仮想通貨取引所 coincheck (コインチェック)がハッキングと見られる原因により出金停止 - iFOREXコラム

仮想通貨取引所大手のCoincheck (コインチェック、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田晃一良)で、2018年1月26日にハッキングと思われる仮想通貨 ネム(NEM、XEM)が大量に消失する被害が発生。この被害を受けてCoincheckは日本円と全ての仮想通貨の...

結局ハッキングを防げなかった日本の仮想通貨業界

1月のコインチェックから8か月、金融庁登録の仮想通貨業者でもハッキング事件は防げない

大手の仮想通貨取引所・Zaifが、ハッキングの被害に遭い多額の仮想通貨が流出していたと9月20日に発表された。 1月にはCoincheckで大規模な仮想通貨流出が起こり、その後日本の仮想通貨業界はセキュリティには万全を尽くしたはずだった。しかしそれでもハッキングを防ぐことはできなかった。

仮想通貨のハッキング事件は決してなくなることはない

仮想通貨のハッキングによる流出事件が日本の国内外で相次いでいる。今月になって10日頃に韓国の仮想通貨取引所「コインレイル (Coinrail)」でハッキング事件があった後、19日から20日かけて同じ韓国のBithumb (ビッサム)でまたハッキングによる流出があった。 このような事件は、仮想通貨が存在する限りなくなることはないのではないか。

来年以降の仮想通貨新規制案がまとまってきた - 仮想通貨交換業等に関する研究会による報告書の内容が明らかに

レバレッジ規制や仮想通貨から暗号資産へ呼称変更等、大幅な規制と変更が検討されている

金融庁は仮想通貨に関する研究会を開いており、そこで議論した内容を元に報告書をまとめる。そして報告書の内容に基づき、来年仮想通貨の新しい規制が制定されることになる。 今年になってこれまで何度も開催されてきた研究会の議論の結果、まとめられる報告書の全容がだんだんと明らかになってきた。

仮想通貨取引所に現金や国債などの保有義務化を検討へ

業界団体「日本仮想通貨交換業協会」自主規制ルールで預金や国債保有義務化へ

仮想通貨業界の団体である日本仮想通貨交換業協会が、会員企業に対してハッキングの被害に備えて現金や国債などの保有義務化を検討しているという情報が流れた。 相次ぐハッキングや不正流出をうけての案 これは仮想通貨取引所でハッキングによる不...

スイスで仮想通貨に対する保険サービスが登場

ハッキングや攻撃による被害に、初の個人向け仮想通貨保険サービス

スイスで個人投資家が仮想通貨にハッキングに遭った際に被害を補償してくれる保険が登場した。 スイスAspis SA提供、様々な被害を補償 この保険はスイスのAspis SA社が提供開始したもの。 利用者は保険料を払って加入し、加入すると利用者の保有...