MyFX Markets (マイFXマーケット)より、国内銀行送金サービス終了のお知らせ

2月23日以降、国内銀行口座を利用した入出金が出来ません

MyFX Markets (マイFXマーケット)の国内銀行口座を利用した入金、出金が出来なくなります。 国内銀行送金から、海外送金 (外国送金)が必須になります。 国外の銀行との送金で発生する仲介手数料 (リフティングチャージ)は、一時的にMyFX Marketsで補てんされます。

FBS 入金方法に新しく「STICPAY (スティックペイ)」が登場・対応開始

日本語対応・日本円入金可能なオンラインウォレット STICPAY

FBSが、日本円対応・日本語サービス対応のオンラインウォレット「STICPAY (スティックペイ)」に対応開始しました。 100円からの少額投資 & 最大3,000倍のハイレバレッジ & 損失補てん (借金なし、追証なし)のゼロカットの海外FXなら、FBSがおススメです。 さらに、FBSは、2018年12月から、iPhoneやロレックス、さらに高級車メルセデスベンツなど、豪華プレゼントのキャッシュバックキャンペーン「ロイヤルティプログラム」を始めました。

TradersTrust (トレーダーズトラスト)より、仮想通貨 ビットコイン入金方法の変更に関する案内

よりスムーズで、セキュアなBitcoin入金で、ハイレバレッジ500倍の海外FXを始めよう

TradersTrust (トレーダーズトラスト)は、日本円にして 約20万円以上のビットコイン入金の際に、2つの画面キャプチャを提出することで、より簡単でスムーズに処理が行われる入金方法へと変更をしました。

Axiory (アキシオリー)より、日本国内銀行送金での入金サービス停止・終了についてお知らせ

2019年からは、クレカ、ビットコイン、ビットウォレットで入金可能に

Axiory (アキシオリー)では、2018年末をもって国内銀行送金のサービスが終了します。 2019年からは、クレジットカード・デビットカード、仮想通貨 ビットコイン (Bitcoin)、オンライン・ウォレット bitwallet (ビットウォレット)での入金が可能です。

来年以降の仮想通貨新規制案がまとまってきた - 仮想通貨交換業等に関する研究会による報告書の内容が明らかに

レバレッジ規制や仮想通貨から暗号資産へ呼称変更等、大幅な規制と変更が検討されている

金融庁は仮想通貨に関する研究会を開いており、そこで議論した内容を元に報告書をまとめる。そして報告書の内容に基づき、来年仮想通貨の新しい規制が制定されることになる。 今年になってこれまで何度も開催されてきた研究会の議論の結果、まとめられる報告書の全容がだんだんと明らかになってきた。