結局ハッキングを防げなかった日本の仮想通貨業界

1月のコインチェックから8か月、金融庁登録の仮想通貨業者でもハッキング事件は防げない

大手の仮想通貨取引所・Zaifが、ハッキングの被害に遭い多額の仮想通貨が流出していたと9月20日に発表された。 1月にはCoincheckで大規模な仮想通貨流出が起こり、その後日本の仮想通貨業界はセキュリティには万全を尽くしたはずだった。しかしそれでもハッキングを防ぐことはできなかった。

仮想通貨取引所のZaifがハッキングで67億円被害

ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが不正流出。Zaifは仮想通貨の入出金を停止

仮想通貨取引所のZaifが、先週の9月14日金曜に外部からのハッキングを受け、ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの合計約67億円が流出していたことを9月20日に発表しました。

Wisebitcoin (ワイズビットコイン)より、週末も取引可能な商品リリースのお知らせ

定期メンテを除き、週末も取引可能なBTC/JPYなど全15銘柄の提供を開始

仮想通貨取引所のWisebitcoin(ワイズビットコイン)が、週末も取引が可能な仮想通貨取引ペア 全9銘柄を新たに追加します。 ビットコインおよびリップル、イーサリアム、ライトコイン、ビットコイン・キャッシュ、それぞれ日本円、米ドル、ユーロとの全15銘柄です。

MyFX Markets (マイFXマーケット)より、仮想通貨FXのサービス開始のお知らせ

ビットコインやリップルなどが最大レバレッジ5倍で証拠金取引可能に

MyFX Markets(マイFXマーケット)は、ビットコインなどの仮想通貨をFXのように、レバレッジを利かせて少ない投資額で、証拠金取引ができる「仮想通貨FX」のサービスを開始します。 最大レバレッジ5倍で、ビットコイン・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップルが、24時間365日取引可能です。

語られなくなった仮想通貨の「ハードフォーク」

仮想通貨が下火になると「ハードフォーク」を語ることがなくなってしまった

去年後半は仮想通貨が世界的大ブームになった。そして大ブームの中でマスコミに時々登場してきた言葉に、仮想通貨の「ハードフォーク」というものがある。 しかし最近ではハードフォークという言葉もめっきりマスコミにも出てこなくなってしまった。

STICPAY (スティックペイ)よりBitcoin入金対応のお知らせ

STICPAYが仮想通貨「ビットコイン」による入金・預け入れに対応

STICPAY (スティックペイ)より、仮想通貨ビットコイン入金対応のお知らせです。 現在、ビットコイン入金対応を記念したプロモーションを実施しており、ビットコインのご入金は入金手数料無料でSTICPAYへ入金することができます。

Tradeview (トレードビュー)より、cTraderで最大レバレッジ10倍の仮想通貨CFD取引スタートのご案内

cTraderの仮想通貨CFDは、レバレッジ10倍・スワップフリー

Tradeview(トレードビュー)では、cTraderで、仮想通貨の証拠金取引(CFD)が出来ます。 仮想通貨の銘柄は、ビットコインなど主要仮想通貨5銘柄で、最大レバレッジ10倍で取引可能です。