なぜ、取引ソフト「cTrader」を採用する海外FX会社が増えないのか、ご存知ですか?

人気のメタトレーダー (MT4/MT5)とCトレーダーの違いを解説

多くの海外FX会社が、取引ソフトとしてメタトレーダー(MT4およびMT5)を基本として、他の取引ソフトを提供しています。ここでは、最近導入が進んでいる cTrader(Cトレーダー)とメタトレーダーについて比較します。トレーダー目線での使用感だけではなく、海外FX会社からの目線で、そもそもの導入が加速しない理由などを分かりやすく解説します。

MT4/MT5の公式オンラインストア MetaTraderマーケットで14,000以上の自動売買ロボット等を取扱開始

全製品の4分の1 (約3,800)は無料ダウンロード可能なアプリ

MT4およびMT5を利用中のトレーダーの方は、今後、取引ソフト(取引プラットフォーム)の開発元であるMetaQuotesの公式オンラインストア「MetaTraderマーケット」でEAなどのアプリケーションを購入することが出来るようになります。

Tradeview (トレードビュー)の取引口座毎の特徴をわかりやすく解説

MT4、MT5、cTraderの全てを網羅する海外FX会社

MT4、MT5、cTraderが選択できるTradeview(トレード・ビュー)には、合計6つの口座種類があります。最大レバレッジほか、取引手数料、最小取引ロット、最低入金額などの口座毎の特徴・メリットを、一覧表でわかりやすくまとめています。