単位株制度

株式を取り引きできる最低単位数を定めた制度のこと。これは82年の商法改正で額面株式の券面額等が引き上げられたため、新設会社と既存の上場会社のバランスをとるために採用された経過措置です。1単位の株式数は券面額の合計が5万円に相当する数(額面50円の株式であれば1000株)。1単位当たりの純資産額が5万円を下回らない範囲であれば会社が任意に設定できます。

規模別株価指数

TOPIX(東証株価指数)を補完する指数の一つ。東京証券取引所の市場第1部上場銘柄を、上場株式数の多寡に応じて「大型株」「中型株」「小型株」と分類し、それぞれの株価指数を算出してあらわします。規模別分類は、上場会社ごとの定款で1単位の株式数が各々異なってくるので、単位株数換算後(上場株式数×1000株/1単位の株式数)の株式数で行われています。また、単位株制度非適用会社については、1株を1単位の株式数とみなして計算しています。