失業率

完全失業率とも言われ、労働人口(就業者と完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合のこと。総務省統計局が調査月の翌月末に発表している。

完全失業率

労働力人口に占める完全失業者の割合。 完全失業者とは、1)調査期間中に仕事をしなかった。2)仕事が見つかればすぐに就業できる。3)就業の意思があり、そのための準備をしていた。以上の3条件を満たす人を指し、求職活動をしなかった人や傷病などにより就業が困難な人は含まれない。全国世帯の中から無作為に選出された10万人の15歳以上に 対して毎月調査が行われる。

FXのファンダメンタルズ、トレーダーが知っておくべき重要経済指標 - AnzoCapital FX学習ガイド 初級編

FXのファンダメンタルとテクニカル、トレーダーが知っておくべき重要経済指標と分析の基本 - Anzo Capital FX学習ガイド 初級編

FX学習ガイド初級編では、FX取引の戦略の基礎となるファンダメンタル分析と重要な経済指標、テクニカル分析の基礎を学びます

AnzoCapital FX学習ガイド 初級編では、FX取引の戦略の基礎となるファンダメンタル分析と重要な経済指標、テクニカル分析の基礎を学びます。 ロウソク足やトレンドの種類、主要国・地域の重要経済指標をまとめて解説します。

NFP

アメリカの雇用統計指標の一つ NFPとは、日本語で、「米国非農業部門雇用者数」となります。 第一次産業の農業および自営業者を除いた、対象月に新しく雇用された就労者数を意味します。 また、1.2や-0.1などのポイントで発表されます。 NFP発...

リーマンショックから10年で世界は回復できたのか

「100年に1度」の金融危機から10年、世界はアメリカを筆頭に景気回復を遂げつつある

世界大恐慌以来の金融・経済危機となったリーマンショックを引き起こしたリーマン・ブラザーズの破綻は、2008年の9月15日のことだった。あれから10年が経過したが、世界はリーマンショックの傷から回復したのだろうか?

米経済と米ドルの「一人勝ち」が新興国にのしかかってくる

アメリカの経済は非常に好調で、最近では失業率が2000年のITバブル時以来となる3.8%まで下がった。 米経済が好調なので利上げペースが加速すると予想され、それによって米ドルの上昇も続いている。 しかしこのアメリカの「一人勝ち」状態が、新興国を厳しい状態に追い込んでいく可能性が考えられる。

リーディング・インディケーター

リーディング・インディケーターとは? リーディング・インディケーターとは、将来の経済活動を予測する為に用いられる経済指標を示します。 リーディング・インディケーター(Leading Indicator)は、リーディング・インジケーターとも表現します。...