売出し

売出しとは、「既に発行された有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込みの勧誘のうち、均一の条件で、多数の者を相手方として行う場合として政令で定める場合に該当するものをいう。」(法2条4項)とされており、施行令1条の8において「均一の条件で、50名以上の者を相手方として、有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込みの勧誘を行う場合」と規定されています。

入札価格

店頭市場に次々と登場してくる新規公開株は事前に一般入札が行われ、その入札価格を基に売出し価格が決められます。その際、店頭市場での売買に先立って一定数量が一般投資家に売り出される価格です。つまり入札結果は投資判断の際の重要な判断材料となり...

届出目論見書

有価証券届出書を大蔵省に提出した有価証券の発行会社が、その有価証券の募集・売出しの際に作成し、投資家に提供する文書。その発行者の事業やその証券の内容が記載されています。発行者、売出人、引受人および証券会社は、募集または売出しによって証券を販売する相手(投資家)に事前に交付しなければなりません。有価証券届出書が大蔵省、証券取引所などで公衆縦覧されるのに対し、届出目論見書は投資家に直接交付される発行開示資料となります。