Anzo Capital(アンゾーキャピタル)より豪ASICライセンス取得のお知らせ

Anzo Capitalが新たにオーストラリアの許認可を取得

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)より、豪ASICライセンス取得のお知らせです。 従来のベリーズIFSCとあわせ、信頼や安心と柔軟さを両立する海外FX会社を目指します。 また、JPチームも再編を行い、日本語サポートの強化を進めています。

海外FX初心者に人気が再燃しているAxioryは、結局大丈夫なの? 今、入金しても大丈夫?

Axioryが選ばれる理由を、ライセンス、新時代の新しいサービスの面から徹底解説!

Axiory (アキシオリー)が、再び盛り返してきました。 bitwallet騒動で、一時ほぼ全てのトレーダーが資金引き上げをしましたが、今では、既存トレーダーだけが戻ってきただけでなく、新規トレーダーの確保まで出来ているほどAxioryは人気があります。 Axioryのライセンス評価アップの最新ニュースや、新時代のサービスの具体的な内容から、Axioryの評判・魅力を分かりやすく解説します。

Axiory (アキシオリー)より、IFSCライセンスのグレードアップのお知らせ

AxioryのIFSCのグレードがBグループから、Aグループにアップグレードしました。

Axiory (アキシオリー)は、保有ライセンスのアップグレードをお知らせしています。 2019年にIFSC (International Financial Services Commission)のグレードが、Bグループから、Aグループへとアップしました。 IFSCのAグループへのグレードアップに...

TICKMILL (ティックミル)より、お住まいの国や地域に応じたウェブサイト/ライセンスの選択についてお知らせ

EU圏外のお客様は、セーシェル口座 (Tickmill Ltd, FSA SC規制)を選択

TICKMILLのオフィシャルホームページにて、ESMAによる制限を受ける「イギリス口座 (Tickmill UK Ltd, FCA英国規制)」のウェブサイトへのあんないポップアップが表示される場合があります。 EUを含むヨーロッパ圏外にお住まいのお客様は、ウィンドウ右上の閉じるボタン (×)をクリックするか、ウィンドウ枠外を一度クリックして下さい。

Traders Trust (トレーダーズトラスト)より、TTCMバミューダ移管についてお知らせ

バヌアツ (VFSC)から、バミューダのTTCM BMへビジネス移管

Traders Trust (トレーダーズ・トラスト)では、同じグループ内で運営会社間のビジネス移管を行います。 ライセンスやレギュレーションなどの面を考慮し、提供可能なサービスにおいて柔軟性を持たせる為に、バヌアツのTTCM CAPITAL MARKETS LTD (TTCM VU)から、バミューダのTTCM TRADERS CAPITAL LIMITED (TTCM BM)へ移管されます。 お客様トレーダー側で必要な作業は、一切ありません。

多くの海外FX会社で、ライセンス毎にWebサイトが異なりますのでご注意ください

同一FX会社でも日本語サポートの有無など、サービスが異なる

海外FX会社のWebサイトで、日本語への切り替えが出来ない、いつもとサービス内容が異なるなどの違いで、戸惑った経験はありませんか? 海外FX会社特有のライセンスおよびレギュレーションの理由から、同一ブランドで異なるWebサイトを展開しているケースがあります。 特に、XMおよびFBS、IronFXをご利用の際はご注意ください。

TICKMILL (ティックミル)の「UK口座」「EU口座」「SC口座」の違いについて - ESMAの影響有無を確認

日本を含むアジア圏は、セイシェルFSA口座を選択

グローバルなサービス展開を行うTICKMILL(ティックミル)は、世界各国でライセンスを取得しています。特に、ヨーロッパ圏外にお住まいのお客様は、地域に応じて「UK(イギリス)口座」・「EU(ヨーロッパ)口座」・「SC(セーシェル)口座」から選択することが出来ます。お客様の希望にあった取引条件を把握した上で、いずれかの取引口座を選択して下さい。