海外FX会社で出来る、ビットコインやリップルの「仮想通貨FX」とは?

FXのように現物を購入しないで、仮想通貨も価格差で取引できる?

仮想通貨FXやビットコインFXとは、どの様な取引がご存知ですか? ビットコインやイーサリアムなど、全4種の仮想通貨が取引できるAnzo Capital (アンゾーキャピタル)を実例に、実際に仮想通貨を購入・保有しないで、FXのように価格が下がっても利益を得られる「空売り」や、投資資金以上の損失を被らない「ゼロカット」という海外FX会社だから提供できる仮想通貨FXの魅力を徹底解説します。

仮想通貨証拠金取引のレバレッジ上限を2倍との提案

金融庁、仮想通貨取引に対し店頭FXより重い上限規制「証拠金倍率」2~4倍程度で大筋合意

仮想通貨証拠金取引のレバレッジ上限規制 金融庁で仮想通貨取引に関する研究会が19日に行なわれ、その場で仮想通貨証拠金取引のレバレッジは上限2倍に規制するべきとの意見も出た。 上限4倍の自主規制ルール案が提示 この研究会は今後の仮想通貨...

MyFX Markets (マイFXマーケット)より、仮想通貨FXのサービス開始のお知らせ

ビットコインやリップルなどが最大レバレッジ5倍で証拠金取引可能に

MyFX Markets(マイFXマーケット)は、ビットコインなどの仮想通貨をFXのように、レバレッジを利かせて少ない投資額で、証拠金取引ができる「仮想通貨FX」のサービスを開始します。 最大レバレッジ5倍で、ビットコイン・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップルが、24時間365日取引可能です。

Tradeview (トレードビュー)より、cTraderで最大レバレッジ10倍の仮想通貨CFD取引スタートのご案内

cTraderの仮想通貨CFDは、レバレッジ10倍・スワップフリー

Tradeview(トレードビュー)では、cTraderで、仮想通貨の証拠金取引(CFD)が出来ます。 仮想通貨の銘柄は、ビットコインなど主要仮想通貨5銘柄で、最大レバレッジ10倍で取引可能です。

仮想通貨の証拠金倍率を4倍以内とするルール策定か - 最大25倍程度から4倍以内、自主ルールで推奨

仮想通貨証拠金取引のレバレッジは最大4倍に 自己資金以上の取引ができる証拠金取引は仮想通貨にも広がっているが、仮想通貨の証拠金取引において証拠金倍率の上限を4倍とする業界内ルールを策定する動きが進んでいることがわかった。 証拠金取引と...

大きく変わった仮想通貨業界、大手はやっていけるか

今年になって日本の仮想通貨業界が大きく変わった。 仮想通貨があまり注目されていなかった去年以前は、仮想通貨取引所はベンチャーの中小企業による運営が多かった。 しかし仮想通貨が世界的ブームになったことから、去年末から今年にかけて大手企業が多く参入してきている。

SBI傘下の仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」が業務を開始 - 先行予約者限定、XRPのみでスタート

ネット証券大手のSBIホールディングス傘下にある仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」が、2018年6月4日から取引を開始した。 現在、取り扱いしている仮想通貨はリップルのみで、先行申込みに参加したユーザーのみを対象に限定的なサービス提供が始まっている。

Traders Trust 仮想通貨取扱開始のお知らせ - 待望の仮想通貨FX!ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムをMT4で取引しよう

トレーダーズ・トラストで、ハイレバレッジの仮想通貨FX

Traders Trust (トレーダーズ・トラスト)より、仮想通貨取扱開始のお知らせです。 Traders Trustに、待望の仮想通貨FXが登場しました! 24時間365日、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムをMT4で取引しよう!