TOPIX

Tokyo Stock Price Indexの略。東証株価指数のこと。東京証券取引所が毎日発表している株価指数。東証第1部の日々の時価総額(全上場株をある日の終値で評価したものの合計額)を基準日の時価総額で割って算出されます。1968年1月4日の時価総額を100として毎日の時価総額を連続性を持たせながら指数化したもので、発行株式に応じて加重平均しており、日経平均株価とならんで重要な指数の1つです。

TOPIXオプション取引

TOPIX(東証株価指数)を対象にしたオプション取引です。取引の対象は「TOPIXプット(買付)オプション」「TOPIXコール(売付)オプション」の2種類です。取引対象となるTOPIXは株価指数という抽象的な数値ですから、権利行使の際に有形の資産の授受がある訳ではありません。よって、この取引の決済はすべて差金の授受となります。 決済方法には 1)転売または買い戻し 2)権利行使 3)権利放棄 の3つの方法があります。

TOPIX先物取引

TOPIX(東証株価指数)を対象にした先物取引です。取引対象となるTOPIXは株価指数という抽象的な数値ですから、先物取引の期限になっても、有形の資産の授受がある訳ではありません。よって、この取引の決済はすべて差金の授受となります。決済方法には、取引最終日までに転売または買戻しによって決済する方法と、最終決済期日に決済する方法があります。最終決済は、特別精算指数(S.Q)によって行われます。

VIX指数

VIXとは? VIX指数とはVolatility Index(ボラティリティ・インデックス)の略です。 VIX指数(ヴィックス指数)と発音します。 VIX指数は、アメリカのシカゴオプション取引所(Chicago Board Options Exchange、CBOE)が発表しています。 VIX...

東証でシステム障害、株価は大幅下落

原因は大量の電文誤送信、大手証券でも売買受注を一時停止

東証で9日朝からシステム障害 東証で9日朝からシステム障害が起こり、一部の証券会社からの注文が約定できない状態が続いた。 また先週後半から続く株式市場の下げが止まらず、9日の市場は日経225平均が300円以上下げて終了した。 注文が約定でき...

Axiory(アキシオリー)株価指数CFD市場における配当の仕組みについて - 株価指数CFDの配当とは?

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)が株価指数CFDの配当調整をスタート。注文種類で受取り/支払いが発生する株価指数CFD特有の配当調整とは?

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)が、2018年7月9日から株価指数CFDの配当を導入しました。 Axioryで日経平均株価などの株価指数CFDを取引すると、株主への配当金支払いに合わせた調整金が発生します。 株価指数の配当は、買い注文なら受け取れて、売り注文なら支払いが発生します。

STD指標

対TOPIXの超過リターンの標準偏差のことです。過去100日間で買われた銘柄群と売られた銘柄群とのパフォーマンス差が拡大する場合、STDが上昇します。

AVG指標

対TOPIXの超過リターンの単純平均です。AVGが負の場合、過去100日間でSTEM600等の金額ポートフォリオが、時価総額型のTOPIXポートフォリオに対して売り込まれている状態を表します。

最終精算指数

株価指数先物取引において、取引最終日までに売買がなければ、最終決済が行われます。この最終決済の対象となるのが最終精算指数です。株価指数先物取引では、実 際の商品ではなく、TOPIXなどの数値が取引の対象になりますから、最終精算指数にもとづいて取引の差金が決済されることになります。最終精算指数は取引最終日の翌日のTOPIXなど各構成銘柄の始値に基づいて算出された特別精算指数が用いられます。ちなみにSQはスペシャル・クォーテーションの略です。

限月間スプレッド取引

ふたつの異なる市場の価格差を利用し、利益を得る取引のことを 裁定取引と言います。このうち、同一の先物商品で限月の異なる取 引間で行われる取引のことを限月スプレッド取引と言います。2つ の限月の間には価格差が生じますから、一方を売り、もう一方を買うことで差額を得ることができるのです。東京証券取引所では97年5月よりTOPIX先物取引において限月間スプレッド取引を行っているほか、99年からは国債先物取引にも限月間スプレッド取引が導入されました。

業種別株価指数

TOPIX(東証株価指数)を補完する指数の一つ。東証1部上場銘柄を、総務庁統計局の定める「日本標準産業分類」によって、建設、化学、電機機器などの33業種に分類し、それぞれの株価指数を算出したものです。