STICPAY(スティックペイ)より、運営会社変更のお知らせ - 海外FXのトレーダーや利用者に影響はありません

オンラインウォレット STICPAY(スティックペイ)の運営会社が変更。トレーダーに影響なし。サービスの中断もなく、STICPAYを継続して利用できます

海外FXで使えるオンラインウォレット STICPAY(スティックペイ)の運営会社が、2020年7月1日から新しくなります。 STIC Financial LtdからCoopertoby Ltdに変更されます。 運営会社変更(運営法人変更)をしても、現在のSTICPAY利用者が特別に対応する作業はありません。

海外FX業者 XM(XMTrading)に、新しいグループ企業 Trading.comが誕生

イギリスのXMトレーダーは、Trading.comへ

海外FXで世界的に人気のあるXM(XMTrading)が、現在のイギリスのトレーダーを「Trading.com」へ移動する手続きを開始しました。 Trading.com(トレーディングドットコム)は、XMと同じ運営元が展開する海外FX業者です。 XMのグループ業者であるTrading.comは、アメリカでの活動も視野に入れた登録を進めています。

イギリスFCA登録下にある海外FX業者の補償額が拡大

海外FX業者の債務不履行時に、一人最大8.5万ポンドまで補償

イギリスの金融庁FCAラインセス取得済&FSCS登録済の海外FX業者による債務不履行時に、トレーダーへ支払われる補償額が上がりました。 FSCSへ申告し、事実が認められると、お一人様、最大85,000ポンド(日本円で約1,000万円)まで補償されるようになります。 (ただし、イギリスFCAライセンス取得済&FSCS登録済にある海外FX業者で口座開設したトレーダーのみ対象の補償です。)