、USD Tetherが選べます

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が、口座通貨単位に仮想通貨 イーサリアムとモネロ、USDテザーを追加しました。 イーサリアム口座(ETH口座)とモネロ口座(XMR口座)、USDテザー口座(USDT口座)の開設は、口座開設時に「通貨」でそれぞれの通貨を選...

暗号資産

仮想通貨のこと 暗号資産とは、日本政府が法律の改正案における閣議決定時に定めた、ビットコイン (Bitcoin)などの仮想通貨を意味・定義する言葉です。 仮想通貨は、英語では暗号を意味するCryptoという単語を用いて、Crypto Currency (クリプトカレンシー)と表現されます。 そのため、仮想通貨が話題に上がったばかりの当時は、日本語でも暗号通貨とも呼ばれていました。

FIAT

FIATとは、法定通貨を意味します。 FIATは、Fiat Money (フィアット・マネー)やFiat Currency (フィアット・カレンシー)の略称、いずれも法定通貨を意味しています。 法定通貨とは、日本円や米ドルなど国や政府、公的機関が発行して法的に認められて...

FXOpen (FXオープン) クリプト口座、仮想通貨「EOS」の取り扱い開始のお知らせ

仮想通貨トレード専用 FXOpen Crypto (クリプト口座)がますます充実

FXOpen(FXオープン)のクリプト口座に仮想通貨「EOS (イオス)」関連の計4銘柄が追加されます。 クリプト口座は、仮想通貨の証拠金取引(仮想通貨FX)に特化した取引口座タイプです。FXOpen クリプト口座では、今回、新たに追加された14仮想通貨を含めて全43の仮想通貨銘柄を取引することができます。