公社債投資信託

国や地方公共団体、公社、公団、一般事業会社などが財源確保のために発行する 証券(債券)を公社債と言います。公社債投資信託とは、この公社 債と短期金融商品のみで運用し、株式を一切組み入れない投資 信託のことです。公社債投資信託にはMMF、中期国債ファンドなど短期公社債に投資するもののほか、長期債、外国債に投資するものもあります。また、税制上は公社債投資信託の分配金は「利子所得」、株式投資信託の配当金は「配当所得」となり、扱いが区別されます。

MMF

Money Management Fund(マネー・マネジメント・ファンド) の略。 内外の公社債などを中心に運用し、安定運用を行う出し入れ自由の「追加型公社債投資信託」です。 金利の自由化の中、スーパー定期などの自由金利預金の導入を図った銀行業界に対抗...

マル優

次に挙げる対象者であれば、元本350万円以下のファンドの収益分配金、債券の利金、定期預金等の利息が非課税になる制度です。 1)65歳以上の高齢者 2)遺族基礎年金受給者や寡婦年金受給者 3)身体障害者手帳の交付を受けている人等 マル優の対象と...