証券金融会社

証券会社が賃借取引を行う際、資金や株を貸す専門の金融機関のこと。証券取引法の規定により、内閣総理大臣の免許を受けています。現在、わが国には日本証券金融 、大阪証券金融、中部証券金融の3社があります。

貸借取引制度

信用取引において、証券会社が証券金融会社から融資や借株を受けて投資者に資金や株券を貸すことを認めた制度のこと。本来、信用取引では証券会社が自己保有する現金や有価証券を投資者に貸しますが、自社で調達が難しいときに貸借取引制度が適用されます。このような制度信用取引を補完する証券会社と証券金融会社の取引を貸借取引と言います。

貸借銘柄

貸借取引で資金や株券の貸付けを受けることのできる銘柄のこと。証券取引所と証券金融会社が定めた貸借銘柄選定基準を満たした銘柄に限られます。貸借銘柄は各決算期ごとに、毎月証券取引所が証券金融会社と協議して決定しています。

逆日歩

貸借取引上で、貸株残高が融資残高を超えて株不足となった場合、証券金融会社が入札形式で証券会社や生損保などの機関投資家から不足株数を調達しますが、その入札時に決定された料率のこと。逆日歩(品貸料)は、銘柄それぞれの調達の難易度によって異なり、制度信用取引を行っているすべての売り顧客は当該金額を支払わなければならず、すべての買い顧客にその逆日歩(品貸料)が分配されることになります。

貸株

信用取引上、証券会社が売方顧客に対して貸し付ける株のこと。通常、証券会社は証券金融会社からその売付け株式を借り入れ、顧客にその株式を貸し付けることが多くなります。この方法で必要な株券の全部が調達できなければ、不足する株券を金融機関など外...