FxPro (FXプロ)がESMAのレバレッジ制限等に対してCySEC、FCA、SCB口座で異なる対応・案内を実施予定

FxPro(FXプロ)では、先日ご案内した通り、ESMAの新しい規制を受けて一部の対象のお客様に対してレバレッジやボーナスなどの制限を含む取引条件の変更を行います。 FxProでは、ライセンスの違いで、CySEC口座(キプロス口座)、FCA口座(UK口座、イギリス口座)、SCB口座(バハマ口座)等があります。 FXProが登録されているこれらライセンスの違いとお客様の居住国などの違いで、ESMAの新規制に関した対応および案内する内容が異なりますので、十分ご注意ください。

IronFXの表記と飛び先、出金フロー改善について - イギリス口座のご案内

IronFXの表記と飛び先、出金フロー改善について - イギリス口座のご案内

2016年3月、「IronFX Global (CySEC / ironfx.com)」の掲載を終了し、残るページにつきましては「IronFX UK (英FCA / ironfx.co.uk)」へのリンクと紹介に置き換わります。 今後は、表記および飛び先の一本化によりレギュレーションで迷子になることなく口座開設が可能になります。また、併せて出金フローが英FCAの下、完全に自動化・改善されました。 IronFX掲載一本化の理由や現在起きていることについて説明いたします。

英FCAとキプロスCySECの違い - 金融監督機関でFX会社を選ぶ

イギリスFCAとキプロスCySECの認可の違い - 金融監督機関でFX会社を選ぶ

近年、イギリスFCA認可のFX会社や、FCA認可取得をゴールに資金管理水準を高めるFX会社が増えてきました。 FCA認可というものに、どういったメリットがあるのか、デメリットはあるのか、人気の2つの金融監督機関、キプロス CySECとイギリスFCAの違いからわかりやすく解説します。