新株引受権付社債

発行会社の新しい株式を一定の価格で取得できる権利を 新株引受権と言います。普通社債に新株引受権をつけたものを、新株引 受権付社債(ワラント債)と呼びます。社債部分と新株引受権を分離できる場合には、引受権のみが新株引受権(ワラント)として流通することになります。

名古屋証券取引所

1886年に創設された名古屋株式取引所を前身とし、1949年に 証券取引法に基づいて設立された取引所。国内株券は、市場第1部銘柄(約450銘柄)と市場第2部銘柄(約130銘柄)を扱い、名古屋証券取引所のみに上場されている単独上場銘柄は約120銘柄。この単独...

社債

企業など一般の法人が資金調達のために発行する債券のこと。社債には事業債( 普通社債)、転換社債、新株引受権付社債(ワラント債)などがあり、担保の有無によっ て担保附社債と、無担保社債に分類されます。事業債には電力会社が発行する電力債と 、その他の企業が発行する一般事業債があります。

株主資本配当率

前期と当期の株主資本の平均値に対する年間配当金の比率のこと。株主が直接払い込んだ資金や、本来株主に帰属する利益を再投資している内部留保の合算である株主資本という元手に対して、年間どれだけの配当金が株主に還元されたかを見る指標です。 計算式...